エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月8〜10日にNYで国連総会エイズ・ハイレベル会合

<<   作成日時 : 2011/02/05 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 2001年の国連エイズ特別総会から10年の節目である今年6月、ニューヨークの国連本部で、その特別総会で採択されたコミットメント宣言、およびその5年後の2006年レビュー総会で採択された政治宣言の実施状況を検証する国連総会エイズ・ハイレベル会合が開かれます。その概要と国連幹部のあいさつなどの日本語仮訳です。


エイズ流行30周年を迎え、世界の指導者が2011年6月の国連総会エイズ・ハイレベル会合に参加
2011年2月4日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2011/february/20110204hlm/


エイズ流行30周年、国連エイズ特別総会10周年の節目に、これまでの成果を検証し、今後の方針をさぐる2011年国連総会エイズ・ハイレベル会合が6月8-10日にニューヨークで開かれる。

加盟国はこれまでの約束を再確認し、世界のエイズ対策を持続させるための新たな宣言を採択する見通しだ。

会合はジョゼフ・ダイス第65期国連総会議長が各国に参加を呼びかけ、開催される。「エイズ・ハイレベル会合にすべての国が結集してほしい。協力してエイズ対策の方針を打ち出していきましょう」とダイス議長は書く。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)のデータによると、HIVの予防、治療、ケア、支援のユニバーサルアクセスを目指すことにより、新たな感染者ゼロ、差別ゼロ、エイズによる死者ゼロのビジョンに向けて着実な進展が認められる。ただし、偏見と差別に妨げられているので、必要なサービスがすべての人に届いているわけではない。いまなお1000万人がHIV治療を受けられずに待機しており、1人が治療を開始できるようになる間に、別の2人が新たにHIVに感染している状態だ。

国連の潘基文事務総長は、いまこそ世界の連帯と協力が必要だと強調している。「2011年国連総会エイズ・ハイレベル会合は、エイズの流行の歴史上、極めて重要な時期に開催される。ユニバーサルアクセスの実現に向け、エイズ対策30年の節目に団結しましょう。私たち、きっぱりと、新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズによる死亡ゼロのコースを設定するのです」と事務局長は書く。

会合は世界的な財政緊縮傾向の中で開かれる。ドナー国も受け入れ国も、革新的な資金確保、技術移転、エイズ対策と健康その他のサービスとの統合といった新たな課題に直面している。

世界には3330万人のHIV陽性者がいることを指摘し、UNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は「このハイレベル会合でなされる決定が、今日および将来の世代にわたり、たくさんの人たちの生命を救えるかどうかの分かれ目になる」と述べている。



Thirty years into the AIDS epidemic, leaders will gather in June for 2011 UN General Assembly High Level Meeting on AIDS    04 Feburary 2011


Thirty years into the AIDS epidemic, and 10 years since the landmark UN General Assembly Special Session on HIV/AIDS, the world will come together to review progress and chart the future course of the global AIDS response at the 2011 UN General Assembly High Level Meeting on AIDS from 8 –10 June 2011 in New York.

Member States are expected to adopt a new Declaration that will reaffirm current commitments and commit to actions to guide and sustain the global AIDS response.

The meeting will be convened by the President of the 65th Session of the United Nations General Assembly H.E. Joseph Deiss, who has urged countries to participate in the event. “I call on all nations to unite at the High Level Meeting on AIDS. Together we can chart the future of the AIDS response,” wrote Mr Deiss.

UNAIDS data shows that steady progress is being made towards the vision of zero new infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths through universal access to HIV prevention, treatment, care and support. However, stigma and discrimination continue to be obstacles and services do not reach everyone in need. There are still 10 million people waiting for HIV treatment and for every person starting treatment, two others become infected.

The Secretary-General of the United Nations Ban Ki-moon has highlighted the need for global solidarity and partnership at this time. “The 2011 High-Level Meeting on AIDS comes at a pivotal moment in the history of the epidemic. Thirty years into the AIDS response, let us unite for universal access. Let us, once and for all, set the course for zero new HIV infections, zero discrimination, and zero AIDS-related deaths,” wrote Mr Ban.

The event will take place in a global context of fiscal austerity. Both donor and recipient countries face new opportunities and challenges through such issues as innovative financing, technology transfer and the integration of AIDS and health and other services.

Remembering the 33.3 million people living with HIV, UNAIDS Executive Director Michel Sidibé reminds us: “The decisions made at this High Level Meeting on AIDS will change lives today and for future generations.”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月8〜10日にNYで国連総会エイズ・ハイレベル会合 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる