エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS エイズ対策で知っておくべき6つのこと MDG6報告書

<<   作成日時 : 2010/09/19 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) ニューヨークの国連本部で開かれるMDGサミット(9月20〜22日)を前に、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が17日、新たな報告書「MDG(ミレニアム開発目標)6:エイズ対策でいま、知っておくべき6つのこと」を発表しました。MDG6は8つの目標のうち、とくに感染症対策に言及した項目です。UNAIDSの公式サイトに掲載されていた報告書の簡単な紹介文を日本語に訳しました(仮訳です)。

 報告書のpdf版は http://data.unaids.org/pub/Report/2010/20100917_mdg6_report_en.pdf

 
MDG(ミレニアム開発目標)6:エイズ対策でいま、知っておくべき6つのこと 2010年9月17日

 ミレニアム開発目標は2015年の達成に向けて大きな希望がある。多くの成果があげられてきた−エイズに関連した病気による死亡は減り、HIV新規感染は2001年以降17%も減少している。

 今回の新しい報告書は今日のエイズ対策の鍵となる6つの側面についてまとめたものだ。

1. HIVの新規感染は減少している。
2. 500万人以上がHIV治療を受けている。
3. HIV予防は機能している。
4. 2015年までに母子感染を実質的に抑えることは可能だ。
5. 犯罪としての対応の克服がエイズ対策の課題である。
6. エイズ対策への投資には、誰もが責任を共有しなければならない。 


MDG 6: Six things you need to know about the AIDS response today  17
September, 2010

There is a lot to be hopeful for as the milestone of reaching the Millennium
Development Goals by 2015 is approached. Much has been achieved—fewer people
are dying of AIDS-related illnesses and the rate of new HIV infections has
fallen by more than 17% since 2001.
This new report provides an overview of six key aspects of AIDS response
today:
1. New HIV infections are falling.
2. More than 5 million people are on HIV treatment.
3. HIV prevention works.
4. Virtual elimination of mother-to-child transmission is possible by 2015.
5. Criminalization is challenging the AIDS response.
6. Investing for AIDS is a shared responsibility.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News 第25号(2010年9月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第25号(2010年9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2010/09/30 19:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイズ対策で知っておくべき6つのこと MDG6報告書 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる