エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 中東・北アフリカのエイズの流行の現状と対策の優先順位

<<   作成日時 : 2011/02/23 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)これまで情報があまり得られなかった中東・北アフリカのHIV/エイズの流行について、世界銀行と国連合同エイズ計画(UNAIDS)、世界保健機関(WHO)が各国データを集約して報告書にまとめ、2月15日に米・ワシントンDCの世銀本部で開かれた会合で公表しました。UNAIDSのサイトに掲載されたその紹介文の日本語仮訳です。

なお、英文の報告書「Characterizing the HIV/AIDS Epidemic in the Middle East and North Africa」は以下のサイトで見ることができます。
http://issuu.com/world.bank.publications/docs/9780821381373/1?zoomed=&zoomPercent=&zoomX=&zoomY=&noteText=&noteX=&noteY=&viewMode=magazine


沈黙を破る : 中東・北アフリカにおけるエイズの流行の現状と対策の優先順位
2011年2月21日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/february/20110221wb/

中東・北アフリカ地域のHIV感染に関する情報は非常に限られており、拡大する流行の姿がつかめない状態だ。この地域のエイズに関する知識の向上に貢献すべく、世界銀行は最近、地域内のエイズの流行について初の包括的かつ科学的な検討を行うための会議を開いた。

世界銀行と国連合同エイズ計画(UNAIDS)、世界保健機関(WHO)が協力してまとめた画期的な報告書が、ワシントンの世界銀行本部で開かれた会合の焦点となった。2月15日の会合には、同地域の政治家、行政官、研究者、市民社会組織の代表、およびパートナーらが参加した。域内の社会的、政治的大変動が進行する中で、会合では資金の有効活用のための対策の優先順位に関して議論が進められた。


北アフリカ・中東におけるHIV感染の流行

HIV感染はすでに北アフリカ・中東のすべての国に広がっている。ウイルスの感染経路はさまざまであり、多様なリスクが存在している。ジブチとスーダンではすでに感染は社会一般に拡大しているが、他の地域では社会全体のHIV陽性率は低い。約100万人(人口の0.2%)の注射薬物使用者、男性と性行為をする男性およびその性パートナー、セックスワーカーらがHIV陽性率の最も高い層である。また、かなりの数の人が海外で生活し、働いているときにHIVに感染している。

多くの国で、消毒をしない注射器具の使用など感染リスクの高い行為が広くみられる。これはHIV感染がすでに集中して起きている集団の中で、さらに感染拡大の可能性があることを示すものだ。

社会的な偏見の広がりなど、HIV感染の拡大要因となる課題も多い。


今後に向けて

報告書の中心的な著者であるレイスj.アブラダドは世銀会合に参加し、現時点で流行の現状をより詳しく理解し、有効な対策の構築を急ぐ必要があるとの考えを示した。「われわれはもはや、暗闇の中で域内のHIV感染の流行に対応しているわけではない。データは得られているし、HIV感染に関していま何が起きており、それがどのような影響をもたらすのかも分かっている」と彼は付け加えた。「この地域の流行の拡大に対処するために何を優先すべきなのかは明らかだ。政策立案者とパートナーはいまこそ行動しなければならない」

現在の中東・北アフリカ地域の政治状況は、持続的な変化を促す機会になるとの見方で会議参加者は一致した。参加者らは、対策の主要対象となる集団の人々が長期的な健康を享受し、それが社会的な利益を生み出すことになるよう、それらキー集団への根拠に基づいた予防対策に資源を集中する必要があることを政策立案者に呼びかけた。

偏見と差別に取り組み、HIV検査、ケア、治療のサービスのためのアクセスを大幅に拡大することも重要だ。

市民社会組織や対象人口層、HIV陽性者との協力も効果的な対策の実現のカギを握っている。進歩をしっかりと根付かせ、偏見にさらされ弱い立場に追い込まれている人たちにその成果を届けるには、草の根の組織の力をつけることも不可欠である。

報告書には、アフガニスタン、アルジェリア、バーレーン、ジブチ、エジプト、イラン、イラク、ヨルダン、クウェート、レバノン、リビア、モロッコ、オマーン、パキスタン、カタール、サウジアラビア、ソマリア、スーダン、シリア、チュニジア、アラブ首長国連邦、西岸とガザ地区 (パレスチナ)、イエメンのデータが含まれている。



Breaking the silence: Fact and priorities for the AIDS response in the Middle East and North Africa
21 February 2011

Information about the spread of HIV in the Middle East and North Africa region has been extremely limited, with no real picture of the epidemic emerging. As a major contribution to increasing knowledge of AIDS in the region, the World Bank recently convened a discussion to highlight the first ever comprehensive scientific analysis of the epidemic.

A groundbreaking report, a joint effort involving the World Bank, UNAIDS and the World Health Organization, was the focus of the event at the Bank’s Washington Headquarters. The event on 15 February brought together policy makers from the region, politicians, researchers, civil society actors, and partners. They discussed the findings and implications for prioritizing resources amid the fundamental social and political changes currently affecting the region.


HIV in North Africa and the Middle East

HIV infection has already reached all corners of North Africa and the Middle East. There are substantial differences in the way the virus is spread across the region and various risk contexts are present. The epidemic has become generalized in Djibouti and Sudan, though prevalence in the general population in most other countries is low. The nearly one million people who inject drugs (0.2% of the population), men who have sex with men and their sexual partners, and commercial sex networks are the most impacted by HIV. A significant number of individuals have also contracted the virus while living and working abroad.

Levels of risk behaviour, such as using non-sterile injecting equipment, are high in a number of countries in the region. This confirms the potential for further HIV spread among the key populations.

A number of social challenges, including pervasive stigma, are also facilitating the spread of the virus.


The way forward

Laith J. Abu-Raddad, the report’s main author, who participated in the World Bank discussion, believes that with today’s greater understanding of the epidemic, time is of the essence in building a more meaningful response. “We are no longer groping in the dark on HIV in the region. The data are now available and we have a good understanding of what’s happening with regard to HIV transmission and the populations affected.” He added, “The priorities are clear to address the problem of the rising epidemics in the region and it is time for policy makers and partners to take action.”

Participants at meeting agreed that the current political climate presents a window of opportunity for sustained change. They called on policy makers to focus investment on evidence-informed prevention efforts for key populations to yield long term health and social benefits.

Stigma and discrimination must also be challenged and access to testing, care, and treatment services expanded substantially.

A partnership with civil society, concerned populations and people living with HIV will be the cornerstone of effective implementation. Strengthening grassroots organizations is considered essential for cementing progress made and reaching the most stigmatized and vulnerable.

The report includes data on Afghanistan, Algeria, Bahrain, Djibouti, the Arab Republic of Egypt, the Islamic Republic of Iran, Iraq, Jordan, Kuwait, Lebanon, Libya, Morocco, Oman, Pakistan, Qatar, Saudi Arabia, Somalia, Sudan, the Syrian Arab Republic, Tunisia, the United Arab Emirates, West Bank and Gaza (Occupied Palestinian Territories), and the Republic of Yemen.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中東・北アフリカのエイズの流行の現状と対策の優先順位 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる