エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS UNAIDS この1年

<<   作成日時 : 2010/12/23 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウエブサイトに12月21日付で掲載された2010年の評価です。いきなり、この1年を《a landmark year》と総括していますが、ちょっと盛り上がりすぎではないかという印象も受けます。


UNAIDS この1年 2010年12月21日
 http://unaidstoday.org/?p=2176

 2010年はエイズ対策の記念すべき年となった。国連合同エイズ計画(UNAIDS)は11月、エイズの流行は止まり、世界のHIV感染は拡大から反転し始めていると報じた。この重要な報告書「世界のエイズ流行2010」の中で、UNAIDSはHIVの新規感染率は過去10年間で20%近く減少し、エイズ関連の死者も過去5年で20%近く減少していると報告した。報告書は世界のHIV陽性者数が頭打ちになっているとしている。

エイズの流行が最も深刻なサハラ以南アフリカの34か国を含め、世界の56か国でHIVの新規感染は横ばい、もしくは最高25%以上の減少を示しており、エイズ対策へのこれまでの投資は成果をもたらしている。さらに推定500万人以上が抗レトロウイルス治療を受けられるようになった。この1年で30%の増加である。

 しかし、2009年の資金拠出国の支出額は08年を下回っており、2010年はエイズ対策の資金が初めて増加しなかった年でもあった。エイズ対策の需要が供給額を大きく上回っている時期だけに、これは非常に残念なことだ。現状は新たに1人が抗レトロウイルス治療を受けられるようになる間に2人がHIVに感染している。

 6月にウィーンで開かれた第19回国際エイズ会議には193か国から2万人が参加し、持続的で資金を最大限に生かすことのできるエイズ対策を実現するためにUNAIDSは予防革命とTretment2.0計画を呼びかけた。

 世界の指導者たちは9月にニューヨークの国連本部で開かれたMDGサミットに集まり、エイズ対策の強化し、広範な保健と開発の課題に成果をもたらすための新たなパートナーシップのモデルを求めた。

 2010年には医科学研究の分野の大きな進展があった。CAPRISA研究はマイクロビサイドの使用で女性の性感染のリスクを39%下げることを示した。また、IPREX研究は1日1回の治療薬の服用が男性とセックスをするHIV陰性の男性およびトランスジェンダーの女性の性感染のリスクを平均43.8%下げることを示した。

 UNAIDSの理事会は2010年に「新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロ」の新たな目標を承認した。理事会はまた、UNAIDS戦略2011-2015を採択した。戦略はHIV予防を革命的に変え、新たな治療、ケア、支援への道を開き、人権とジェンダーの平等を推進することを目指している。


UNAIDS - A year in review
 21 December, 2010

2010 has been a landmark year in the AIDS response. In November UNAIDS reported that the AIDS epidemic had been halted and that the world is beginning to reverse the spread of HIV. In its flagship report, the 2010 UNAIDS Report on the global AIDS epidemic, UNAIDS reported that the rate of new HIV infections had been reduced by nearly 20% in the past 10 years, that AIDS related deaths had been reduced by nearly 20% in the last five years and that the total number of people living with HIV had stabilised.

 Investments made to date in the AIDS response were seen to be bearing fruit as the rate of new infections stabilised or decreased by more than 25% in at least 56 countries around the world, including 34 countries in sub-Saharan Africa, the area which continues to be most affected by the epidemic. In addition, more than 5 million people were estimated to be receiving antiretroviral treatment––a scale up of 30% in just one year.

However, 2010 was also a year in which for the first time resources for the AIDS response did not increase, with donor disbursements lower in 2009 than in 2008. This disappointing news came at a time when demand is continuing to outstrip supply in the AIDS response. For every one person who starts antiretroviral treatment a further two become infected with the virus.

At the XVIII International AIDS Conference which took place in Vienna in June, the 20,000 participants from 193 countries rallied behind UNAIDS’ call for a Prevention revolution and the Treatment 2.0 initiative which will help to ensure a cohesive and resource-maximizing AIDS response.

World leaders gathered at the United Nations for the MDG Summit in September and called for a new model of partnership to strengthen the AIDS response and achieve broader health and development outcomes.

Major developments were brought to light in 2010 in the field of scientific research. These included the CAPRISA study which found a microbicide gel to be 39% effective in reducing a woman’s risk of becoming infected with HIV during sex and the IPREX study which found that a pill taken once daily reduces the risk of HIV infection by an average of 43.8% for HIV-negative men, and transgender women, who have sex with men.

In 2010, UNAIDS’ board endorsed a new vision of “Zero new infections. Zero discrimination. Zero AIDS-related deaths.” The board also adopted the UNAIDS strategy 2011–2015. The intent of the strategy is to revolutionize HIV prevention, catalyse the next phase of treatment, care and support, and advance human rights and gender equality.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
UNAIDS この1年  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる