エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS UNAIDS、UNDP、WHOがHIV治療の維持と拡大の可能性を懸念

<<   作成日時 : 2011/03/19 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) EUとインドのFTA(自由貿易協定)交渉など、最近は抗HIV治療普及のために途上国に医薬品を安価で提供するための枠組みをなし崩しにしていく動きがみられるため、UNAIDS、UNDP、WHOがこうした動きを懸念するプレスレリースを共同で発表しました。世界貿易機関(WTO)で認められている医薬品の知的所有権に関する柔軟な取り決めを活用しようという呼びかけです。



 UNAIDS、UNDP、WHOがHIV治療の継続と拡大の可能性を懸念 

 UNAIDS、UNDP、WHOは各国に対し、HIV治療のコスト削減とアクセス改善のためにTRIPS協定で示されている柔軟な取り扱いを活用することを奨励

http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/pressrelease/2011/20110315_PR_TRIPS_en.pdf


【ジュネーブ 2011年3月15日】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)、国連開発計画 (UNDP)、世界保健機関(WHO)は、手頃な価格のHIV治療が長期的に持続可能なのかどうか深く懸念している。

本日行われた政策説明の中で、UNAIDS、UNDP、WHOは、治療が最も必要な人たちへに対するHIV治療薬のアクセス拡大をめざし、世界貿易機関(WTO)のTRIPS(知的所有権の貿易に関する側面)協定で定められている薬価引き下げのための知的所有権の柔軟な取り扱い、およびTORIPS協定と公衆衛生に関するドーハ宣言を必要に応じて活用するよう各国に求めた。

 「今後のHIV治療プログラムについて非常に心配しています」とUNAIDSのポール・ ド・レイ副事務局長(プログラム担当)はいう。「治療が必要な人の3 分の1程度にしか治療アクセスは確保できていません。現在の経済情勢では、それすらも長期的に維持することは難しいでしょう。HIVサービスを最も必要とする人たちが利用可能になるプログラムの継続、拡大をはかるため、各国はTRIPS協定の柔軟な取り扱いなどあらゆる手段を使わなければなりません」

2009年末時点で、抗レトロ ウイルス治療が必要なHIV陽性者は約1500万人と推定されている。実際に治療を受けているのはこのうち520万人である。

過去10年で、低所得国におけるファーストライン(最初の組み合わせ)の抗レトロウイルス薬の1人あたり年間価格は、2010年の最も安価なWHO推奨ファーストライン処方で116ドル以下になっており、2000年段階の1万ドル以上と比べると約99%低下している。ただし、多くの中、低所得国において、とりわけセカンドライン処方の価格はいまなお高い。

「途上国では現在、数百万人がファーストラインHIV治療を受けており、手頃な価格による治療薬の安定的な供給が頼りです。その治療が妨げられることは薬剤耐性ウイルスの出現につながり、セカンドライン治療への切り替えを余儀なくされます。費用は少なくとも6倍以上になります」とWHOのゴットフリート・ヒルンシャルHIV/エイズ部長は語る。「貿易面での柔軟な対応などあらゆる手段を使い、品質が保証された治療薬の価格を引き下げることがかつてなく重要です」

不安定な経済情勢のために状況はさらに悪化している。2009年のHIV資金確保額は08年を下回った。予算の削減や他の政策との優先順位をめぐる競合によって、現在の治療プログラムの継続は一段と困難になっている。おまけに、交渉が進められている二国間や地域の自由貿易協定は、途上国がTRIPS協定で認められた柔軟性を活用する権利を制限するものだ。いかなる自由貿易協定もドーハ宣言の原則に準拠したものでなければならないことを先進国政府も途上国政府もともに確認すべきである。

UNDPのジェフリー・オマリーHIV対策部長は「TRIPS協定の柔軟性を活用すれば、各国は強制特許の発令が可能だし、手ごろな価格のジェネリック抗レトロウイルス薬へのアクセス確保のためにTRIPS協定やドーハ宣言で認められている他のメカニズムを使うこともできます。それによって各国は安価なジェネリック医薬品の製造が可能になるし、生産力がなかったとしても別の国から輸入することができます」

ブラジルはTRIPSの柔軟な取り扱いによってefavirenzの強制特許を発令し、ジェネリック薬を使えるようにした結果、1ドースあたり1.6ドルだった価格を3分の1以下の0.45ドルに引き下げている。この大きな価格差は、国家機関その他のサービス提供者が必要な人たちに抗レトロウイルス薬を提供する力があることを意味している。

TORIPS協定の柔軟性があっても、それを活用するには法改正が必要な国が多い。UNAIDS、UNDP、WHOは、各国の要請があれば、治療へのアクセス拡大を支援し、TRIPS協定の柔軟性を活用するために必要な技術的なサポートを提供する用意がある。

UNAIDSとWHOは、より安く、効果的で、許容可能な治療薬の組み合わせと検査へのアクセス拡大を加速するため、2010年に治療2. 0計画をスタートさせた。新しい治療薬を開発し、知的所有権に関する新たなアプローチを支援するための努力は続けていかなければならない。TRIPS協定の柔軟性の活用は、今後数年間のHIV治療のアクセス拡大のカギをにぎっている。




UNAIDS/UNDP/WHO concerned over sustainability and scale up of HIV treatment

UNAIDS, UNDP and WHO encourage countries to use the flexibilities as set out in the TRIPS agreement to lower costs and improve access to HIV treatment


GENEVA, 15 March 2011—The Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), the United Nations Development Programme (UNDP) and the World Health Organization (WHO) are deeply concerned about the long-term sustainability of access to affordable HIV treatment.

In a new policy brief launched today, UNAIDS, UNDP and WHO urge countries, where appropriate, to use the intellectual property and trade flexibilities set out in the World Trade Organization Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights (TRIPS), and the Doha Declaration on the TRIPS agreement and public health, in order to reduce the price of HIV medicines and expand access to people most in need.

“We are seriously concerned about the future of HIV treatment programmes,” said Paul De Lay, Deputy Executive Director, Programme, UNAIDS. “Only about one third of people in need have access to treatment. In the current economic climate even sustaining that over the long-term will be a challenge. Countries must use all the means at their disposal, including the TRIPS flexibilities, to ensure sustainability and the significant scale up of HIV services to reach people most in need.”

At the end of 2009, nearly 15 million people were estimated to be in need of antiretroviral treatment for HIV and 5.2 million people had access to the life-saving therapy.

Over the last 10 years the annual cost of a first-line antiretroviral regimen for low-income countries decreased by almost 99%––from more than US$ 10 000 per person in 2000 to less than US$ 116 for the least expensive WHO-recommended first-line regimen in 2010. However, prices are still too high for many low- and middle-income countries, especially for second-line regimens.

"Millions of people in developing countries now depend on a steady supply of affordable first-line treatment for HIV. If their treatment is interrupted, which can lead to drug resistance, these patients will have to switch to a second-line regimen. That can be at least six times more expensive than the first-line regimen," said Dr Gottfried Hirnschall, Director of WHO's HIV/AIDS Department. "Making full use of trade flexibilities and other cost reduction strategies for quality medicines is now more important than ever."

The challenge is further exacerbated by an uncertain economic climate. In 2009, funding for HIV was lower than in 2008. This is putting current treatment programmes under increased strain because of reduced budgets and competing priorities. In addition, proposed bilateral and regional free trade agreements could limit the ability of developing countries to use the TRIPS flexibilities. Governments in both developed and developing countries should ensure that any free trade agreements comply with the Principles of the Doha Declaration.

Jeffrey O’Malley, Director of UNDP’s HIV Practice said, “Using TRIPS flexibilities will allow countries to issue compulsory licences and to use other mechanisms provided by the TRIPS Agreement and Doha Declaration to obtain access to affordable generic antiretroviral medicines. This means a country could produce generic medicines at a lower cost or, if it does not have manufacturing capacity, import lower-cost, generic medicines from another country.”

Brazil issued a compulsory license for efavirenz through the TRIPS flexibilities which brought the price down by more than two-thirds, from US$ 1.60 per dose to US$ 0.45 for the generic version. Such price differences have enormous implications for the ability of national authorities and other service providers to deliver antiretroviral treatment to people in need.

Despite the opportunities provided by the TRIPS flexibilities, many countries have yet to amend their laws to incorporate them. UNAIDS, UNDP and WHO will continue to support countries, on their request, to increase access to treatment and provide technical assistance to implement the TRIPS flexibilities to scale up access to antiretroviral medicine.

UNAIDS and WHO launched the Treatment 2.0 initiative in 2010 to accelerate access to cheaper, more effective and tolerable drug combinations and diagnostics. Efforts must be maintained to spur much-needed innovation in developing new medicines and to support new intellectual property approaches. Incorporating and using the available TRIPS flexibilities will also be key to expanding access to HIV treatment in the coming years.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
UNAIDS、UNDP、WHOがHIV治療の維持と拡大の可能性を懸念 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる