エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 貿易協定はユニバーサルアクセスに向けた努力を妨げてはならない UNAIDSプレスステートメント

<<   作成日時 : 2010/12/13 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 二国間、多国間の自由貿易協定交渉が活発化する中で、エイズ治療薬の普及を妨げる動きが顕著になるのではないかという懸念が広がっています。エイズ治療に使われるジェネリック抗レトロウイルス薬の80%は現在、インドで製造され、途上国で使われる治療薬の主要供給源になっているのですが、たとえばEUとインドの自由貿易協定交渉では、長期間の特許期間や知的財産の保護に関する内容が盛り込まれようとしているのではないかと伝えられています。途上国でジェネリック薬の使用が困難になる可能性があることから、UNAIDSはこうした動きを警戒するプレスステートメントを発表しました。その日本語仮訳です。貿易交渉や薬の知的所有権に詳しい方に分かりやすく説明していただけるとありがたいですね。どなたか、いかがでしょうか。


貿易協定はHIV予防、治療、ケア、支援のユニバーサルアクセスに向けた努力を妨げてはならない  UNAIDSプレスステートメント
http://unaidstoday.org/wp-content/uploads/2010/12/20101209_PS_TRIPS_en.pdf

【ジュネーブ 2010年12月9日】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)はすべての国に対し、2国間および多国間の貿易協定がHIVの予防、治療、ケア、支援のユニバーサルアクセスの実現を妨げることのないよう求めた。

 世界には3300万人以上のHIV陽性者が暮らしている。2009年の1年間の新規HIV感染者は推定260万人に達している。現状では、500万人以上のHIV陽性者がHIV治療を受けているが、さらに約1000万人が治療の開始を待っている状況だ。延命効果の高い薬が持続的に提供されることがなければ、多くの人が命を落とすことになる。

 UNAIDSはHIV治療の普遍的アクセスを達成するために、各国が世界貿易機関(WTO)のTRIPS協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)で認められている柔軟な運用策を十分に活用することを求めている。UNAIDSは「TRIPS協定は加盟国が国民の健康を守る手段をとることを妨げるものではないし、妨げるべきものでもないということにわれわれは合意する。したがってTRIPS協定に関する約束を何度も繰り返すとともに、協定はWTO加盟国の国民の健康への権利を守り、とりわけすべての人に治療薬へのアクセスが保障されるようなかたちで実施することが可能だし、そうすべきであるということを断言する」と述べたドーハ宣言を全面的に支持している。

 「健康を守り、すべての人に治療薬へのアクセスを提供できるようにするため、ドーハ宣言とTRIPS協定に組み込まれている柔軟な運用策が、他の貿易協定によってなし崩しにされてはならない」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語る。「HIVに感染して生きる3300万人には健康への権利がある。新薬や新たな技術の研究開発は依然、重要だが、一方でHIV陽性者の生死は治療への平等で負担可能なアクセスが確保できるかどうかにかかっている」

 最近の経済危機の雰囲気の中で、エイズ対策への資金はすでに頭打ちになっており、治療の需要はますます供給を上回っている。貿易協定は生命にかかわる治療薬の製造と輸出入に対しさらなる負担を課すものであり、データの独占所有などのいわゆる「TRIPSプラス」の手段や「模造」という言葉による曲解などは避けるべきである。

 現状では、ジェネリック抗レトロウイルス薬の80%はインドの製薬会社が製造しており、途上国への供給の大半を占めている。最も安価な第一世代薬の組み合わせなら費用は患者一人当たり年間86ドル以下である。しかし、より効果的で服用しやすいファーストラインの治療を求める人が増えており、薬の価格は第一世代薬の2倍にも達している。

薬事耐性のために、より高価で特許がある第2、第3ラインの薬を使わなければならない患者の場合、治療コストは20倍にも拡大するとの試算もある。

「各国は貿易の利益につられて国民の健康を取引してはならない」とシデベ事務局長は語る。

 現在は、新たに1人が治療を開始できるようになる間に2人がHIVに感染している状態だ。明らかに治療に対する需要の方が予防の努力を上回る勢いで拡大している。新たな組み合わせの治療薬やマイクロビサイド、ワクチン、診断薬のなどのさらなる供給は緊急を要している。

 現行の治療のアプローチは、必要な人すべてにアクセスを提供することはできていない。UNAIDSおよびそのパートナーは、現在の治療の簡素化を追求するTratment2.0を支持している。このアプローチの成功のためには、知的財産権の改革と保護とともに、TRIPS協定の柔軟な運用が大きな役割を担うことになる。



Trade agreements should not hinder efforts towards universal access to HIV prevention, treatment, care and support

GENEVA, 9 December 2010—The Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) calls on all countries to ensure efforts towards universal access to HIV prevention, treatment, care and support are not impeded by bilateral and multilateral trade agreements.

There are more than 33 million people living with HIV in the world. In 2009 there were an estimated 2.6 million new HIV infections. Currently there are more than five million people on HIV treatment and nearly 10 million people still waiting for it. Without sustained and affordable access to lifesaving medicines people’s lives will be in jeopardy.

UNAIDS urges countries to fully use the flexibilities provided in the World Trade Organization’s TRIPS Agreement, as needed, to achieve universal access to HIV treatment. UNAIDS fully supports the Doha Declaration, which states, “We agree that the TRIPS agreement does not and should not prevent members from taking measures to protect public health. Accordingly, while reiterating our commitment to the TRIPS Agreement, we affirm that the Agreement can and should be interpreted and implemented in a manner supportive of WTO members' right to protect public health and, in particular, to promote access to medicines for all.”

“The flexibilities set out in the Doha Declaration and the TRIPS Agreement to protect public health and provide access to medicines for all must not be undermined by other trade agreements,” said UNAIDS Executive Director Michel Sidibé. “The 33 million people living with HIV have a right to health. While research and development of new medicines and technologies remains crucial, people living with HIV depend upon equitable and affordable access to treatment.”

In this current economic climate, resources for AIDS have already flattened and need for treatment continues to outstrip supply. Trade agreements that place additional burdens on the manufacture, import or export lifesaving medicines—so-called ‘TRIPS plus’ measures such as ‘data exclusivity—and incorrect interpretations of the term ‘counterfeit’ should be avoided.

Currently, Indian manufacturers amount for more than 80% of generic antiretroviral medicines—supplying the majority of developing countries. The cost of the least expensive first generation regimen has dropped to less than US$ 86 per patient, per year. But as increasing numbers of people move towards more efficacious and tolerable first-line treatment, drug prices could double compared to first-generation regimens.

As patients develop drug resistance and require more expensive and patent-protected second- and third-line antiretroviral medicines, some projections indicate treatment costs escalating by as much as twenty-fold.

“Countries should not trade away the public health of their people for other trade gains,” said Mr Sidibé.

Currently, for every one person accessing treatment two people are becoming infected. Clearly, treatment needs are still outpacing prevention efforts showing an urgent need for a new line of treatment, microbicides, vaccines and diagnostics.

Current treatment approaches will not be sufficient to provide access to all who need it. UNAIDS and other partners advocate for Treatment 2.0—a framework that seeks to simplify the way treatment is currently provided. For this approach to succeed, TRIPS flexibilities as well as innovation and protection of intellectual property rights will play an important role for access in future.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
貿易協定はユニバーサルアクセスに向けた努力を妨げてはならない UNAIDSプレスステートメント エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる