エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 刑事訴追目的でHIV感染の時期を推定する検査に意味はあるのか

<<   作成日時 : 2011/08/06 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) HIV治療の進歩とともに、HIV検査の普及の重要性が指摘されています。早く感染に気付けば、適切な時期に治療を開始し、エイズ発症を抑えることができる。また、治療で感染している人の体内のウイルス量が少なくなれば、他の人に感染するリスクも低下する。つまり、早期の検査は治療にも予防にもメリットがある。これが検査普及の呼びかけの大きな根拠です。ただし、最近、HIVに感染したのか、それともずっと前から感染していて判明が遅れていたのか、そのどちらであるのかはHIV検査では分かりません・・・と思っていたら、その推定が可能なRITA検査というのがあるそうです。医学分野に疎い訳者は、えっ、そうなのと、まずそれが驚きでした。ただし(すいません、ただしばかりで)、この検査は偽陽性や偽陰性がでる可能性も高く、個人レベルで犯罪の立証などに使うのは不適切という報告です。英国の支援団体National AIDS Trust (NAT)が調査報告書をまとめ、国連合同計画(UNAIDS)主催のHIVと犯罪に関する専門家会合で検討資料になるということで、そのUNAIDSの公式サイトからの日本語仮訳です。UNAIDSは「HIV感染、セックスワーク、薬物使用、同性愛に関し、効果的なエイズ対策の妨げとなるような懲罰的法律や取締りを行っている国を2015年までに半分に減らす」という目標を掲げています。


報告書「刑事訴追目的でHIV感染の時期を推定する検査に意味はあるのか」
2011年8月4日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/august/20110804nat/

英国の支援団体National AIDS Trust (NAT)は2011年8月4日、HIV感染の刑事訴追の面からRecent Infection Testing Algorithm (RITA検査、最近の感染かどうかを調べるHIV検査)の有効性と意味を調べた報告書「HIV感染の時期が最近かどうかの推定−刑事訴追への意味」を発表した。

報告書は、刑事司法制度の専門家、およびHIV感染が事件となった際に専門家として意見を求められるHIV研究者を主要対象としており、HIVの感染時期を決定するためのRITA結果の利用に慎重な対応を呼びかかけている。

RITAおよび刑法における使用の可能性について
RITA検査はHIV陽性と判明した人の感染が最近(通常6カ月以内)なのかどうかを推定できる検査である。これまでのところ英国は、新規に感染が分かった人に対しRITA結果を知らせている唯一の国である。

英国の刑法は、HIVを他にうつした人を訴追できるようになっていることから、報告書はRITA検査とその限界を十分に理解し、刑事訴訟手続きの際の誤用を避けることの重要性を強調している。HIV感染時期を証明するために法廷でRITA検査が使われた例や、その結果、HIV感染が特定された例はこれまでのところ報告はされていない。ただし、そうしたことが近い将来に起きることはあり得るかもしれないと報告書は指摘している。


個人のHIV感染の時期を特定できる検査はない
「個人がいつHIVに感染したかを特定できる科学的な検査はありません」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)の主任科学技術顧問であるケイト・ハンキンズはいう。「患者に対する検査の提供や刑法のもとでの使用には、慎重に対応し、明確なプロトコルに従い、RITA検査の限界を理解することが重要です」

報告書によると、他の人へのHIV感染を刑法上の目的で証明するには、科学的な根拠と医学記録と証言を組み合わせ、感染の事実と時期、感染の方向(誰が誰から感染したのか)を判断する必要がある。

「RITA検査は、ポピュレーションレベル(集団のレベル)でHIV感染が最近、起きたものかどうかを推定できるので、感染の判明の遅れが大きな課題になっている現状では非常に歓迎すべき医学技術の進歩です」とNational AIDS Trust のデボラ・ジャック事務局長は語る。「しかし、RITA検査の限界を十分に理解し、たとえば、刑事手続の中で誤って使わないようにすることが極めて重要です」

RITA検査は、個人に使用するというよりむしろ、ポピュレーションレベルで(平均値に基づいて)活用することを想定して作られたものであり、個人に対しては誤った結果が出ることも考えておかなければならない。このため、報告書はRITA検査について、刑事手続きの中で特定の個人がHIVに最近、感染したのかどうかを証明できるような信頼性はないと結論付けている。


HIV科学をより理解した刑法上の扱いを
2011年8月31日〜9月2日にはジュネーブでUNAIDS主催の「HIV感染を犯罪として扱うことに関する科学、医療、法律、人権の側面からの専門家会合」が開かれる。NAT報告書はこの会合に先立って公表されたものだ。

会合にはHIV分野の主導的な医科学研究者、医療専門家と法律、人権に関する専門家が参加する。 参加者は関連する医学、法学分野のエビデンス、および被害、リスク、意図、証明などに関する考え方を検証し、HIV感染を犯罪として取り扱うこととの関係で、それらの考え方や適用のあり方を整理する見通しだ。

この会合は、HIV感染、セックスワーク、薬物使用、同性愛に関し、効果的なエイズ対策の妨げとなるような懲罰的法律や取締りを行っている国を2015年までに半分に減らすためのUNAIDSの活動の一環として開催される。



New report explores implications of tests to estimate timing of HIV infection for criminal prosecutions
04 August 2011


The UK charity National AIDS Trust (NAT) launched a report on 4 August 2011, entitled Estimating the likelihood of recent HIV infection – implications for criminal prosecution, which explores the validity and meaning of the Recent Infection Testing Algorithm HIV tests, or RITA tests, within the context of criminal prosecutions of HIV transmission.

The report, primarily aimed at professionals working in the criminal justice system and HIV specialists who may be called on as expert witnesses in criminal HIV transmission cases, calls for caution about the potential use of RITA results to determine timing of HIV infection.


About RITA and its potential use in criminal law context

RITA tests estimate the likelihood that a person found to be HIV-positive has been infected recently, usually within the previous six months. To date, the United Kingdom is the only country reported to routinely return RITA results to newly diagnosed patients.

As criminal law in the UK allows for the prosecution of people for transmitting HIV to another person, the report underlines the importance that RITA tests and their limitations be fully understood and not misused in criminal proceedings. The report underlines that while there have been no reported instances of use of RITA results in courts to attempt to prove timing of HIV transmission and consequently the identity of the person who transmitted HIV, this may happen in the near future.


No test can conclusively state when an individual acquired HIV
“No scientific test is able to conclusively state when an individual acquired HIV,” said Dr Cate Hankins, Chief Scientific Adviser to UNAIDS. “It is important to be cautious, follow clear protocol, and understand the limitations of RITA results when delivering them to patients or using them within a criminal law context.”

According to the report, proving HIV transmission in the context of criminal law cases requires the use of a combination of scientific evidence, medical records and testimony to establish the facts, timing and direction of HIV transmission.

“Scientific advances such as RITA testing are extremely welcome when estimating the recency of HIV infection on a population level, especially as late diagnosis is a huge issue,” said Ms Deborah Jack, Chief Executive of National AIDS Trust. “However, it is crucial that the limitations of RITA tests are fully understood and are not used out of context, for example during criminal proceedings.”

As RITA tests are designed to work at the population level (based on averages) rather than at the individual level, taking into account significant rates of false RITA test results in individuals, the report draws the conclusion that RITA tests are not reliable as evidence of recent HIV infection for individuals in the context of criminal proceedings.

Better understanding of HIV science in the context of criminal law
The NAT report comes weeks ahead of an expert meeting on the scientific, medical, legal and human rights aspects of the criminalization of HIV transmission and exposure organized by UNAIDS in Geneva from 31 August to 2 September 2011.

The meeting will bring together leading scientists and medical experts on HIV together with legal and human rights experts. Participants will examine relevant scientific and legal evidence and concepts relating, among others, to harm, risk, intent and proof, and their conceptualization/application in the context of criminalization of HIV exposure and transmission.

The meeting is part of UNAIDS’ work towards halving the number of countries with punitive laws and practices around HIV transmission, sex work, drug use, or homosexuality that block effective AIDS responses by 2015.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
刑事訴追目的でHIV感染の時期を推定する検査に意味はあるのか エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる