エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS この1年を振り返る(UNAIDSサイトより) 

<<   作成日時 : 2011/12/25 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトにこの一年のまとめが報告されています。その日本語仮訳なのですが、訳してみたら、世界のエイズ対策は大きな成果をあげているが、世界的な経済危機のために対策資金が減少しており先行きが心配だ。しかし、ここでしっかり対策を進めていけばエイズの流行は克服できる・・・といった感じの話です。別紙で2011年のハイライト(主な出来事)が掲載されています。
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/document/2011/12/20111223_YearReview_part2_en.pdf
 こちらは英文のままですが、見出しと写真を見るだけでも参考になるかもしれません。


この1年を振り返る 2011年12月23日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/december/20111223yearreview/

 エイズ対策は2011年の1年間で著しい進歩を遂げている。つい最近まで、HIV の流行を終わらせることは、遠い夢のように見えた。しかし、科学と政治のリーダーシップ、コミュニティの対応が明確で具体的な結果をもたらす助けとなった。2011年はゲームを変えた年として記憶されるだろう。

 「懐疑主義者たちは1年前、HIVの新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロというゼロ達成目標などスローガンに過ぎないといっていた。しかし、世界中の国とパートナー機関、そして多くの人が、UNAIDSのビジョンに共鳴し、それを現実のものとするために活動を続けている」とUNAIDS のミシェル・シデベ事務局長は12月13日に開かれた理事会で語った。

 最近の歴史の中では最も厳しい金融危機の最中にあった2011年6月、各国は2011年国連総会エイズ・ハイレベル会合に参加し、歴史的な新政治宣言を採択した。2011年のHIV/エイズ政治宣言「HIV/エイズ克服のための努力強化を」はエイズ対策の成果をあげるための大胆な目標を掲げている。共通の価値観のもとで責任を共有することになったのだ。各国は、新たな資金確保に取り組み、それぞれの責任と能力に応じて必要な投資を行うことを約束した。

 2011年の国連総会エイズ・ハイレベル会合は、子供たちのHIV新規感染と母親の死亡を 2015年までになくすための世界計画が発進する場ともなった。世界の指導者たちは会合でエイズのない世代の実現は可能であり、すべての赤ちゃんがHIVに感染しないで生まれてくるようにしなくてはならないとの見解を明らかにしている。

 国際的なHIV対策資金は減少しており、このままだとせっかくの成果も台無しになる恐れがある。2011年12月4〜8日にエチオピアで開かれた第16回エイズ性感染症アフリカ国際会議(ICASA)の開会式で、シデベ事務局長は「成果があがっている分野の投資は拡大を続けていかなければならない」と語った。「世界が財政面で制約を受けていることは非常に心配です。しかし、いま私たちが必要な支払いを行わなければ、支払いは永遠に続くことになります」と事務局長は付け加えた。

 困難な年ではあったが、世界は結果を残した。11月に発表された世界エイズデー報告2011によると、HIVの新規感染は1997年当時より21%、エイズ関連の死亡は1995年当時より21%も減少している。報告書はこうした推計と同時に、資金を有効に活用して各国の対策の成果があがるようにするための長期戦略計画のロードマップについても説明している。

 2011年の主な出来事はこちらから。
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/document/2011/12/20111223_YearReview_part2_en.pdf



UNAIDS – A Year in Review 2011
23 December 2011

The AIDS response saw remarkable progress in 2011. Until recently, the end of the HIV epidemic seemed a distant dream, but science, political leadership and community responses have helped to deliver clear and tangible results—2011 will be remembered as a game-changing year.

“A year ago, skeptics said that getting to zero—zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths—was just a slogan. But countries, partners and people around the world have embraced the UNAIDS vision and are now working to translate it into reality,” said UNAIDS Executive Director Michel Sidibé at the Joint Programme’s Board meeting on 13 December.

In June 2011, and amidst one of the most severe financial crisises in recent history, countries came together to adopt a new and historic Declaration on AIDS at the 2011 UN High-Level Meeting on AIDS. The 2011 Political Declaration on HIV/AIDS: Intensifying Our Efforts to Eliminate HIV/AIDS set forth bold new targets to advance the AIDS response even further. As never before, the concept of shared values and shared responsibility became a reality. Countries committed to meeting critical investment needs by identifying new funding opportunities, as well as contributing according to their differentiated responsibilities and respective capacities.

The 2011 High-Level Meeting on AIDS also witnessed the launch of the Global Plan to eliminate new HIV infections among children and keeping their mothers alive by 2015, where world leaders stood together to say that an AIDS-free generation is possible and that no child should be born with HIV.

International funding for HIV has declined and is jeopardizing the gains made in the AIDS response. “We must continue to scale up our investments in those areas where we are producing results,” said Mr Sidibé at the opening of the 16th International Conference on AIDS and Sexually Transmitted Infections in Africa (ICASA), held in Ethiopia from 4-8 December 2011. “I am very sensitive to the financial constraints the world is facing. But if we do not pay now, we will pay forever,” he added.

Even in a difficult year, the world produced results. The 2011 World AIDS Day Report, released in November, showed that new infections have fallen 21% since 1997 and AIDS-related deaths have decreased by 21% since 1995. At the same time, the report outlined a road map for a long-term strategic response with matching investment to help countries deliver greater value for money.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この1年を振り返る(UNAIDSサイトより)  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる