エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS エイズ対策進捗状況に関する2010年国連事務総長報告2

<<   作成日時 : 2010/06/18 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) HIV/エイズ対策関する潘基文国連事務総長の総会報告の続きです。前回はUNAIDSのプレスレリースでしたが、今回は国連事務局のプレスレリースの日本語仮訳です。同じ報告についてのレリースですが、微妙にニュアンスが異なる印象も受けます。


進展を指摘しつつ、潘事務総長はHIV/エイズ対策への努力の拡大を要請
http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=34977&Cr=aids&Cr1=

【2010年6月9日】 HIV/エイズの流行の拡大を抑え、必要な治療を提供するための努力は大きな成果をあげているとはいえ、HIV/エイズとの闘いでなすべきことはまだ、たくさん残っている。潘基文事務総長は本日、こう報告した。

 国連のアシャ-ローズ・ミギロ副事務総長は6月9日、国連総会のHIV/エイズに関する全体会合で潘事務総長のスピーチを代読した。事務総長はその中で、人権を侵害するような社会的、法律的な障害がHIV/エイズの有効な対策を妨げる要因になっていることを指摘し、多数の国でいまなお存在するこのような障害を取り除くことがHIV/エイズの流行を克服する重要な課題のひとつであることを強調した。

 「HIV感染の最も高いリスクにさらされている人たち ― 男性とセックスをする男性、薬物注射使用者、セックスワーカー ― は流行に積極的に立ち向かうことができるのに、現状では社会から排除されていることが多い」と事務総長は述べ、そうした社会的対応がエイズの流行との闘いの効果を大きく妨げていることを指摘した。  

 母子保健の改善にもっと努力する必要があることは世界中で認識されている。世界の出産可能な年齢の女性の主要な死因の一つがHIV感染症であるという事実には十分な関心が払われていない。このことも事務総長は指摘した。

 「ユニバーサルアクセスは治療や予防のサービスを必要とする人がそうしたサービスを受けられるようにすることのみを意味しているわけではない。社会から排除されがちであったり、犯罪者として扱われたり、権利を奪われたりしている人たちにそうしたサービスが届くよう特別の努力を払うことも含まれている」と事務総長は付け加えた。

 2001年当時と比べると、HIVの新規感染が17%も減少していること、そして低・中所得国で400万人が抗レトロウイルス治療を受けられるようになったことは近年の大きな成果である。

 母子感染をなくすための新たな方法も開発されている。事務総長はこう述べた。

 「我々はスティグマや差別にも立ち向かっている。その結果、いくつかの国で20年もの間、続いていたHIV陽性者に対する渡航規制が撤廃されている」と彼は付け加えた。

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は、貧しい国に住む400万人のHIV陽性者が抗レトロウイルス治療を受けられるようになったとはいえ、新たに2人が治療を開始する間に5人がHIVに新規感染しているのが世界の現状であると語った。とりわけ若い世代に対しては啓発キャンペーンを続けていく必要があると事務局長は強調している。

 女性をエイズから守ることにも力を入れなければならない。

 シデベ事務局長はニューヨークで記者会見を行い、HIVに感染している女性が世界全体で推定1600万人に達し、毎年85万人の女性がエイズで死亡していることを強調したうえで、「残念ながらこの流行は、女性の流行となっている」と述べた。




Noting progress to date, Ban urges greater efforts against HIV/AIDS

9 June 2010 – Secretary-General Ban Ki-moon today said much more remained to be done in the fight against HIV/AIDS despite the significant progress made in reducing the spread of the disease and providing treatment to those infected.

In a speech to the General Assembly’s plenary meeting on HIV/AIIDS, delivered on his behalf by Deputy Secretary-General Asha-Rose Migiro, Mr. Ban said the challenges that must be overcome to control the epidemic include eliminating social and legal impediments to human rights that prevent effective response to HIV/AIDS in many countries.

“Individuals most at risk of HIV infection – men who have sex with men, injecting drug users and sex workers – are pushed to the margins, instead of being constructively engaged,” Mr. Ban said, citing one of the challenges that rendered the fight against the epidemic less effective.

He said that while it was recognized that the world must do more to improve maternal health care, not enough attention was paid to the fact that HIV is one of the leading causes of death among women of reproductive age worldwide.

“Universal access means more than ensuring that those who need treatment or prevention services receive them. It implies an extra effort to reach those who are marginalized, criminalized or disenfranchised,” Mr. Ban added.

Achievements in recent years include the reduction of the rates of new infections worldwide by 17 per cent since 2001, and the fact that more than four million people in low- and middle-income countries have gained access to antiretroviral therapy.

New methods of eliminating mother-to-child HIV transmission have also been developed, the Secretary-General said.

“We are also confronting stigma and discrimination. This can be seen in the lifting of decades-old travel restrictions against people living with HIV by several countries,” he added.

Michel Sidibé, Executive Director of the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), said that although four million infected people in poorer countries were now receiving antiretroviral treatments, there were five new infections for every two patients put on therapy, stressing the need to continue awareness campaigns especially among younger people.

Special focus must also be directed at protecting women against the disease.

“This epidemic unfortunately remains an epidemic of women,” Mr. Sidibé told reporters in New York, saying that 16 million women across world are infected, while another 850,000 die of the disease every year.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第22号(2010年6月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第22号(2010年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2010/06/30 12:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイズ対策進捗状況に関する2010年国連事務総長報告2 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる