エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS HIV感染を犯罪として扱う法律に対し、各国で問われる正当性

<<   作成日時 : 2011/04/29 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) HIVの感染を犯罪として扱う法律について、その妥当性を疑問視する動きが各国で強まっていることを国連合同エイズ計画(UNAIDS)が公式サイトで報告して報告の日本語仮訳です。UNAIDSはこの問題の検討を進めるため、関連分野の専門家からなる作業班を発足させており、その検討の結果は国連開発計画(UNDP)が中心になって2010年6月に設けられたHIVと法律に関する世界委員会に報告されるということです。


HIV感染を犯罪として扱う法律に対し各国で問われる正当性
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/april/20110426criminalization/

 デンマーク司法相は2011年2月17日、刑法252条の停止を発表した。この法律はHIV感染そのものを犯罪として扱う西欧地域で唯一の法律であり、これまでに18人が起訴されている。

HIVおよびその感染に関する最善の科学的根拠に基づいてこの法律の改廃の是非を判断するため、デンマーク政府は作業班を作って検討を進めてきた。

デンマークだけが例外なわけではない。ノルウェーでも昨年、同様の公式委員会がつくられ、公衆衛生を脅かす感染症を故意または過ってうつすことを犯罪として扱う刑法155条の見直しを進めている。この法律で起訴されたのはこれまでのところHIV感染のケースだけである。

HIV感染に関する起訴件数が世界で最も多い米国でも、政府は2010年7月に発表した国家エイズ戦略の中で、HIV感染を犯罪として扱う法律に対する疑念を表明している。米国内では34州と2地域で、そうした法律がある。この結果、誰かに唾を吐いたり、噛んだりといったHIV感染のリスクがないような行為でも、HIV陽性者が有罪判決を受けている。

HIVプログラムがある州や地域の公衆衛生当局者でつくる州地域エイズ担当者全国連合(NASTAD)は2011年2月、HIV感染の犯罪化を過度に広げるような法律の「むしばむような影響」について懸念を表明した。エイズ担当者らは、「保健科学」に基づかず、HIV検査や治療の普及を阻むような法律の廃止を求めた。

前向きな動きはアフリカでも報告されている。過去1年でギニア、トーゴ、セネガルの少なくとも3カ国が、既存のHIV関連法規を改定したり、刑事罰の適用は意図的にHIVを感染させようとする例外的なケースのみに制限する新たな法律を採用したりしている。


刑法を考えるうえで必要な科学的根拠の提供

一連の変化は、HIV感染のリスクと害に関する各国政府の理解、とりわけ抗レトロウイルス治療を受けている人からの感染の可能性は大きく減少するという医科学的な根拠のもとでの理解が進んできたことを示している。

HIV対策の観点からの刑法理解を助けるため、国連合同エイズ計画(UNAIDS)はHIV感染の犯罪化について、科学、医療、法律、人権の側面からの問題点を調査するプロジェクトを発足させた。このプロジェクトはHIV感染を犯罪として扱うことがかりにあるとすれば、それは社会正義にかなうものかどうか、公衆衛生を守るために最新の最も適切な科学的根拠と法理念に合致しているものであるかどうかを確認することを目的としている。プロジェクトはノルウェー政府の支援を受けており、HIV感染を理由に起訴される件数が最も多い高所得国に焦点を当てることになる。

この計画は、HIV感染の犯罪化に関する科学、医療、法律、人権問題を検証する2 つの専門家会合で構成される。また、高所得におけるHIV感染の犯罪化に関する国際会議も予定されている。プロジェクトはさらに、UNAIDSと国連開発計画(UNDP)が2008年に発表したHIV感染の犯罪化に関する政策概要についても検討を加える。その結果は UNDPとUNAIDSが2010年6月にスタートさせたHIVと法律に関する世界委員会に報告されることになる。

UNAIDS は各国政府に対し、HIVに関連したいかなる法改革も、HIV陽性者を含め、その法律に影響を受ける人の参加を前提に進めることを求めている。



Countries questioning laws that criminalize HIV transmission and exposure

On 17 February 2011, Denmark’s Minister of Justice announced the suspension of Article 252 of the Danish Criminal Code. This law is reportedly the only HIV-specific criminal law provision in Western Europe and has been used to prosecute some 18 individuals.

A working group has been established by the Danish government to consider whether the law should be revised or abolished based on the best available scientific evidence relating to HIV and its transmission.

This development in Denmark is not an exception. Last year, a similar official committee was created in Norway to inform the ongoing revision of Section 155 of the Penal Code, which criminalises the wilful or negligent infection or exposure to communicable disease that is hazardous to public health—a law that has only been used to prosecute people transmitting HIV.

In the United States, the country with the highest total number of reported prosecutions for HIV transmission or exposure, the National AIDS Strategy adopted in July 2010 also raised concerns about HIV-specific laws that criminalize HIV transmission or exposure. Some 34 states and 2 territories in the US have such laws. They have resulted in high prison sentences for HIV-positive people being convicted of “exposing” someone to HIV after spitting on or biting them, two forms of behaviour that carry virtually no risk of transmission.

In February 2011, the National Alliance of State and Territorial AIDS Directors (NASTAD), the organization representing public health officials that administer state and territorial HIV programmes, expressed concerns about the “corrosive impact” of overly-broad laws criminalizing HIV transmission and exposure. The AIDS Directors called for the repeal of laws that are not “grounded in public health science” as such laws discourage people from getting tested for HIV and accessing treatment.

Positive developments have also been reported in Africa. In the past year, at least three countries—Guinea, Togo and Senegal—have revised their existing HIV-related legislation or adopted new legislation that restrict the use of the criminal law to exceptional cases of intentional transmission of HIV.


Best available scientific evidence to inform the criminal law

These developments indicate that governments are also calling for a better understanding of risk, harm and proof in relation to HIV transmission, particularly in light of scientific and medical evidence that the infectiousness of people receiving anti-retroviral treatment can be significantly reduced.

To assist countries in the just application of criminal law in the context of HIV, UNAIDS has initiated a project to further investigate current scientific, medical, legal and human rights aspects of the criminalization of HIV transmission. This project aims to ensure that the application, if any, of criminal law to HIV transmission or exposure is appropriately circumscribed by the latest and most relevant scientific evidence and legal principles so as to guarantee justice and protection of public health. The project, with support from the Government of Norway, will focus on high income countries where the highest number of prosecutions for HIV infection or exposure has been reported.

The initiative will consist of two expert meetings to review scientific, medical, legal and human rights issues related to the criminalization of HIV transmission or exposure. An international consultation on the criminalization of HIV transmission and exposure in high income countries will also be organized. The project will further elaborate on the principles set forth in the Policy brief on the criminalization of HIV transmission issued by UNAIDS and UNDP in 2008. Its findings will be submitted to the UNDP-led Global Commission on HIV and the Law, which was launched by UNDP and UNAIDS in June 2010.

As with any law reform related to HIV, UNAIDS urges governments to engage in reform initiatives which ensure the involvement of all those affected by such laws, including people living with HIV.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HIV感染を犯罪として扱う法律に対し、各国で問われる正当性 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる