エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS  暴露前予防投薬(PrEP)の研究成果を歓迎 UNAIDS

<<   作成日時 : 2011/08/02 00:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) PrEP研究の成果を歓迎するUNAIDSとWHOの報道向け声明の日本語仮訳です。


UNAIDSとWHOが1日1錠の服薬でHIV陰性の人のHIV感染を予防できるとする新たな研究結果を歓迎 
ケニア、ウガンダ、ボツワナの研究による新たなデータで、異性間のHIV感染予防に果たす抗レトロウイルス薬の大きな役割を確認
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/pressstatement/2011/07/20110713_PS_Prep_en.pdf


【ジュネーブ 2011年7月13日】HIVに感染していない人が毎日、抗レトロウイルス薬の錠剤を服用すれば、HIV感染のリスクを73%まで減らせることが本日発表された2つの研究結果で明らかにされた。予防薬としてtenofovirまたはtenofovir・emtricitabineの錠剤を毎日一錠のむこと(PrEP、曝露前予防投薬)によって、異性間の性感染は、男性から女性へも、女性から男性へも、防ぐことができる。

ワシントン大学国際臨床研究センターは、パートナーPrEP臨床研究でケニアとウガンダの感染状態不一致(一方がHIVに感染し、一方が感染していない)のカップル4758組を対象に追跡調査を行った。対象カップルは全員、カウンセリングと男性用および女性用コンドームの無料配布を受けている。感染していないパートナーは1日1錠のtenofovir 錠剤かtenofovir・emtricitabine錠剤、または偽薬の丸薬を服用した。偽薬のグループと比べると、tenofovirグループは62%、tenofovir・emtricitabineグループは73%、HIV感染が少なかった。

米疾病対策センター(CDC)によるTDF2臨床研究は、tenofovir・emtricitabine錠剤または偽薬を毎日1錠服用したボツワナの男女1200人の追跡調査を行った。抗レトロウイルス薬は対象となった男女のHIV感染のリスクを約63 %減少させた。

「これは抗レトロウイルス薬がエイズ対策に重要な役割を果たしていることを再確認する大きな科学的成果です」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長はいう。「HIVの流行の転換を促す研究です」

使われている薬は、多くの国でジェネリック薬として1錠0.25ドル程度で入手が可能である。2010年11月には、6カ国で男性とセックスをする男性を対象にしたiPrEx研究が tenofovir・emtricitabine錠剤を毎日、服用することでHIV感染を44%減らせると報告している。

「新しい効果的なHIV感染予防のツールが至急必要です。これらの研究は異性間の性感染の予防に極めて大きな影響を与えるでしょう」とWHOのマーガレット・チャン事務局長はいう。「WHOは各国と協力して、たくさんの男女をHIV感染から守るために新たな成果を生かす努力をしていきます」

UNAIDSとWHOはすでにサハラ以南のアフリカ、ラテンアメリカ、アジアの国々とともにHIV予防における曝露前予防投薬の可能性を探っている。このニュースは、たくさんの人にHIV検査を受けること、パートナーとHIV予防の選択肢について議論すること、必要なHIVサービスにアクセスすることを促すだろう。

世界のHIV陽性者3400万人のほぼ半数は現在、自らのHIV感染に気付いていないと推定されている。HIV検査の普及はエイズ対策に大きな影響をもたらすであろう。新たな成果に基づくHIV予防新技術へのアクセスが拡大すれば、とりわけその影響は大きい。

どのようなHIV予防の組み合わせが最適なのか、個人やカップルが十分に情報を得たうえで判断を下すことをUNAIDSとWHOは推奨している。単一の方法で完全にHIV感染を防ぐことはできない。予防のための抗レトロウイルス薬使用は、他のHIV予防の選択肢と組み合わせて活用していく必要がある。そうした方法には、男性用および女性用コンドームを常時、正確に使うこと、性体験開始年齢を遅らせること、性パートナーの数を減らすこと、医療用の男性の割礼、挿入型性行為の回避などが含まれる。




UNAIDS and WHO hail new results showing that a once-daily pill for HIV-negative people can prevent them from acquiring HIV
New data from studies in Kenya, Uganda and Botswana confirm major role of antiretroviral medicine in preventing heterosexual HIV transmission

GENEVA, 13 July 2011—Results announced today from two studies reveal that a daily antiretroviral tablet taken by people who do not have HIV infection can reduce their risk of acquiring HIV by up to 73%. Both daily tenofovir and daily tenofovir/ emtricitabine taken as preventive medicine (PrEP - pre-exposure prophylaxis) can prevent heterosexual transmission of HIV from men to women and from women to men.

The Partners PrEP trial, conducted by the University of Washington’s International Clinical Research Center, followed 4758 sero-discordant couples (in which one person had HIV infection and the other did not) in Kenya and Uganda. Couples received counselling and free male and female condoms. The uninfected partner took a once-daily tenofovir tablet or a tenofovir/emtricitabine tablet or a placebo pill. There were 62% fewer HIV infections in the group receiving tenofovir and 73% fewer HIV infections in the group that took tenofovir/emtricitabine than in the group receiving the placebo.

The TDF2 trial, conducted by the United States Centers for Disease Control, followed 1200 men and women in Botswana who received either a once-daily tenofovir/ emtricitabine tablet or a placebo pill. The antiretroviral tablet reduced the risk of acquiring HIV infection by roughly 63% overall in the study population of uninfected heterosexual men and women.

“This is a major scientific breakthrough which re-confirms the essential role that antiretroviral medicine has to play in the AIDS response,” said Michel Sidibé, Executive Director of the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). “These studies could help us to reach the tipping point in the HIV epidemic.”

The medicines are available generically in many countries at prices as low as US$ 0.25 per tablet. In November 2010, the iPrEx trial among men who have sex with men in six countries reported a 44% reduction in HIV transmission among those who took a daily tenofovir/emtricitabine tablet.

“Effective new HIV prevention tools are urgently needed, and these studies could have enormous impact in preventing heterosexual transmission,” said Dr Margaret Chan, WHO's Director-General. “WHO will be working with countries to use the new findings to protect more men and women from HIV infection.”

UNAIDS and WHO have already been working with countries in sub-Saharan Africa, Latin America and Asia to explore the potential role of pre-exposure prophylaxis in HIV prevention. This news will encourage more people to get tested for HIV, discuss HIV prevention options with their partners and access essential HIV services.

It is currently estimated that only about half of the 34 million people living with HIV know their HIV status. An increase in the uptake of testing for HIV would have a significant impact on the AIDS response, particularly if more people gain access to new HIV prevention technologies in light of the new findings.

UNAIDS and WHO recommend that individuals and couples make evidence-informed decisions on which combination of HIV prevention options is best for them. No single method is fully protective against HIV. Antiretroviral drugs for prevention need to be combined with other HIV prevention options. These include correct and consistent use of male and female condoms, waiting longer before having sex for the first time, having fewer partners, medical male circumcision and avoiding penetrative sex.




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 暴露前予防投薬(PrEP)の研究成果を歓迎 UNAIDS エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる