エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「一刻を争う」 国際保健の例外的な旅路

<<   作成日時 : 2012/06/17 10:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の前事務局長、ピーター・ピオット氏が18日に新著の発表を行うということで、UNAIDSの公式サイトにFeature Storyが掲載されています。その日本語仮訳です。本のタイトル“No Time to Lose”はとりあえず「一刻を争う」としましたが、いまひとつしっくりきません。いい訳があればお教えください。



「一刻を争う」 国際保健の例外的な旅路
2012 年 6 月 14 日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2012/june/20120614piotbook/

 致死性の高いウイルスを追跡し、制圧するtあめの闘いに生涯をかけてきたロンドン大学衛生熱帯医学大学院のピーター・ピオット学長の新著「一刻を争う」が高い評価を受けることになるだろう。

 著者のピオット博士は、国連合同エイズ計画(UNAIDS) の前事務局長であり、エボラウイルスの共同発見者、エイズ対策の先駆者としても知られている。

 「真の発見はまれにしかない世界で、ピーターの業績は顕著という以上のものだ」と UNAIDSのミシェル・シデベ事務局長はいう。「自らの足跡をたどることによって、ピオット氏は私たちを冒険スリラーであり、政治入門書でもある世界へと私たちを導いていく」

 ピオット博士が若い頃、感染症分野の研究に入ることを思いとどまらせるような理由はたくさんあった。しかし、彼を指導した人々はしばしば風変わりで独立心が強く、好奇心を養い、解決を急ぐよりも疑問を持つことを重視し、そのことが若い医師には役に立ったようだ。

 まだ30歳にもならない頃に遭遇し、人生を大きく変えた出来事を彼はいまも鮮明に覚えている。「アフリカにおけるエボラ出血熱の最初の流行を解明することが私の最初の医学的発見だったし、生命をかけた冒険でもあった。これをきっかけに、現在は国際保健と呼ばれている分野に入ることになった。そして、エイズの流行によって保健分野の極めて複雑な課題に直面し、さまざまな政治的現実を学ぶことにもなった」

 彼の最初の国際的な任務はザイール(現コンゴ民主共和国)でエボラ出血熱のアウトブレークを調査することだった。ピオット博士はコミュニティの知恵や地元に伝わる知識、行動面での特性いったものと医科学とを組み合わせるという当時はまだ、前代未聞とされていた方法で解決策を見出そうとして有名になった。

 「1960、70年代の医学界を支配していた考え方とは対照的に、エボラ出血熱の流行は一連の新興感染症の流行が終わることなく続いていくことを劇的なかたちで世界に示した」とピオット博士は書く。それは同時代の最も大きな課題の一つとなるエイズの流行への関与を予感させるものでもあった。

 UNAIDSの初代事務局長として、彼は世界中を駆け回り、エイズの流行と取り組むよう世界の指導者を説得し、各国を支援するために国連システムをまとめようとした。自分は公衆衛生の専門家なのだが、急速に政治家の役割を担うことも求められるようになったとピオット博士はしばしば語っている。本の中でピオット博士は、開発と国際保健の大きな舞台で政治がいかに影響をおよぼしてきたのかについて詳述している。

 エボラ出血熱の発見につながった医科学者としての資質は、粘り強く有能な指導者としても発揮された。彼はおそれることなく、資金拠出者や各国指導者に対し、「正しいことをするように」と働きかけてきた。

 「ピーターは常に人間を第一に考えてきたからこそ、成功してきた。資金が少ないときはもちろんそうだし、エイズ対策に必要な資金が数百万ドルでなく、数十億ドルに変わってもこの点は依然、変わらない」とシデベ事務局長は語る。「彼は教師であると同時に友人であり、その業績を通じて、私たちすべてが学び、恩恵を受けている」

 ピオット博士には後悔もつきまとっていた。本のエピローグで彼は、UNAIDSを去る日のことを取り上げ、「実はもっと速く実行できたのではないかという疑問に常にとらわれていた」と書いている。

 ピオット博士は常にユーモアのセンスと人生への感謝を忘れない。キューバでフィデル・カストロとモヒートについて考えたことにせよ、東京の居酒屋ダイゴに敬意を払うにせよ、次の著書で彼は、大好きな食事とお酒について書くことになるだろう。

 「一刻を争う」は2012年6月18日(月)、ニューヨークの外交問題評議会で発表される予定である。



“No Time to Lose” an exceptional journey through global health
14 June 2012

The new book No Time to Lose by Peter Piot, the Director of the London School of Hygiene & Tropical Medicine, is garnering praise as a candid and passionate account of a lifetime pursuing and outsmarting deadly viruses.

Author Dr Piot, the former Executive Director of UNAIDS was a co-discoverer of the Ebola virus and a pioneer of the AIDS response.

“In a world where true discovery is rare, Peter’s experiences are beyond remarkable,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “And it is from this special vantage point that he takes us on a personal journey—that is equal part adventure thriller and political primer.”

Early in Dr Piot’s career, many tried to dissuade him from entering the field of infectious diseases. The people who did mentor him were often quirky and highly independent—and they set a tone of nurturing curiosity, questioning and not settling—that would serve the young doctor well.

Not yet 30, he vividly recalls a game-changing event in his life, “The unravelling of the first known epidemic of Ebola haemorrhagic fever in Africa was my initiation into scientific discovery, even life-threatening adventure, and into the world of what is now called global health. The AIDS epidemic forced me to confront the extreme complexity of health and disease and to learn the hard way the realities of big and small politics.”

His first international assignment took him to Zaire (now Democratic Republic of Congo) to investigate the deadly outbreak. Dr Piot became known for combining community wisdom, local knowledge and behavioural aspects with bio-medical science to find health solutions—an unheard of combination at that time.

“Ebola showed dramatically that, in contrast to prevailing medical opinion in the 1960’s and ‘70s, the world would experience a seemingly never-ending series of new infectious disease epidemics,” writes Dr Piot—a premonition that would lead him to take on one of the greatest issues of our time—the AIDS epidemic.

As the first Executive Director of UNAIDS he criss-crossed the world convincing global leaders to take on the AIDS epidemic while also working to bring the United Nations system together to support countries. Dr Piot has often said that while he was firmly established as a public health expert, he had to quickly grow into the role of politician. The book recounts how politics were played in the high stakes arena of development and global health.

The scientific nature that allowed him to make discoveries like Ebola also made him a tenacious and effective leader. He was fearless and pushed donors and national leaders to “do the right thing”.

“Peter has been successful because he has always put people first. This was true when there were precious few resources and true when the millions of dollars for the AIDS response turned to billions,” said Mr Sidibé. “He has been both mentor and friend and through his achievements, all of us have learned and benefited.”

His accomplishments have not come without regrets. Dr Piot writes in the epilogue about his last day at UNAIDS, that he was still “haunted by the question of what I could have done earlier and faster.”

Throughout his career Dr Piot has kept his sense of humour and appreciation for life intact. Whether it’s musing about mojitos with Fidel Castro in Cuba or paying his respects to Diago—a sake bar in Tokyo—his love of good food and wine and is apparent and will surely deliver a second book.

No Time to Lose will be launched in New York City at the Council on Foreign Relations on Monday, 18 June 2012.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「一刻を争う」 国際保健の例外的な旅路 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる