エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 【UNAIDS戦略目標】2015年までの戦略目標

<<   作成日時 : 2011/01/10 16:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の報告書「GETTING TO ZERO/UNAIDS戦略2011-2015」の中で示された戦略目標が、UNAIDSの公式サイトでも紹介されています。今後5年間の世界のHIV/エイズ対策のロードマップということなので、【UNAIDS戦略目標】のカットを付けて少しずつ日本語の仮訳作業を進めます。



UNAIDS 2015年までの戦略目標
 http://www.unaids.org/en/strategygoalsby2015/
 
 国連エイズ合同計画(UNAIDS)の戦略目標は、HIVの予防、治療、ケア、サポートのユニバーサルアクセス達成に向けて各国が成果を上げ、HIV感染の拡大に歯止めをかけて縮小に転じ、2015年までにミレニアム開発目標を達成できるようにすることを目指している。

 2010年12月のプログラム理事会で採択された戦略は、新たな世界環境のもとで機能することを意図したものだ。エイズ対策は長期の投資であり、HIV予防に革命をもたらし、新たな次元の治療、ケア、支援を促し、人権を尊重し、男女の平等を促進する必要がある。

2015年までのUNAIDS戦略目標:
・若者、男性とセックスをする男性(MSM)、およびセックスワークによるHIVの性感染を半減させる。
・母子感染をなくし、エイズ関連の妊産婦死亡率を半減させる。
・薬物使用者の新規感染をすべて防ぐ。
・HIV陽性者に対する抗レトロウイルス治療のユニバーサルアクセスを実現する。
・HIV陽性者の結核による死亡を半減させる。
・HIV陽性者およびエイズに影響を受けている家族がすべて、国の社会保障政策の対象となり、必要なケアと支援が受けられるようにする。
・HIV感染、セックスワーク、薬物使用、同性愛を刑罰の対象とするような法律や政策を採用し、効果的対策の実現を妨げている国の数を半分に減らす。
・入国、滞在、居住についてHIV関連の規制のある国の半数がそうした規制を撤廃する。
・各国のHIVプログラムの少なくとも半数はHIV関連の女性や少女のニーズに取り組む。
・ジェンダーに基づく暴力をゼロにする。

 UNAIDSの戦略目標は、「新規HIV感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロ」というUNAIDSのビジョンを達成するための工程表である。

 戦略は、統合された予算と説明責任の枠組みに支えられている。戦略を遂行し、資金確保と再配分にあたり、成果を測定し、結果を報告するための枠組みである。



Strategy Goal By 2015

The UNAIDS strategy aims to advance global progress in achieving country set targets for universal access to HIV prevention, treatment, care and support and to halt and reverse the spread of HIV and contribute to the achievement of the Millennium Development goals by 2015.
 
Adopted by the Programme Committee Board in December 2010, the strategy works to position the HIV response in the new global environment. The AIDS response is a long term investment and the intent of the strategy is to revolutionize HIV prevention, catalyse the next phase of treatment, care and support, and advance human rights and gender equality.

UNAIDS strategy goals by 2015:

-Sexual transmission of HIV reduced by half, including among young people, men who have sex with men and transmission in the context of sex work
-Vertical transmission of HIV eliminated, and AIDS-related maternal mortality reduced by half
-All new HIV infections prevented among people who use drugs
-Universal access to antiretroviral therapy for people living with HIV who are eligible for treatment
-TB deaths among people living with HIV reduced by half
-People living with HIV and households affected by HIV are addressed in all national social protection strategies and have access to essential care and support
-Countries with punitive laws and practices around HIV transmission, sex work, drug use or homosexuality that block effective responses reduced by half
-HIV-related restrictions on entry, stay and residence eliminated in half of the countries that have such restrictions
-HIV-specific needs of women and girls are addressed in at least half of all national HIV responses
-Zero tolerance for gender-based violence

The UNAIDS strategy is a roadmap for the Joint Programme with concrete goals marking milestones on the path to achieving UNAIDS’ vision of “Zero new HIV infections. Zero discrimination. Zero AIDS-related deaths.”
The strategy will be underpinned by a new Unified budget and accountability framework. The framework will operationalize the strategy, mobilize and allocate resources for its implementation, measure progress and report on results.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モンブラン ハンバーグ
【UNAIDS戦略目標】2015年までの戦略目標 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/ウェブリブログ ...続きを見る
モンブラン ハンバーグ
2013/11/25 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【UNAIDS戦略目標】2015年までの戦略目標 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる