エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ACT UP25周年 エイズ活動の四半世紀』

<<   作成日時 : 2012/04/26 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) ニューヨークでACT UPが発足して今年で25周年になります。UNAIDSもフィーチャーストーリーでこのことを取り上げています。その日本語仮訳です。設立者である劇作家ラリー・クレーマー氏のコメントが紹介されているほか、ACT UP草創期からのメンバーであるエリク・ソイヤー氏は4月25日にウォールストリートの路上で直接行動を行うことを予告しています。


ACT UP25周年 エイズ活動の四半世紀
2012年4月23日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2012/april/20120423actup/

名前よりも前に、声があった。治療法が開発される前に、活動は開始されていた。エイズ活動は、世界の保健アプローチに変革をもたらしてきた。エイズの流行の 30 年の歴史の中で、エイズ活動家たちは、何百万もの人々のより良い健康と公正、社会正義のための想像力を刺激し、行動を引き起こしてきた。

エイズ活動はACT UP(the AIDS Coalition to Unleash Power)のようなグループとともに始まった。25年前の4月、ラリー・クレーマーがニューヨークで渾身の演説を行い、多くの人々の心を奮い立たせた。その人々がエイズの流行を克服する動きを巻き起こすために政治的に活動する最初のグループとなった。

「私はコミュニティ センターで演説をすることを事前に知らせていた。おそろしくたくさんの人が集まり、うれしかったね」とクレーマー氏は2005年のインタビューで語っている。「それは驚くべきことだった。本当に驚きました」

「ラリーは一つになろうと私たちに呼びかけ、ニューヨークのような町でいま、エイズが若い男女の最大の死亡原因になっているというのに、政府も社会も何もしようとしないことに対し、街頭で警鐘をならすのを手伝ってほしいと求めた」とUNAIDSの市民社会パートナーシップ・アドバイザーであるエリック・ソイヤーは語る。「私たちは新しい道を開いた。それまで保健課題について、社会正義を求める運動を組織する者は誰もいなかったし、保健分野でシビルライツ運動を反映した市民的不服従を組織する者もいなかった。私たち興奮し、同時に怖くもあった。社会的、法的に守られていなかったし、社会的な不安の感情と差別のために、仕事を首になり、住居から追われ、暴力を受けたりもしていた」

ACT UPは公共的で対決型の行動で知られていた。「お酢よりも、蜂蜜の方がたくさんのものを得られるわけではない」とクレーマー氏はエイズの時代というドキュメンタリーで語っている。「怒るに足るものに対しては、なぜ怒っているのか、はっきりと言うだろう」

また、エイズの流行にまつわる「沈黙の陰謀」を打破することを助けた沈黙=死キャンペーンのような強いメッセージとグラフィックスを使用したことも画期的だった。

エイズアクティヴィズムの25周年にあたり、ソイヤー氏は効果的なHIV治療の出現に多くの人が満足しているように見えると考える。「エイズの流行はコントロール下に置かれているという誤解がある」と彼はいう。「HIV陽性者を取り巻く状況は大きく改善したとはいえ、この1年でなお、200万近い人がエイズで死亡している。エイズアクティヴィズムはいま、これまで以上に必要とされている!」

ACT UPは2012年4月25日、25周年を記念してニューヨークの路上でかつてのスタイルの行進を行う。ソイヤー氏はACT UPとOccupy Wall Streetが、エイズ対策など保健分野の対策のための持続可能な革新的資金確保策としての金融取引税を求めて再度、路上を占拠すると説明する。

現在の世界のHIV陽性者3400万人のうち、低中所得国では約660万人がHIV治療を受けているが、約800万人はいまなお治療が必要なのにHIV治療へのアクセスを得られないでいる。






ACT UP turns 25—marking a quarter century of AIDS activism
23 April 2012

Before there was a name for it, there was a voice. Before there was treatment, there was a movement. AIDS activism has revolutionized the way the world approaches health. In the epidemic’s 30-year history—AIDS activists have sparked the imagination and actions of millions fighting for better health, equity and social justice.

AIDS activism had its start with groups like ACT UP—the AIDS Coalition to Unleash Power. Twenty-five years ago this month, Larry Kramer was speaking from his heart in New York and galvanizing what would become the first group to use political advocacy to change the course of the AIDS epidemic.

“I spread the word that I was going to make a speech at the community centre, and an awful lot of people showed up, I'm happy to say,” said Mr Kramer in an interview in 2005. “It was amazing; it was totally amazing.”

“Larry called us together and asked us to help him take to the streets to sound the alarm that AIDS had become the largest killer of young men and women in cities like New York and the government and society was doing nothing,” said UNAIDS Civil Society Partnership Advisor Eric Sawyer. “We were charting a new path—no one had ever organized a social justice activist movement around a health issue, let alone organizing a civil disobedience on health to mirror the civil rights movement. We were both excited and a bit scared as we had no social or legal protections and were being fired from jobs, evicted from our homes and even physically attacked due to societal fear and discrimination."

One of the things ACT UP was known for was its public and confrontational style. “You do not get more with honey than you do with vinegar; you just do not,” said Mr Kramer in the documentary Age of AIDS. “If it makes them angry enough, maybe they'll say why are they angry.”

Also ground-breaking was the use of strong messages and graphics such as the Silence=Death campaign which helped break the “conspiracy of silence” around the AIDS epidemic.

Now 25 years into AIDS activism Mr Sawyer thinks the advent of effective HIV treatment has made many people complacent. “There is a false belief that the AIDS epidemic is under control,” he said. “While circumstances for people living with HIV are much improved—nearly 2 million people will still die of AIDS this year and AIDS activism is needed now more than ever!”

ACT UP will mark its anniversary with an old-style march through the streets of New York on 25 April 2012. Mr Sawyer explains that ACT UP and Occupy Wall Street will take to the streets again to demand a financial transaction tax as a way of gaining innovative sustainable financing for global health initiatives such as the AIDS response.

Today, out of the 34 million people living with HIV worldwide, about 6.6 million people in low- and –middle income countries have access to HIV treatment with nearly 8 million additional people still in need.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ACT UP25周年 エイズ活動の四半世紀』 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる