エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界結核デーに向けた国連合同エイズ計画(UNAIDS)、ミシェル・シデベ事務局長のメッセージ

<<   作成日時 : 2012/03/23 13:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)HIVと結核の重感染への対応は、エイズ対策の観点からも大きな課題となっています。世界のHIV陽性者は約3400万人と推定されていますが、その3分の1は結核に感染していると見られています。また、エイズによる死者の直接死因の第1位は結核だということです。結核は治療可能でありながら、途上国ではたくさんのHIV陽性者がその治療を受けられずに死亡している現実があります。昨年6月に採択された国連総会エイズハイレベル会合の政治宣言では、世界が2015年までに達成すべき10項目の目標が示されました。世界中の政治指導者が実現に向けて努力することを約束した目標であり、その中には「HIV陽性者の結核による死亡を50%減らす」という目標も含まれています。

 3月24日の世界結核デーに向けて、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長がメッセージを発表しました。以下はその日本語仮訳です。



国際結核デー2012
国連合同エイズ計画(UNAIDS)、ミシェル・シデベ事務局長メッセージ
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2012/march/20120322pstbday/


【ジュネーブ 2012年3月22日】 世界結核デーに際し、エイズの流行を数年のうちに変えようとしている協力関係を祝したいと思います。

HIV対策 と結核対策の協力関係が改善されたことで、過去6年間に世界全体でほぼ100万人の生命が救われています。

2005年から2010年の間に結核のスクリーン検査を受けたHIV陽性者の数は12倍に増えました。

HIVサービスと結核サービスが統合されることは、患者にとって生活の質が向上することを意味しています。医療機関から医療機関へと訪ね歩く時間も費用も節約することができるのです。

生と死を分けることもあります。

お互いにこの成果は誇ることができます。

それでもまだ、HIV陽性者のTB 関連の死亡をなくすという目標を達成できたわけではありません。

平均すると毎日1000人のHIV陽性者が結核で死亡しているのです。

結核は予防できるし、安価な薬で治療も可能なのに、これほどたくさんの人が亡くなっているという現実は受け入れがたいものといわなければなりません。

保健システムのすべてのレベルでHIVと結核のサービスの統合を強化する必要があります。

HIV陽性の子供たちは結核にかかりやすいので、子供たちの結核予防、診断、治療に力を入れることに焦点をあてるべきです。

また、HIV陽性の結核患者に対しては、できるだけ早く抗レトロウイルス療法を提供しなければなりません。

各国は昨年、HIV陽性者の結核による死亡を2015 年までに半減させることを初めて約束しました。

いままで協力して旅にたとえれば最後の1 マイルまできました。必ずやこの1マイルも到達可能であると確信しています。



International TB Day 2012
Message from UNAIDS Executive Director Mr. Michel Sidibé

GENEVA, 22 March 2012—On World TB Day, let’s celebrate a partnership, which in just a few years is helping to transform the AIDS epidemic.

By improving collaboration between HIV and TB services almost one million lives around the world have been saved in the past six years.

The number of people living with HIV screened for TB increased almost 12-fold from 2005 to 2010.

For patients, integrating HIV and TB services means a better quality of life. They spend less time going from clinic to clinic and waste less money on visits to multiple care providers.

It can also mean the difference between life and death.
Together we can be proud of our achievements.

But we haven’t reached our goal of stopping TB-related HIV deaths.

Every day a thousand people living with HIV die of TB.

These deaths just aren’t acceptable when TB is preventable and curable with inexpensive drugs.

We need to intensify the integration of HIV and TB services at every level of the health system.

We need a stronger focus on preventing, diagnosing and treating TB in children living with HIV, who are particularly vulnerable to TB infection.

All TB patients living with HIV must be put on antiretroviral therapy as quickly as possible.

Last year countries committed for the first time to cut in half the number of deaths among people living with HIV by 2015.

Having travelled so far together, I am sure we will reach the final mile.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界結核デーに向けた国連合同エイズ計画(UNAIDS)、ミシェル・シデベ事務局長のメッセージ エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる