エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「HIV治療の感染予防効果で画期的な試験結果を確認」

<<   作成日時 : 2011/05/17 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 一方がHIV陽性で他方はHIV陰性というカップルの間でのHIV感染率を調べる国際的な臨床試験の結果が米国で発表されたそうで、その発表を受けたUNAIDSとWHOの合同のプレスレリースが5月12日に出されました。その日本語仮訳です。もとの研究報告のプレスレリースではなく、その発表を歓迎するプレスレリースなので、また聞きのまた聞きみたいな感じですが、とりあえず訳しました。

抗レトロウイルス治療を予防目的に実施すれば、パートナー間でのHIV感染を96%も減らせるという成果が強調され、UNAIDSとWHOはかなり前のめりの感じで歓迎している印象も受けます。早めに治療を始めれば、個人の健康の維持に資するだけでなく、社会的にHIV感染の拡大を防ぐ効果がありますよ・・・ということで、検査の普及に力を入れ、発症のかなり前の段階から治療を始めまることの必要性が強調されています。なんとなくイケイケムードで治療の予防応用が拡大しそうな気配もありますが、UNAIDSとWHOのプレスレリースはコンビネーション予防の重要性といったことも指摘し、治療以外の他の選択肢も含め、予防対策は複合的に進めていく必要があると一応、釘は刺しています。



HIV治療の感染予防効果で画期的な試験結果を確認
どちらか一人がHIV陽性のカップル間のHIV感染が抗レトロウイルス治療で96%減少するというHPTN 052 試験の成果を世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)が歓迎
http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/pressrelease/2011/05/20110512_PR_TrialResults_en.pdf


【ジュネーブ 2011年5月12日】 米国立衛生研究所(NIH)は本日、HIV陽性者が効果的な抗レトロウイルス治療を続けていれば、感染していないパートナーのHIV感染のリスクを96%も減らせるとする臨床試験の成果を発表した。

「この画期的な成果は、状況を大きく変え、予防革命を前進させるものです。HIV治療はさらに優先順位の高い予防の選択肢となりました」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語った。「私たちはいまや、カップルが予防のための治療を選択できるようにする必要があります」

HIV予防試験ネットワークの臨床試験は、アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、米国で一方がHIV陽性、一方がHIV陰性という1700組以上のカップルを対象に行われた。

試験に参加したHIV陽性者は、WHOの現行ガイドラインでは自ら治療を開始する必要のないCD4細胞数350から550の人に限られている。HIVの性感染の減少は試験期間を3、4 年も前倒しして停止するほど大きかった。

「性感染はHIVの新規感染の80%を占めることが分かっているだけに、今回の結果が持つ意味は大きい」とWHOのマーガレット・チャン事務局長はいう。「HIV陽性者がパートナーを守る手助けになるようWHOが7月に発表する新たなガイダンス(手引き)も、この研究の成果によって強い説得力を得られることになります」。治療が予防手段として活用できるようになれば、人々が検査を受ける動機になるだけでなく、HIV感染の有無を明らかにしてパートナーと感染予防について話し合ったり、必要なHIVサービスを利用したりすることができるようになる。また、HIV感染を取り巻く偏見や差別を大きく減らしていく助けにもなる。

「HIV陽性者はいまや、一層の尊厳と確信をもって、愛する人のHIV感染を防ぐ手段をとることができるようになっています」とシデベ氏は述べた。

世界で約3300万人とされるHIV陽性者のうち、自らの感染を知っている人は約半分と推定されている。HIV検査の普及が進めば、エイズ対策に大きな影響をもたらすことになる。新たな調査結果からみて、とりわけ治療へのアクセス拡大がもたらす影響は大きい。

UNAIDSとWHOはカップルに対し、科学的根拠に基づいて複合的なHIV予防法を選択することを最適な選択肢として推奨する。UNAIDSは予防のための治療を利用可能なオプションの1つとするようカップルに求めている。7 月に発表が予定されているWHOの新たなガイドラインは、各国がこの新しいHIV予防策を現実の選択肢に含める助けになるであろう。WHOの新ガイドラインには、HIV検査とカウンセリングのアクセスの拡大、HIV感染と非感染のカップルの間での抗レトロウイルス治療の活用などが推奨事項に含まれる見通しだ。

単一の方法でHIV感染を完全に防ぐことはできない。予防のための治療は他の予防策と組み合わせて実施する必要がある。そうした方法としては、男性用、女性用コンドームの正確かつ安定的な使用、セックス開始年齢の遅延、性交渉の相手の数の減少、男性の割礼、挿入を避ける性行為の工夫といった方法が含まれる。調査結果は重要であり、予防のための治療という方法をしっかりとHIV予防パッケージに組み込まなければならない。

予防のための治療へのアクセスを拡大するには、HIVの検査、カウンセリング、治療の規模拡大に向けて、効率的で費用がかからず、革新的でコミュニティの動員が可能な治療2.0計画の実施が緊急に必要である。

UNAIDS は、新たな成果とそのエイズ対策への活用についてさらに検討するため、パートナー会議を予定している。この会議は、予防のための治療についてUNAIDSとWHOが過去2年間にわたって開いてきた専門家による一連の協議を踏まえて進められるものだ。

UNAIDSとWHOは、予防のための治療をHIV対策の中に組み込み、利用を望んでいる人たちにできるだけ早く提供できるようにするため各国およびパートナー機関と協力して取り組んでいく。



Groundbreaking trial results confirm HIV treatment prevents transmission of HIV
WHO and UNAIDS hail results from the HPTN 052 trial that show antiretroviral therapy to be 96% effective in reducing HIV transmission in couples where one partner has HIV

GENEVA, 12 May 2011—Results announced today by the United States National Institutes of Health show that if an HIV-positive person adheres to an effective antiretroviral therapy regimen, the risk of transmitting the virus to their uninfected sexual partner can be reduced by 96%.

“This breakthrough is a serious game changer and will drive the prevention revolution forward. It makes HIV treatment a new priority prevention option,” said Michel Sidibé, Executive Director of the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). “Now we need to make sure that couples have the option to choose Treatment for Prevention and have access to it.”

The trial, conducted by the HIV Prevention Trials Network, enrolled more than 1 700 sero-discordant couples (one partner who is HIV-positive and one who is HIV-negative) from Africa, Asia, Latin America and the United States of America.

Only people living with HIV with a CD4 cell count of between 350 and 550, thus not yet eligible for treatment for their own health according to latest WHO guidelines, were enrolled in the study. The reduction of sexual transmission of HIV was so significant that the trial was stopped 3-4 years ahead of schedule.

"This is a crucial development, because we know that sexual transmission accounts for about 80% of all new infections," said Dr Margaret Chan, WHO Director-General. "The findings from this study will further strengthen and support the new guidance that WHO is releasing in July to help people living with HIV protect their partners." The availability of Treatment for Prevention will not only empower people to get tested for HIV, but also to disclose their HIV status, discuss HIV prevention options with their partners and access essential HIV services. It will also significantly contribute to reducing the stigma and discrimination surrounding HIV.

“People living with HIV can now, with dignity and confidence, take additional steps to protect their loved ones from HIV,” said Mr Sidibé.

It is currently estimated that only about half of the 33 million people living with HIV know their HIV status. An increase in the uptake of testing for HIV would have a significant impact on the AIDS response, particularly if more people gain access to treatment in light of the new findings.

UNAIDS and WHO recommend that couples make evidence-informed decisions on which combination of HIV prevention options is best for them. UNAIDS urges that Treatment for Prevention be one of the options made available to couples. The new WHO guidelines coming out in July will help countries to make this a reality for people who choose to use this new HIV prevention option. The guidelines will include specific recommendations on increasing access to HIV testing and counseling and the use of antiretroviral therapy among discordant couples.

No single method is fully protective against HIV. Treatment for Prevention needs to be used in combination with other HIV prevention options. These include correct and consistent use of male and female condoms, waiting longer before having sex for the first time, having fewer partners, male circumcision, and avoiding penetrative sex. The significance of the findings put Treatment for Prevention firmly in the HIV prevention package. for sex. The significance of the findings put Treatment for Prevention firmly in the HIV prevention package.

To increase access to the Treatment for Prevention option, the Treatment 2.0 initiative must be urgently implemented to innovate, simplify, reduce costs and mobilize communities to scale up HIV testing and counseling and treatment.

UNAIDS will convene a partners meeting to further discuss this new development and its implications for the AIDS response. This builds on a series of expert consultations which have been convened by UNAIDS and WHO on Treatment for Prevention during the last two years.

UNAIDS and WHO will work with countries and partners to make Treatment for Prevention an integral part of the HIV response and to ensure it is made available to people who wish to use it as soon as possible.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「HIV治療の感染予防効果で画期的な試験結果を確認」 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる