エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年国連エイズ特別総会ハイレベル会合が開幕

<<   作成日時 : 2011/06/09 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 国連エイズ特別総会ハイレベル会合が米東部時間8日、開幕しました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)のサイトにさっそく掲載された報告の日本語仮訳です。原稿はほぼ予定稿という感じで、内容はあまりありませんが、とりあえず訳しました。


2011年国連エイズ特別総会ハイレベル会合が開幕   2011 年 6 月 8日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/june/20110608opening/

国家元首、政府首脳をはじめとする国連加盟国代表が今日、ニューヨークの国連総会議場に集まり、国連エイズ特別総会ハイレベル会合が開幕した。

会合には30カ国以上の国家元首、首相、副大統領を代表として出席、加盟国、オブザーバー、市民社会、民間企業などの代表150人が全体会議で演説を行う。また、5つのパネルセッションと40の関連イベントも開かれる。

総会議場ではジョゼフ・ダイス第65回国連総会議長が開会を宣言し、潘基文事務総長が全体会議で開幕演説を行った。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は各国代表に対し「われわれのビジョンであるHIV新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロを含め、この流行を終わらせるための課題に合意を」と開会式の演説で呼びかけた。

「ゼロの達成は掛け声やマジックナンバーではありません。それは実現すべき共通の計画です」とシデベ事務局長は付け加えた。

開幕に先立つ記者会見では、ダイス議長がこの会合の意義を強調。「今回の会合を取り巻くかつてない熱気は、会合が歴史的なイベントとなることを約束するものです。共通の目標を達成するために国連加盟各国が大胆な約束を行うことを期待している」と述べた。

会合はエイズの流行30周年、 国連エイズ特別総会10周年の節目に開催される。加盟国はこれまでに行ってきた約束を再確認し、今後の地球規模のHIV/エイズ対策を主導し、継続していくための新たな宣言の採択を予定している。

会合の最終日である10日に採択が予定される宣言は今後5年間の各国のHIV/エイズ対策の指針になるものだ。



2011 General Assembly High Level Meeting on AIDS opens
08 June 2011

Heads of State and Government and other high level representatives representing Member Nations gathered today in the General Assembly Hall of the United Nations (UN) in New York for the opening plenary of the 2011 General Assembly High Level Meeting on AIDS.

More than 30 Heads of State, Government and Vice Presidents will attend the meeting which will include official plenary—in which 150 speakers representing Member States, Observers, civil society and private sector are expected to speak—and five panel sessions along with 40 individual side events.

Joseph Deiss, President of the 65th session of the UN General Assembly, opened the event. Secretary-General Ban Ki-moon also addressed the opening plenary.

Addressing the opening UNAIDS Executive Director Michel Sidibé called on the gathered leaders to “agree on atransformational agenda to end this epidemic—one that will achieve our vision of zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths.”

“Getting to zero is not an aspirational goal or a magic number. It must be our common plan—to be transformed into reality,” Mr Sidibé added.

At a press conference ahead of the meeting, Mr Deiss highlighted the significance of the event. “The momentum around this meeting is unprecedented and promises to make this an historic event. We are looking to UN Member States to make bold commitments which will help us reach our shared goal,” he said.

The gathering takes place thirty years into the AIDS epidemic, and 10 years since the landmark UN General Assembly Special Session on HIV/AIDS. Member States are expected to adopt a new Declaration that will reaffirm current commitments and commit to actions to guide and sustain the global AIDS response.

On the final day of the High Level Meeting on AIDS, UN Member States are expected to adopt a declaration which will guide country responses to HIV over the next five years.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年国連エイズ特別総会ハイレベル会合が開幕 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる