エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS エイズにレッドカードを 女子サッカーW杯

<<   作成日時 : 2011/06/28 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 女子サッカーのワールドカップ大会(W杯)がドイツで始まりました。日本は初戦でニュージーランドに快勝し、幸先のいいスタートを切りましたね。最近はどうも元気がなくなる話題が多かっただけに、なでしこジャパンの活躍には大いに期待したいと思います。今大会はまた、HIVの母子感染防止のための大きなキャンペーンの機会でもあります。「エイズにレッドカードを」キャンペーンは昨年のサッカーW杯南アフリカ大会でスタートし、女子のW杯に受け継がれました。大会前の国連合同エイズ計画(UNAIDS)のプレスレリースの日本語仮訳です。

子供たちのHIV感染を防ぐために、女子サッカー チームが「エイズにレッドカードを」
                          (UNAIDSプレスレリース)
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/pressrelease/2011/06/20110624_PR_RedCard_en.pdf

【ジュネーブ 2011年6月24日】 2015年までに子供のHIV感染をなくす世界の計画を支援するため、ドイツで開かれる女子サッカーW杯2011の各国代表チーム主将が「エイズにレッドカードを」というアピールに署名を行っている。このアピールは1年前、南アフリカでサッカーW杯2010が開催された際、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が開始したもので、フットボールの力と人気を活用して、子供の新規HIV感染防止に力を合わせるよう世界に呼びかけている。

UNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は「W杯は女子サッカー界最大の大会であり、赤ちゃんをHIV感染から守り、お母さんのエイズによる死を防ごうというキャンペーンに世界の関心を集める大きな機会です」と述べた。

世界では現在、平均すると毎日1000人以上の赤ちゃんがHIVに感染して生まれている。しかし、妊婦とそのパートナーに対するカウンセリングと検査、そして必要な場合には治療を提供することによって、感染のリスクは5%以下に下げることができる。

各国代表チーム主将は署名に際し、世界のサッカー選手やファンに「出生を祝うとともに、母親がエイズで死亡したり、赤ちゃんがHIVに感染したりするのを防ごう」と呼びかけている。

女子サッカーW杯2011は6月26日から7月17日まで開催される。これまでのところ、フェイ・ホワイト(イギリス)、サンドリーヌ・スベイランド(フランス)、レベッカ・スミス(ニュージーランド)、イングビルド・ステンスランド(ノルウェー)、クリスティ・ランポーン(アメリカ)の5カ国主将がアピールに署名している。

「大舞台で国を代表することの素晴らしさの一つは、私たちが気にかけている人たちをサポートする機会が得られることです」とアメリカ代表のクリスティ・ランポーン主将はいう。「私はエイズにレッドカードをという世界のキャンペーンに署名しました。世界中の赤ちゃんや小さな子供たちの間でエイズの流行が終るようにするための政治的な行動を生み出す呼びかけです。私たちの試合がこの高貴な動きにつながっていくことを確信しています」

今回が米国代表として4度目のW杯出場となる経験豊富なランポーン選手は「UNAIDSから米国サッカーチームにこのキャンペーンをリードしてほしいという要請がありました。喜んで世界的な課題に取り組むお手伝いをしたいと思います。国連と同じように私たちも子供のエイズの流行が2015 年までに終ってほしいと思っています」と付け加えた。

オーストラリア、ブラジル、カナダ、コロンビア、赤道ギニア、ドイツ、日本、北朝鮮、メキシコ、ナイジェリア、スウェーデンなど他のチームの主将も大会中にアピールに署名して「レッドカードキャンペーンの擁護者」となり、HIV母子感染を2015年までになくしていく世界的な努力を広げていくことが期待されている。

世界では2010年末現在、約3400万人がHIVに感染しており、このうち2250万人はサハラ以南のアフリカに住む人たちで占められている。子供の新規感染の予防対策は大きな成果をあげているものの、2009年だけでも年間37万人の子供がHIVに感染して生まれており、15歳未満のHIV陽性の子供は世界で250万人と推定されている。

女子サッカーW杯2011は、2012年アフリカネーションズカップ、2012年UEFAユーロ大会などと並び、子供のHIV感染の克服に向けた大きなキャンペーンの機会である2014年サッカーW杯ブラジル大会につながる世界の著名サッカー大会の 1 つである。



Women’s football teams ‘Give AIDS the Red Card’ to keep children free from HIV

GENEVA, 24 June 2011—Captains of national football teams competing in the upcoming FIFA Women’s World Cup 2011 soccer championship in Germany are signing up to the Give AIDS the Red Card appeal in support of a global plan to eliminate new HIV infections among children by 2015. The Give AIDS the Red Card appeal, which was launched by the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) one year ago at the FIFA 2010 World Cup in South Africa, uses the power and outreach of football to unite the world around stopping new HIV infections in children.

UNAIDS Executive Director Michel Sidibé said, “As the most important international competition in women's football, this tournament provides a platform to raise global awareness about the campaign to keep babies from becoming infected with HIV, and their mothers from dying from AIDS.”

Every day more than 1000 babies are born with HIV. However with access to HIV counseling and testing for pregnant women and their partners, and treatment when needed, the risk of transmission can be brought down to less than 5%.

On signing the pledge, team captains appeal to football players and fans across the world to ‘celebrate life and support the global campaign to prevent mothers from dying and babies from becoming infected with HIV’.

The FIFA Women’s World Cup 2011 is taking place from 26 June to 17 July. So far five captains have signed the appeal; Faye White (England), Sandrine Soubeyrand (France), Rebecca Smith (New Zealand), Ingvild Stensland (Norway), and Christie Rampone (United States).

“One of the great things about representing our country on the big stages is the opportunity for us to support causes we care about,” said U.S. Women’s World Cup Team captain Christie Rampone. “I signed onto a global campaign called Give AIDS the Red Card which helps to generate political action towards ending the AIDS epidemic among babies and young children around the world. I am confident about linking this noble cause with the game we all cherish.”

Rampone, who is among the more experienced U.S. players and will be playing in her fourth World Cup added, “UNAIDS asked the U.S. soccer team to help lead this campaign around the world, and we are happy to lend our support on a global stage to a global problem. The UN wants to end pediatric AIDS by 2015 and so do we!”

The captains of the other competing teams, including Australia, Brazil, Canada, Colombia, Equatorial Guinea, Germany, Japan, DPR Korea, Mexico, Nigeria, and Sweden, will also be encouraged to become “Red Card Advocates” by signing the appeal during the tournament and publicize global efforts to eliminate mother-to-child transmission of HIV by 2015.

There are 34 million people globally living with HIV, of whom 22.5 million are in sub-Saharan Africa. Despite progress towards the goal of eliminating new HIV infections among children , in 2009 alone there were 370,000 children born with HIV, bringing to 2.5 million the total number of children under 15 living with HIV.

The 2011 Women’s World Cup is one of several high-profile football championships, including the 2012 African Nations Cup and UEFA Euro 2012, leading up to the 2014 FIFA World Cup in Brazil, that can provide platforms for raising wide awareness about the campaign to eliminate HIV in children.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News 第35号(2011年7月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第35号(2011年7月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2011/07/29 23:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイズにレッドカードを 女子サッカーW杯 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる