エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 520万人が抗レトロウイルス治療

<<   作成日時 : 2010/07/23 14:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) ウィーンで開かれている第18回国際エイズ会議にあわせ世界保健機関(WHO)が発表したプレスレリースです。治療の普及が進んでいることを示していますが、治療を必要とする人もそれ以上に増えているという現状もあります。WHOのこれまでのガイドラインはCD4が200以下になったら治療を開始すべきだとしていましたが、新ガイドライン350以下となり、治療が必要な人も従来の1000万人から1500万人に増えました。そうした中で、抗レトロウイルス治療の普及は、予防にも効果があるということをWHOは強調しています。したがって、もっと積極的に検査を進めて、早期に治療につながる人を増やす、そうすれば感染する人も減るので、治療普及戦略はいまこそ拡大させなければならないという議論になるのですが、そううまくいくかどうか。どうも医学の専門家の主張が図式的に過ぎるようで危なっかしい印象も受けます。検査と人権に関する議論が当然、出てくるでしょうね。


500万人以上がHIV治療を受けている
 WHOがHIV陽性者の早期治療をアドバイス
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2010/hiv_treament_20100719/en/print.html

【2010/07/19ジュネーブ・ウィーン】 世界保健機関(WHO)の最新推計によると、低・中所得国でHIVの延命治療を受けている人は2009年末時点で約520万人に達している。

 WHOは09年の1年間に治療を開始した人は120万人推計しており、合計では08年末現在の400万人から520万人に増えている。

 「単年度では最も多くの人が治療へのアクセスを得たことになる。非常に力づけられる成果だ」とWHOの中谷比呂樹HIV/エイズ・結核・マラリア・特定熱帯病局担当事務局長補はいう。

 WHOは第18回国際エイズ会議で、HIV陽性者の早期治療を呼びかけた。免疫が弱って病気になる前にHIV治療を始めるためだ。

 「治療の開始時期を早めることは、HIV陽性者に対し、HIVに感染していても健康な状態を保ち、長く生きるための機会を提供することになる」とWHOのゴットフリード・ハーンシェルHIV/エイズ部長はいう。

 疫学モデルに基づく推計では、早期治療が広範に実施されれば、HIV関連の死亡は2010年から15年の間に20%減らすことが可能である。

 早期治療はHIV陽性者の死因第1位の結核(TB)を含む日和見感染を防ぐことができる。HIVと結核の重感染者が早期に治療を開始すれば、結核による死亡は90%まで減らすことが可能だ。

人の免疫システムの強さはCD4細胞の数ではかられる。健康な人のCD4数は血液1ミリ立法メートル中に1000 – 1500個である。WHOはこれまでCD4数が200を切ったらHIV治療を始めることを推奨していたが、現在は350以下で開始するよう助言している。

 「生命を救うことに加え、早期治療は予防にも利益がある」とハーンシェル博士はいう。「治療により体内のウイルス量のレベルが下がるので、HIV陽性者からパートナーにウイルスが感染しにくくなる」

 WHOの新たな治療ガイドラインにより、HIV治療を始めるべき人の数は世界で推定1000万人だったのが、1500万人に増えることになる。国連合同エイズ計画(UNAIDS)によると、2010年のHIV治療に必要なコストは約90億ドルである。

 「現在の投資では、何百万人もの生命を救えないだけでなく、明日の何百万ドルもの資金を救うこともできない」とUNAIDSのエビデンス・戦略・成果担当部長、バーナード・シュワルトランダー博士は述べた。「治療開始が遅れ、免疫システムが弱っている人は、早期に治療を開始した人に比べ、治療が困難で、費用がかかる」

 2005年末までに低・中所得国の300万人に治療のアクセスを確保することを目指した歴史的な「3by5」計画が2003年にスタートして以来、HIV治療を受けられるようになった人の数は12倍に拡大している。




More than five million people receiving HIV treatment
WHO advises earlier treatment among people with HIV

19 JULY 2010 | GENEVA | VIENNA -- An estimated 5.2 million people in low and middle-income countries were receiving life-saving HIV treatment at the end of 2009, according to the latest update from WHO.

WHO estimates that 1.2 million people started treatment in 2009, bringing the total number of people receiving treatment to 5.2 million, compared to 4 million at the end of 2008.

"This is the largest increase in people accessing treatment in a single year. It is an extremely encouraging development," says Dr Hiroki Nakatani, WHO Assistant Director-General for HIV/AIDS, Tuberculosis, Malaria and Neglected Tropical Diseases.

At the XVIII International AIDS Conference, WHO is calling for earlier treatment for people with HIV. The objective is to begin HIV treatment before they become ill because of weakened immunity.

"Starting treatment earlier gives us an opportunity to enable people living with HIV to stay healthier and live longer,” says Dr Gottfried Hirnschall, WHO Director of HIV/AIDS.

Estimates developed through epidemiological modeling suggest that HIV-related mortality can be reduced by 20% between 2010 and 2015 if these guidelines for early treatment are broadly implemented.

Earlier treatment can prevent opportunistic infections including tuberculosis (TB), the number one killer of people with HIV. Deaths from TB can be reduced by as much as 90%, if people with both HIV and TB start treatment earlier.

The strength of a person's immune system is measured by CD4 cells. A healthy person has a CD4 count of 1000 - 1500 cells/mm3. WHO previously recommended starting HIV treatment when a person's CD4 count drops below 200 cells/mm3 but now advises starting HIV treatment at 350 cells/mm3 or below.

"In addition to saving lives, earlier treatment also has prevention benefits,” Dr Hirnschall says. “Because treatment reduces the level of virus in the body, it means HIV-positive people are less likely to pass the virus on to their partners."

WHO's treatment guidelines expand the number of people recommended for HIV treatment from an estimated 10 million to an estimated 15 million. The cost needed for HIV treatment in 2010 will be about US$ 9 billion, according to the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS).

"The investments we make today can not only save millions of lives but millions of dollars tomorrow,” said Dr Bernhard Schwartlander, Director, Evidence, Strategy and Results, UNAIDS. "People with weaker immune systems who come late for treatment require more complex and costly drugs and services than those who start treatment earlier and are healthier."

Since 2003 - which marked the launch of the historic “3 by 5” initiative to provide access to HIV treatment to 3 million people living in low- and middle-income countries by the end of 2005 - the number of people receiving HIV treatment has increased 12-fold.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
520万人が抗レトロウイルス治療 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる