エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界基金の資金減少に対する懸念が各国で広がる UNAIDSが調査

<<   作成日時 : 2011/12/08 13:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)は11月21〜22日にガーナで理事会を開き、2013年まで、新たな案件募集(ラウンド11)はしないことを決めています。世界的な経済事情の悪化を受け、今後2年間の資金調達予測の見直したうえでの決定です。このため、世界基金の資金に支えられてHIV感染の予防や治療の普及などに取り組んできた途上国からは、エイズ対策プログラムが継続できなくなることを危惧する声が上がっています。UNAIDSはアジア、アフリカ14カ国とウクライナの計15カ国で、現地事務所を通じてその影響をさぐる調査を行いました。公式サイトのFeature stories欄に掲載された調査結果報告の日本語仮訳です。

(注)世界基金はラウンド11中止の代替策として、2014年3月までの間に既存事業の支援期間が終わり事業の中断が予想される場合、必須の治療やサービスに絞って申請を受け付ける暫定の申請メカニズム(Transitional Funding Mechanism)を導入することを明らかにしています。世界基金日本支援委員会に日本語による要約が掲載されているので、ご関心がおありの方はこちらをご覧ください。
 http://www.jcie.or.jp/fgfj/06.html#news20111130



世界基金の資金減少に対する懸念が各国で広がる UNAIDSが調査
  (12月2日付 UNAIDS Feature stories)
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/december/20111202gfatm/


 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)による次期資金ラウンド(ラウンド11)の中止決定がもたらす影響をさぐるため、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は15カ国(注)を対象に調査を行った。HIVおよび結核対策のプログラムへのアクセスを拡大のための各国の計画にどのような影響を与えるかを調べるのが目的である。調査に参加したUNAIDS各国現地事務所は、2014年に開始予定のHIV治療、予防サービスが崩壊する可能性があるとして、重大な懸念を表明した。調査結果はまた、今年6月の国連総会エイズ対策ハイレベル会合で各国指導者が採択した2015年の達成目標の実現が困難になり、将来に大きな禍根を残すおそれも指摘している。

 回答者の半数は、ラウンド11(第11次新規案件募集)の中止、およびフェーズ2資金調達の削減提案について、国家エイズ対策にとって「致命的」と答えている。

 「現行のHIV予防、治療プログラムを維持し、拡大させていくためには、各国は既存の資金による対策のプログラムを組み直す一方で、新たな資金源も探さなければならないだろう」とUNAIDSのプログラム効果・各国支援部長、ティム・マーティヌーは語る。「各国ごとに資金ギャップの大きさを把握し、国レベルのエイズ対策を継続していくことができるよう、UNAIDSは各国と協力し、緊急対応策の強化に務めていく」

 既存資金による対策プログラムの組み替えが可能になるよう、UNAIDSは各国の費用対効果調査の実施を支援している。また、2012年から15年までの資金供給額とプログラムに必要な費用とのギャップを確認し、可能なコスト削減策をとる際の課題を確認するための支援も行っている。各国がHIV対策への現在の投資を見直すための指針(ガイダンス)も来年中に提供する予定である。

 「カンボジアでは、大規模な調査を実施中で、最も効果的な方法を突き止め、これまでより低いコストで現在の勢いを維持できるようなアプローチの工夫を進めています」とUNAIDSのカントリー・コーディネーター、トニー ライルはいう。ジンバブエでは、最近のギャップ分析により、商品の供給に大きな問題があることが明らかにされた。また、年間の資金必要額は3億ドルと分析している。世界基金からの資金の減少は、ジンバブエのエイズ対策が大きく後退することを意味している。

 回答者の多くが、当面の短期的資金により、すでに治療を開始している人々のニーズを満たすことはできるが、生死に関わる治療を新たに開始できるができる人は減っていくと報告している。たとえば、インドネシアでは、HIV検査とカウンセリングを拡大し、この3 年で、治療を受けられる人の数は倍増している。しかし、国のエイズ対策資金は世界基金に大きく依存しているため、投資の減少はインドネシアが今後も継続的に対策を拡大していく能力を大きく損なうことになる。

 ウクライナでは、世界基金のサポートを受けつつ、HIV治療プログラムの資金を確保することで、アクセス拡大に大きく踏み出すことに政府が同意していた。非政府機関との連携のもとにハームリダクション(被害軽減)プログラムの拡大をはかろうとする政策転換は、ラウンド10の資金んがいまなお利用可能になっていないことから、実行が危ぶまれている。ウクライナのHIV感染の流行は、主に注射薬物使用による感染に集中している。推定23万〜36万9000人 の注射薬物使用者の50%がHIVに感染していると見られている。

 「タイムリーな資金調達はウクライナにとって極めて重要です。政治的に前向きな動きが大きく盛り上がっており、国際社会も約束を果たす必要があります」とUNAIDSのカントリー・コーディネーター、アニ・シャカリシビリはいう。「世界基金から資金が予定通り入ってこなければ、ハームリダクション・プログラムは危機に瀕することになります」

 調査対象国の4分の3は、HIVサービスの続行もしくは拡大するために、世界基金からの新たな資金に頼っていた。多くの国がすでにラウンド11 提案の準備を始めていた。各国の国内で実施される世界基金プログラムの監督役である国別調整メカニズムは、すでにそれぞれの国における投資の優先順位付けを行っている。多くの場合、それはセックスワーカー、男性と性行為をする男性、注射薬物使用者などHIV感染の高いリスクにさらされている集団の基本的なプログラム、子供の新規感染防止、結核とHIV対策の統合プログラムに焦点があてられている。

 「HIVの新規感染の予防、とりわけ子供の感染の予防に対して南アフリカが達成してきた成果が台無しになってしまう恐れがあるだけに、ラウンド11の中止を極めて憂慮している」と南アフリカのUNAIDSカントリー・コーディネーター、キャサリン・ソジはいう。「結核対策の資金削減もまた、大きな懸念材料である。新たな結核対策の資金がなければ、結核治療を受けられるHIV陽性者が減ってしまうため、エイズ関連の死者が増えることになる」。南アフリカでは、HIV関連の死亡の40%は結核による死亡である。

 さらに、2012〜13年の資金配分もすでに開始されている不可欠な治療サービスの継続に限るように方針が変更されたため、市民社会組織は政府からの資金が得られず、活動資金の減少を余儀なくされる。「市民社会組織はエイズ対策の基盤であり、支えである。HIV の治療と予防のための活動が継続できるよう資金アクセスを確保しなければならない」とマティヌー氏はいう。

 世界基金理事会は11月の会合でラウンド11の中止 を決めた。その対応として、HIVサービス継続のために過渡的な資金メカニズムを設定する方針で、世界基金からの新たな資金は今後2年間、途絶する可能性もある。世界基金は12月中旬にウェブサイト上で新たな情報を公開する予定である。

(注) UNAIDS現地事務所が調査を行った15カ国は以下の通り。カンボジア、エチオピア、ガーナ、インドネシア、マラウイ、ミャンマー、ナミビア、ナイジェリア、ルワンダ、南アフリカ、スワジランド、タンザニア、ウガンダ、ウクライナ、ジンバブエ。UNAIDS は世界70カ国に調査を拡大する予定である。



UNAIDS survey finds growing concern in countries over potential funding roll back by Global Fund

UNAIDS has conducted a 15-country survey* to understand the possible impact of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria’s recent decision to cancel its next funding round (Round 11). The survey looks at the impact of this decision on countries’ ability to scale up access to HIV and tuberculosis programmes. The UNAIDS country offices, who participated in the survey, have expressed serious concerns about the potential disruption of HIV treatment and prevention services starting from 2014. Findings also point towards long-term challenges in meeting the 2015 AIDS targets adopted by world leaders at the UN High Level Meeting on AIDS in June this year.

Half of the respondents said the cancellation of Round 11 and proposed cuts in Phase 2 funding would be “catastrophic” for national AIDS responses.

“Countries may have to reprogramme existing funds and simultaneously identify new sources of funding to sustain and scale up HIV prevention and treatment programmes,” said Tim Martineau, UNAIDS Director of Programme Effectiveness and Country Support. “UNAIDS is working closely with countries and will further scale up its effort to identify the critical gaps and urgent steps needed to sustain national AIDS responses.”

UNAIDS is supporting countries to undertake cost-effectiveness studies to enable the reprogramming of existing funds. UNAIDS is also helping countries to identify bottlenecks, funding and programmatic gaps between 2012 and 2015, and potential cost-saving interventions. Over the next year, UNAIDS will offer guidance to countries in revising their current investments in HIV.

“In Cambodia, major studies are under way and partners are coordinating their efforts to identify where to best build efficiencies and use innovative approaches to maintain the momentum at less cost,” said Tony Lisle, UNAIDS Country Coordinator. In Zimbabwe, findings from a recent gap analysis showed that there are major problems with commodities and supply. The analysis also showed that the annual need for funding amounts to US$ 300 million; a decline in funding from the Global Fund would mean major setbacks in Zimbabwe’s response to the epidemic.

Many of the respondents reported that while existing resources in the short term can meet the needs of people already on treatment, the momentum to add new people on life saving treatment would diminish. For example, Indonesia has scaled up HIV testing and counselling and has doubled the numbers of people on treatment over the last three years. However the country’s AIDS response is heavily dependent on funding from the Global Fund and a reduction in investments would severely decrease Indonesia’s ability to continue scaling up.

In Ukraine, the government agreed to co-financing the HIV treatment programmes together with Global Fund’s support—a significant step in increasing access. A policy shift to scale up harm reduction programmes implemented in collaboration with non-governmental organizations is now in danger of being derailed as crucial funds from Round 10 have not yet been made available. The HIV epidemic in Ukraine is primarily concentrated among injecting drug users. Just under 50% of the estimated 230,000-369,000 injecting drug users are estimated to be living with HIV.

“Timely funding is critical for Ukraine. There is a lot of positive political momentum and the international community must fulfil its part of the promise,” said Ani Shakarishvili, UNAIDS Country Coordinator in the Ukraine. “If the Global Fund resources do not come in time, harm reduction programmes will be in a crisis mode.”

Three quarters of the countries surveyed were relying on a new injection of funds from the Global Fund to either continue their HIV services or expand them. Many countries had already started preparation of Round 11 proposals. Country Coordination Mechanisms, the body responsible for overseeing Global Fund programme implementation in countries, had already identified their investment priorities—in many cases focusing essential programmes for sex workers, men who have sex with men and injecting drug users--populations at higher risk of HIV infection, and on stopping new infections among children and TB-HIV integration.

“We are very concerned by the cancellation of Round 11 as it risks undermining the progress South Africa has achieved in preventing new HIV infections, particularly among children,” said Catherine Sozi, UNAIDS Country Coordinator in South Africa. “Reductions in funding for TB is also a major concern. Without any new funding for TB services, AIDS-related deaths could increase as fewer people living with HIV will be able to receive TB treatment.” In South Africa, 40% of HIV related deaths are due to TB.


In addition, the change in funding in 2012-13 being limited to continuation of essential treatment services only, could result in reduced funding for civil society organizations, who often fail to get resources from governments. “Civil society organizations are the foundations and building blocks of the AIDS response. They must have access to resources for continuing their work on HIV treatment and prevention,” said Mr Martineau.

At the Global Fund’s meeting in November, the Board decided to cancel Round 11. In response, the Fund has set up a new transitional funding mechanism to ensure the continuation of HIV services that may face disruption over the next two years. The Global Fund is expected to publish further information on its website in mid-December.

*The following fifteen UNAIDS country offices participated in the survey - Cambodia, Ethiopia, Ghana, Indonesia, Malawi, Myanmar, Namibia, Nigeria, Rwanda, South Africa, Swaziland, Tanzania, Uganda, Ukraine and Zimbabwe. UNAIDS will expand its survey to include 70 countries worldwide.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界基金の資金減少に対する懸念が各国で広がる UNAIDSが調査 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる