エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「信じよう、実行しよう」キャンペーン UNAIDS

<<   作成日時 : 2012/05/09 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の新しいキャンペーンのプレスレリースです。いまUNAIDSのサイトを開くと、ヘタウマっぽい水彩(だと思う)で女性と子供、それにふにゃふにゃのレッドリボンの絵が真っ先に出ています。しゃれていますね。そうとう力が入っているようでもあります。昨年の国連総会エイズ対策ハイレベル会合の政治宣言で各国が約束した目標の一つ「母子感染を2015年までにゼロにしよう」に焦点をあてたキャンペーンです。政治の指導者が大会議で約束しても、それだけで目標が実現できるわけではありません。あなたがた一人一人のサポートが必要ですよという、まあ、いってみれば当たり前のことを呼びかけているわけですが、これを大仕掛けのキャンペーン仕立てにすることが大事なんでしょうね、きっと。イラストを担当しているスージーン・リムさんはNYで活躍する著名なファッション・イラストレーターで、バーニーズやティファニーなどの広告も手がけているそうです。

 2015年までに子供の新規HIV感染をなくすことを目指す「信じよう、実行しよう」行動キャンペーンをUNAIDSが開始
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2012/may/20120508prmothersdayeverydaycampaign/


【ジュネーブ 2012年5月8日】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は本日、子供の新規HIV感染を2015年までになくし、HIV陽性の母親が健康を維持できるようにするという目標への関心を高め、行動を呼びかける新キャンペーン「信じよう、実行しよう」を開始した。

世界では毎年、約39万人の子供が新たにHIVに感染して生まれ、HIV陽性の女性4万2000人がHIVと妊娠に関連した原因で死亡している。

2011年の国連総会エイズ対策ハイレベル会合では、世界の指導者が、2015年までに子供のHIV新規感染をなくし、母親の生命を救うことを約束した。新たに採択された大胆な地球規模計画が現在、進められているところである。

「世界を変えることができる素晴らしい機会です」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語る。「世界の指導者が約束したとはいえ、時間は刻々と迫っています。皆さんの協力がなければ、39万人をゼロにすることはできません」

UNAIDS親善大使のナオミ・ワッツさんとアニー・レノックスさんも「信じよう、実行しよう」の賛同者になっている。また、ユニセフ親善大使のウーピー・ゴールドバーグさんも、ブレア・アンダーウッドさん、デニス・オヘアさん、アレクサンドラ・ウェントワースさん、ジョージ・ステファノポロスさん、 スージーン・リムさんらとともにキャンペーン声明にメッセージを寄せ、「世界中のどこでも、子供たちがHIVに感染せずに生まれてくることができるようになる。それを信じて、実行しよう」と呼びかけている。

「毎日が母の日!」との前提のもとに、UNAIDSはアーティストのスージーン・リムさんと協力して家族を祝福するeカード・シリーズも作成した。公共サービスに関する声明や双方向のウエブサイト、ソーシャルメディアを通じて、キャンペーンは多数の人が以下の3つの行動をとることを求めている。

1 子供の新規HIV感染をなくすことに関する事実を知る
2 この問題についてメッセージを送り、可能な行動を取る
3 家族に関して活動する機関を通じて母親を支援する

母の日を前にして、米国では5月11日朝のテレビのモーニングショー「グッドモーニング・アメリカ」でキャンペーンが紹介される。また、CNNの国際放送および米国内版などのTVで30秒の公共CMが流されることになっている。
詳細は http://www.unaids.org/believeitdoit/ で。





UNAIDS launches "Believe it. Do it." action campaign to help end new HIV infections among children by 2015

GENEVA, 8 May 2012—The Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) today launched a new campaign, "Believe it. Do it.", aimed at bringing attention and action to the global goal of ending new HIV infections among children by 2015 and ensuring mothers living with HIV remain healthy.

Each year, about 390 000 children become newly infected with HIV and as many as 42 000 women living with HIV die from complications relating to HIV and pregnancy.

In 2011, world leaders at the United Nations High Level Meeting on AIDS committed to ending new HIV infections among children by 2015 and saving mothers’ lives. A bold new global plan was adopted and action is underway.

“We have an amazing opportunity to change the world,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “We have the commitment of world leaders but the clock is ticking and we cannot get from 390 000 to zero without you.”

UNAIDS Goodwill Ambassadors Naomi Watts and Annie Lennox are among the personalities adding their voices and commitment to “Believe it. Do it.” In addition, UNICEF Goodwill Ambassador Whoopi Goldberg joined Blair Underwood, Denis O’Hare, Alexandra Wentworth, George Stephanopoulos and Sujean Rim to create a public service announcement for the campaign with the message “I believe children everywhere can be born free from HIV—Believe it. Do it.”

Under the premise that ‘every day is Mother’s Day!’ UNAIDS also teamed up with artist Sujean Rim to create a series of e-cards celebrating families. Through public service announcements, an interactive web site and social media outreach, the campaign asks the public to take three simple actions:

1 Get the facts about ending new HIV infections among children
2 Send a message about the issue and the actions people can all take
3 Support a mother through one of the great organizations working with families

The campaign will be featured ahead of Mother’s Day on 11 May on the American morning television show Good Morning America and the 30-second public service announcement will appear on CNN International, CNN Domestic (U.S. market) as well as other media outlets.
For more information visit  http://www.unaids.org/believeitdoit/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「信じよう、実行しよう」キャンペーン UNAIDS  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる