エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS マルセル・ヴァン・ソースト氏を悼む(UNAIDS追悼声明)

<<   作成日時 : 2011/10/01 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)世界エイズキャンペーン(WAC)のマルセル・ヴァン・ソースト氏が9月21日、オランダのアムステルダムで亡くなりました。HIV/エイズ分野の卓越した指導者の一人であり、世界エイズキャンペーンが国連合同エイズ計画(UNAIDS)の一部門(プロジェクト)から独立した国際組織へと大きく飛躍を遂げるうえで、継続して中心的な役割を担ってこられました。WAC、UNAIDS、国際エイズ学会などが相次いで追悼の声明を発表しています。ここではUNAIDSの追悼文の日本語仮訳を紹介します。


マルセル・ヴァン・ソースト氏を悼む UNAIDS
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2011/september/20110923psmarcelvansoest/


 【2011年9月23日 ジュネーブ】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)はマルセル・ヴァン・ソースト氏急逝の報に接し、深い悲しみを受けている。ソースト氏はエイズアクティビストとして、HIV陽性者、およびHIV感染の流行に大きな影響を受けている人たちにとって、世界がより良い場所になるよう熱意を持って取り組んできた。

 「マルセルは真の友人であり、非常に貴重なパートナーでした」とUNAIDSのミシェル シデベ事務局長は語る。「訃報に接し、胸が痛む思いです。マルセルは世界中の数多くの人々に手を差し伸べ、人生を変えてきました。彼の死はエイズ対策にとって大きな痛手であり、彼の家族や友人には謹んでお悔やみを申し上げます」

 ヴァン・ソースト氏は、国境なき医師団(MSF)オランダの運営部長を務めるなど、ほぼ10年にわたり、MSFで働いてきた。2004年には、世界エイズキャンペーン(WAC)の事務局長となり、WACをUNAIDSの1部門から エイズ対策分野の主要な権利擁護団体へと育てていった。

 多くの人を巻き込み、人権に焦点をあてることで、ヴァン・ソースト氏は鍵を握る人々(key populations)、とりわけセックスワーカー、薬物使用者、男性と性行為をする女性および男性といった人たちの声がエイズ対策に反映できるよう倦むことなく活動してきた。HIV陽性者にとってよりよい世界を実現し、エイズとの闘いの鍵を握るコミュニティの声を世界的なエイズの課題に反映させるためにヴァン・ソースト氏が発揮した卓越した指導力と情熱は、世界中のあらゆる地域の人たちから尊敬されていた。


UNAIDS saddened by the death of Marcel van Soest

GENEVA, 23 September 2011— UNAIDS is deeply saddened by the sudden death of Marcel van Soest, a passionate AIDS activist committed to making the world a better place for people living with and affected by HIV.

“Marcel was first and foremost a true friend and an invaluable partner,” said UNAIDS Executive Director, Michel Sidibe, “I was heartbroken to learn of this news. Marcel reached out to and changed the lives of many people across continents. The AIDS response has suffered a terrible loss with his passing and I mourn for his family and friends.”

Mr Van Soest worked for nearly 10 years with the international NGO Medecins Sans Frontieres (MSF), including serving as the Operational Director of MSF Holland. In 2004, Marcel became the Executive Director of the World AIDS Campaign where he oversaw its growth from its origins at UNAIDS into one of the leading AIDS advocacy organizations worldwide and a major force for change in the global response to AIDS.

Through his commitment to inclusiveness and focus on human rights, Mr Van Soest worked tirelessly to bring the voices of key populations to the fore front of the AIDS response, in particular those of sex workers, people who use drugs, women and men who have sex with men. Through his outstanding leadership, people everywhere respected his commitment and passion for making a better, more just world for people living with HIV and for making sure that the voice of the communities resonated in the global AIDS agenda.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マルセル・ヴァン・ソースト氏を悼む(UNAIDS追悼声明) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる