エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS IASが中国の入国規制撤廃を歓迎 

<<   作成日時 : 2010/05/02 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 (解説) 上海万博の開幕を前にして中国政府がHIV陽性者に対する入国規制の撤廃を発表しました。国際エイズ学会(IAS)、国連合同エイズ計画(UNAIDS)、米国などが相次いでこの決定を歓迎する声明を出しています。ここに掲載しているのは、IASの歓迎声明の日本語仮訳です。
 もちろん、規制の撤廃自体はグッドニュースではありますが、考えてみればIASなどはもう、20年もの間、撤廃を求めてきたのになかなか動かなかった中国政府が、どうしていま決断に至ったのか。そのあたりの背景も押さえておく必要があります。この点について日本語で書かれたものとしては、ブログ《ビギナーズ鎌倉》の中の以下の記事が参考になります。
 《なぜか万博直前。中国がHIV陽性者の入国規制撤廃》
 http://miyatak.iza.ne.jp/blog/entry/1573209/
 《08憲章とHIV陽性者入国規制撤廃》
 http://miyatak.iza.ne.jp/blog/entry/1573755/
 《ところで日本は》
 http://miyatak.iza.ne.jp/blog/entry/1575407/




中国が差別的で効果のない入国規制を撤廃したことをIASは歓迎
 新たな方針がアジア太平洋地域の他の国にも同様な動きを促す可能性がある
 (英文はIASサイト http://www.iasociety.org/Default.aspx?pageId=408 )

【2010年4月30日 スイス・ジュネーブ】 国際エイズ学会(IAS)は中国の温家宝首相が今週、20年来のHIV陽性者に対する入国滞在禁止規制を解除したことを支持する。

 「今週の宣言により、HIVに関連する中国の出入国管理政策は、これまでのような恐怖や偏狭な感情に支配されるものではなく、科学的および公衆衛生的な観点に基づくものとなった」とIASのフリオ・モンタナー理事長は語った。「世界中でこの種の法律を撤廃することがHIV陽性者に対するスティグマや差別と闘う上で重要であり、同種の法律が残っている他の国も同様の動きをとることを期待している」。中国国務院(中国の内閣)は2010年4月27日、HIV陽性者に対する明白な入国禁止規制を取り除く出入国管理法の実施細則の改正を発表した。中国政府のウエブサイトに掲載された改正細則はHIVおよびエイズを中国入国のためのビザを申請する際に報告すべき感染症に含めていない。

 IASは1990年から、HIVを特定した中国の入国滞在禁止規制に対し、理念としても運用面でも反対してきた。IASはHIV陽性者の入国を規制する国、および入国希望者のビザ申請など必要な手続きの際にHIV感染の有無を申告するよう求める国では、会議を開催していない。隔年で開催される国際エイズ会議はこのため、中国では開かれてこなかった。

 「IASはHIV関連の入国、滞在規制の撤廃を求める活動で、長期にわたり主導的役割を果たしきたことを誇りに思う。中国政府、および医科学、法律分野の支援者、中国国内やアジア太平洋、世界の各国でHIV渡航規制の撤廃を求めて長い闘いを続けてきた関係団体の努力を歓迎する」とIASのロビン・ゴローナ事務局長は述べた。

 アジア太平洋地域では、HIVに特化して、一貫性のない入国管理の法規制を採用している国も多い。シンガポールは外国人HIV陽性者の入国、移民を完全に禁止している。ブルネイではHIV陽性の外国人は国外追放になる。オーストラリアは15歳以上の永住ビザ申請者にはHIV検査を求めている。韓国は2010年1月1日に出入国管理法の変更を宣言したが、法改正がなされているのかどうかまだ明確ではない。

 世界全体では66カ国がHIVに特化して、何らかのかたちで陽性者の入国、滞在、居住を規制する法律を施行している。感染症や公衆衛生分野が専門のIASメンバーは以前から、HIV陽性者の入国、滞在、居住に関する規制は公衆の衛生を守るわけではなく、有効なHIV/エイズ対策の妨げになることを指摘している。そのような「渡航規制」は、HIV陽性者が他国に住む親戚や家族のもとを訪れたり、海外で仕事や勉強をしたり、移住労働者として働いたり、国際的な人道活動や開発事業に参加したり、領事業務についたり、亡命を求めたり、会議に参加したり、休暇で海外旅行に出かけたり、家族と再会したり、海外のHIV陽性の子供を養子にとったり、といったことを妨げることになる。

HIV関連の入国、滞在、居住規制を実施している国についてのさらに詳しい情報は www.hivrestrictions.org をご覧ください。



IAS Applauds Announcement of Repeal of China’s Discriminatory and Ineffective HIV Entry and Immigration Ban
New Policy Could Lead Other Countries in Asia and the Pacific to Follow Suit

30 April 2010 (Geneva, Switzerland) – The International AIDS Society (IAS) applauds China Premier Wen Jiabao’s announcement this week that China’s 20-year-old HIV entry and immigration ban is to be lifted.

“With this week’s announcement, China’s entry and immigration policy relative to HIV will be rooted in science and sound public health practices, rather than reflecting the fear and bigotry that drove this policy for so many years,” said Julio Montaner, President of the International AIDS Society. “Removing these types of laws around the world is crucial to combating stigma and discrimination against people living with HIV and we hope other nations with such laws and policies in place will soon follow suit.” The state council, China's cabinet, issued amended rules on April 27, 2010 removing the explicit ban on people living with HIV and AIDS. The amended regulations posted on the Chinese Government website did not say whether HIV and AIDS would be among the infectious diseases that people seeking Chinese visas must declare when applying.

The IAS has opposed China’s HIV-specific entry and immigration ban in principle and practice since 1990. The IAS does not hold its conferences in countries that restrict entry of people living with HIV and AIDS and/or require prospective HIV-positive visitors to declare their HIV status on visa application forms or other documentation required for entry into the country. The International AIDS Conference, which moves from country to country every two years, has never been held in China.

“IAS is proud of its longstanding leadership and commitment to the removal of HIV entry and residence restrictions. We congratulate the Chinese Government, and the many advocates from the fields of science, medicine, law, and constituent groups most affected, who have long fought for the repeal of the HIV travel ban in China, in other countries in the Asia and the Pacific Region and around the world,” said IAS Executive Director Robin Gorna.

In the Asia and the Pacific region, many countries have HIV-specific entry or immigration laws that are enforced inconsistently. Singapore has an outright ban on all HIV-positive non-nationals for entry and immigration. Brunei targets HIV-positive foreigners for deportation, while Australia requires HIV testing for permanent visa applicants over the age of 15. South Korea announced changes to its entry and immigration policy on January 1, 2010, but clarification on its amended laws are still unclear.

Worldwide, some 66 countries around the world have some sort of HIV-specific laws that restrict the entry, stay or residence of people living with HIV. IAS member-experts in infectious disease and public health have long held that laws and policies barring the entry, stay or residence of HIV-positive people do not protect the public health and may in fact impede effective responses to HIV. Such “travel restrictions” prevent HIV- positive people from visiting relatives in other countries, doing business or studying abroad, migrating for work reasons, participating in international humanitarian and development efforts, serving in consular services, seeking or receiving asylum, attending conferences, vacationing, uniting with family members or adopting HIV-positive children from abroad.

For more information on countries with HIV entry, stay and residence restrictions, please go to www.hivrestrictions.org.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モンクレールポロシャツ
IASが中国の入国規制撤廃を歓迎  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/ウェブリブログ ...続きを見る
モンクレールポロシャツ
2013/11/27 10:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IASが中国の入国規制撤廃を歓迎  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる