エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『財政分野でエイズの流行の長期的影響を緩和するにはアフリカにおけるHIV感染予防対策の強化が不可欠』

<<   作成日時 : 2012/04/19 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のサイトに4月17日付けで掲載されたフィーチャーストーリーの日本語仮訳。世界銀行の報告書《The Fiscal Dimension of HIV/AIDS in Botswana, South Africa, Swaziland, and Uganda》に関する紹介です。世銀サイトには3月14日付でワシントン発のプレスレリースが掲載されています。http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/NEWS/0,,contentMDK:23141651~menuPK:34463~pagePK:34370~piPK:34424~theSitePK:4607,00.html

 報告書は将来のHIV治療コストの負担は南部アフリカ諸国とウガンダで最も重くなると分析し、いまHIV予防に力を入れなければ、その負担に耐えきれなくなるとして治療と予防を組み合わせた戦略的投資の必要性を強調しているようです。


   ◇

世界銀行:財政分野でエイズの流行の長期的影響を緩和するにはアフリカにおけるHIV感染予防対策の強化が不可欠                   2012 年 4 月 17 日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2012/april/20120417wbfiscalcost/

アフリカにおけるHIV感染の劇的な減少がなければ、各国の現行エイズ治療プログラムは将来、持続困難になるであろう。世界銀行の新たな報告書はこう警告している。アフリカ諸国政府、および開発パートナー、資金拠出者が、エイズの流行を本気で止めようとするのなら、HIV感染予防対策を積極的に強化することがいま、求められている。

「ボツワナ、南アフリカ、スワジランド、ウガンダにおけるHIV/エイズ対策の財政分析」は世界のエイズ対策が大きな成果をあげていることを示している。現在では600万人(このうち約510万人がアフリカ)が抗レトロウイルス治療を受けており、世界のエイズ対策支出は1996年には3億ドル以下だったのが、2009年には約160億ドルと大幅に増加している。しかし、報告書は同時に、HIV治療の費用が大幅に増加し、すでに苦しい財政状況に重大な影響を及ぼしており、緊急に対応する必要があるとの注意喚起を促している。

報告書の共著者であるエリザベス・ルレによると、「現在の治療、ケア、支援需要に対応しつつ、HIVの新規感染を防ぐための戦略的な投資を行うことが各国の対策を助けることになる。それ以外にはこの財政負担に対応することはできない」という。

こうした戦略的な投資は、現在のような世界経済が不安定な時代には重要である。HIV新規感染の抑制と財政計画の改善により、各国は効果的なエイズ対策を実施するのに必要な財政負担を大きく引き下げられる可能性がある。

HIV陽性率が約25%のボツワナでは、新規感染が減少すれば、エイズの財政コストは2016年前後に国内総生産 (GDP)の約3.5%でピークに達し、2030年までに3.3%に減少していくと報告書は予想している。ただし、GDPに対する鉱山収入の減少により、エイズの流行のコストは2021年には政府収入の12%以上の減少をもたらす可能性があり、財政上の大きな課題となっている。

南アフリカでは、エイズの流行は国家財政と社会、保健政策の達成に重大な影響をもたらしてきた。財政面における南アフリカのHIVの課題は、社会支出への影響が大きいことだ。

「HIV予防プログラムの規模を拡大することで、南アフリカは1感染あたり (2500ドル)の支出を防ぐことになる」と世界銀行のボツワナ、南アフリカ、スワジランド地区国別調整官、ルース・カギアは語る。「流行の拡大要因に関するデータの収集に投資を行うことが、各国のエイズ対策の効果を高め、保健と社会生活面におけるより良い成果を達成する鍵になる」

スワジランドでは、政府収入の減少とマクロ経済の悪化の中で、HIVの財政に対する影響はより深刻だ。スワジランドはHIV陽性率が推定26%と世界で最も高い国であり、この数年は流行のコストの60%を国内資金でまかなっている。ただし、エイズ対策の費用は上昇しており、2020年にはGDPの7.3%にまで増加する見通しだ。スワジランドの資金ギャップを埋めるには、外部資金の調達を大きく増やす必要がある。

ウガンダでは、国のエイズ対策コストは推定でGDPの3%以上に達している。2010年には1回の感染によるコストが国民1人当りGDP(5900ドル)の約12倍と推定される状態だ。

「HIV対策のための資金確保が最も負担になっている国は必ずしもHIV陽性率が最も高い国というわけではなく、国内資金に乏しく、感染一件あたりのコストが国民一人当たりGDPの数倍になるような低所得国であることが多い」と報告書共著者のマーカス・ハッカーはいう。

報告書は、各国が治療とHIV予防を組み合わせ、すでにあるプログラムの効率化と資金配分の改善、革新的な資金メカニズムの検証を進めることで、HIV治療と財政の持続性を維持することができると主張している。



World Bank: Greatly intensified HIV prevention in Africa vital to managing long-term financial impact of AIDS
17 April 2012

Without a dramatic reduction in HIV infections in Africa existing national AIDS treatment programmes could become unsustainable in the future, warns a new World Bank Report. African governments, development partners and donors are urged to strenuously intensify their HIV prevention efforts to stop this becoming a reality.

The Fiscal Dimension of HIV/AIDS in Botswana, South Africa, Swaziland, and Uganda notes the considerable gains in the world’s AIDS response, with six million people now receiving antiretroviral therapy (some 5.1 million in Africa) and the significant increase in global AIDS spending, rising from under US$300 million in 1996 to nearly US$16 billion in 2009. However, the report also draws urgent attention to the escalating cost of HIV treatment and the profound effect this is having on already stretched public finances.

According to the co-author of the report Elizabeth Lule, "Strategic investments in preventing new HIV infections—while also meeting current treatment, care and support needs—can help countries plan for what will otherwise be an unmanageable fiscal burden."

Such strategic investments are critical in an era of global economic uncertainty. Curbing new HIV infections and improving fiscal planning can lead to a considerable drop in the financial commitment needed to fund an effective national AIDS response.

In Botswana—which has an HIV prevalence of some 25%—the report projects that the fiscal costs of AIDS will peak at 3.5% of Gross Domestic Product (GDP) around 2016, slowly falling to 3.3% of GDP by 2030 if new infections decline. However, with mining revenues slowing down relative to GDP, the costs of the epidemic could rise to over 12% of government revenues by 2021, presenting a huge fiscal challenge.

In South Africa, the epidemic has significant implications for public finance and the government's ability to achieve other key social and health policy objectives. An important aspect of the fiscal dimension of HIV in South Africa is the impact on social expenditures.

"By scaling up HIV prevention programmes, South Africa stands to save (US$2,500) per infection," said Ruth Kagia, World Bank Country Director for Botswana, South Africa and Swaziland. "Investing in collecting data on the drivers of the epidemic is key to making the national AIDS response more effective and achieving better health and social outcomes for people."

For Swaziland, HIV has more serious fiscal repercussions given declining government revenues and the macroeconomic situation. With the highest HIV prevalence in the world at an estimated 26%, Swaziland has contributed 60% of the costs of the epidemic from its domestic resources over the past few years. However, costs of the AIDS programme are rising and projected to increase to 7.3% of GDP by 2020. External financing will need to increase substantially to meet the country’s financing gap.

In Uganda, the costs of the national response are estimated to rise to over 3% of GDP. Costs incurred by a single infection are estimated at about 12 times GDP per capita (US$5,900) per new infection as of 2010.

"Frequently, it is not countries with the highest HIV prevalence that face the heaviest burden in financing their HIV programmes, but low-income countries where each infection costs several times more than GDP per capita, and domestic resources are fewer," said Markus Haacker, a co-author of the report.

The report argues that countries can manage both HIV treatment and fiscal sustainability by marrying treatment with HIV prevention and making existing programmes more cost-effective, improving resource allocation and efficiency and examining innovative funding mechanisms.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『財政分野でエイズの流行の長期的影響を緩和するにはアフリカにおけるHIV感染予防対策の強化が不可欠』 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる