エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS HIV感染と女性の地位向上 UNAIDSプレスレリース

<<   作成日時 : 2010/03/08 13:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 世界のさまざまな場所で、女性の地位や発言力が弱いことがHIV感染のリスクを拡大させる大きな要因になっています。男性と性行為をする男性(MSM)や薬物使用者、セックスワーカーなど、社会的な立場が弱く、感染の高いリスクにさらされやすい少数者の集団に対し、HIVの予防、治療、ケア、支援のアクセスを確保する努力はもちろん重要ですが、そうした努力の一方で、広く女性に着目した施策の存在もまた大きな意味を持っています。国連女性の地位委員会が開催されているニューヨークの国連本部で3月2日、女性とHIVに焦点を当てた行動計画が発表されました。そのプレスレリースの日本語訳です。アニー・レノックスさんはイギリスのミュージシャンで、非常に有名な方だということをついさっき、ネットでチェックして知りました。知らないということは、おそろしいことです。
 英文プレスレリースは
 http://data.unaids.org/pub/PressRelease/2010/20100302_pr_womenhiv_en.pdf
 報告書のpdf版(英文)は 
http://data.unaids.org/pub/Agenda/2010/20100226_jc1794_agenda_for_accelerated_country_action_en.pdf


◎UNAIDSは女性、女児の地位向上でHIV感染対策に取り組む
 女性、女児のHIV感染のリスクを高めるジェンダーの不平等や人権侵害と闘う市民社会、政府を支援

【ニューヨーク/ジュネーブ 2010年3月2日】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、著名なアーティストであり、女性とHIVに関するアクティビストとしても知られるアニー・レノックスさんとともに、女性、女児、ジェンダーの平等とHIVに関する各国の取り組み促進のための行動計画(2010~2014)を発表した。女性、女児のHIV感染のリスク拡大要因であるジェンダーの不平等や人権侵害の問題と取り組むためにまとめられたものだ。

 五カ年の行動計画は、3月12日までニューヨークで開催されている第54回女性の地位委員会の上級会合で発表された。国連システムに対しては、女性や女児の権利を守ることを各国がエイズ対策の重要課題とすることができるよう、市民社会や政府、開発パートナーへの支援強化を求めている。

 「女性に対する暴力は受け入れがたく、我慢すべきものではない」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語った。「女性の尊厳を奪うことはミレニアム開発目標の達成に向けた人類の力の半分を失うことに等しい。女性、女児は犠牲者ではなく、社会の変化をもたらす大きな力です」

 UNAIDSとパートナー組織は、リベリアなど行動計画に率先して取り組む国を支援する方針である。

 アニー・レノックスさんは、女性や女児のHIV感染の原因となるものと闘うために揺るぎない関与を続けていくことを強調した。

 「変化をもたらすには広範な運動が必要だと思います」と彼女は語った。「本質的に私たちはみな同じだということが私にとっては最低限の条件です。どこに生きていようと、すべての人は幸福で健康な生活を送る権利があります。この行動計画は、数多くの女性、女児が直面している最前線の現実を直視し、不公正の存在こそがHIV感染の大きなリスクをもたらしていることを理解する重要な機会を提供してくれると思います」

 (囲み)
  ・HIVは世界の出産適齢期(15~49歳)の女性の最も高い死因であり、疾病の原因である。
  ・南部アフリカ地域では、15~24歳の若い女性のHIV陽性率は、同年代の男性より平均で3倍も高い。
  ・世界中の女性の70%が暴力被害を受けている。暴力の体験は女性が安全な性行為を求めて交渉する力を弱めることになる。


 世界のHIV陽性者数は2008年12月末現在、3340万人で、そのうちのほぼ半数にあたる1570万人が女性で占められている。HIV陽性者に占める女性の割合はこの10年間、世界の多くの地域で上昇している。サハラ以南のアフリカではHIV陽性者の60%が女性である。HIV感染の流行が世界に広がってから約30年がすぎているが、HIVサービスは女性、女児が直面する現実には十分に対応できていない。

 「HIV陽性の女性、女児に対し、性と生殖に関する健康の情報の提供はいまなお、限られている」と発表者の一人であるインドネシアの陽性女性ネットワークのスクスマ・ラトリさんは語る。「性的に活動的な年齢で、しかもHIV陽性であるということは非常に困難な状況を抱えることになる。HIV陽性の女性、女児はセクシャリティに関し、しばしば選択肢を制限されてきた。セクシャリティに関して偏見や差別にさらされることなく自由な決断ができるようにするには、適切で、利用しやすい支援システムが必要だ。行動計画は、各国が女性、女児へのサービスを強化するための基盤になると思う」

 国連が政府や市民社会、開発パートナーと協力していくにはどうしたらいいのかについて、行動計画は以下のように明確なポイントを示している。

  ・HIVに関し、女性、女児が必要とする情報をまとめる。
  ・HIV対策のプログラムが女性、女児により適切に対応したものになるよう、政治的な約束を行動や資金の拡大につなげていく。
  ・女性、女児の人権を守る安全な環境を整えるために指導者を支援する。

 具体的な行動としては以下のようなものが含まれる。

  ・流行が女性、女児にどのような影響を与えているかを理解するためのデータの収集と分析の手法を改善する。
・エイズ対策を通じ女性に対する暴力をなくすキャンペーンのための国連事務総長UNiTEの強化をはかる。
  ・女性への暴力対策をHIV予防、治療、ケア、支援プログラムと結びつける。
  ・女性、女児が自らのHIV感染を防ぐことを妨げるような文化社会的、経済的要因の分析を行う
  ・女性とHIVに関する政府の約束を明確にするため女性グループ、女性陽性者のネットワークを支援する
  ・女性、女児の権利を擁護するための男性組織や少年組織の活動を拡大する。

行動計画の発表には国連システムや各国政府、市民社会組織の著名な指導者が多数、参加した。発言者の中には、アーシャ・ローズ・ミギロ国連副事務局長、メラニー・ベリバー米国際女性問題担当大使、ヘレン・クラーク国連開発計画(UNDP)代表、リベリアのババ・ゲイフロー開発とジェンダー担当大臣らが含まれている。




UNAIDS takes action to empower women and girls to protect themselves from HIV

UN to support civil society and governments to address gender inequalities and human rights violations that continue to put women and girls at risk of HIV infection

New York/Geneva, 2 March 2010 – UNAIDS, together with celebrated artist and activist for women and HIV, Annie Lennox, has launched an Agenda for Accelerated Country Action for Women, Girls, Gender Equality and HIV (2010–2014), which has been developed to address gender inequalities and human rights violations that continue to put women and girls at risk of HIV infection.

The five-year action plan was launched at a high-level panel during the 54th meeting on the Commission on the Status of Women, being held in New York until 12 March. It calls on the UN system to support governments, civil society and development partners in reinforcing country actions to put women and girls at the centre of the AIDS response, ensuring that their rights are protected.

“Violence against women is unacceptable and must not be tolerated,” said Michel Sidibé, UNAIDS Executive Director. “By robbing them of their dignity, we are losing the opportunity to tap half the potential of mankind to achieve the Millennium Development Goals. Women and girls are not victims, they are the driving force that brings about social transformation.”

UNAIDS and partners will support the country roll-out of the Agenda for Action in pathfinder countries, including Liberia.

Annie Lennox underlined her unshakable commitment to the cause of women and girls affected by HIV.

“I believe we need a broad movement for change,” she said. “The bottom-line for me is that, in essence, we are all the same. All human beings, wherever we are, have the basic right to be happy and healthy. I see this Agenda for Action as a great opportunity to bring the realities faced by many women and girls to the forefront and to call attention to the injustices faced by many women and girls, placing them at a bigger risk of HIV.”

1.. HIV is the leading cause of death and disease among women of reproductive age (15-49 years) worldwide.
2.. In Southern Africa, HIV prevalence among young women aged 15–24
years is on average about three times higher than among men of the same age.
3.. Up to 70 percent of women worldwide encounter violence. Experiencing violence hampers women’s ability to negotiate safe sex.

As of December 2008, 33.4 million people were living with HIV worldwide, of which 15.7 million ─ almost half ─ were women. The proportion of women infected with HIV has risen in many regions over of the world over the past 10 years. In sub-Saharan Africa, 60% of people living with HIV are women. Nearly 30 years into the HIV epidemic, HIV services do not sufficiently address the specific realities and needs of women and girls.

"The information on sexual and reproductive health for HIV-positive women and girls is still limited,” said Suksma Ratri, a member of Indonesia’s Positive Women’s Network, who participated in today’s launch. “Being sexually active and HIV-positive at the same time is very difficult. Women and girls living with HIV often have restricted options when it comes to their sexuality. They need an adequate and friendly support system that enables them to make free decisions about their sexuality without being discriminated and stigmatised. I think the Agenda for Action will be a good platform for countries to strengthen services for women and girls."

The Agenda for Action provides clear action points on how the UN can work together with governments, civil society and development partners to:


1.. produce better information on the specific needs of women and girls in the context of HIV;
2.. turn political commitments into increased resources and actions so HIV programmes can better respond to the needs of women and girls; and
3.. support leaders to build safer environments in which women’s and girl’s human rights are protected.

The actions include:

1.. Improving data collection and analysis to better understand how the epidemic affects women and girls.
2.. Reinforcing the UN Secretary-General’s UNiTE to End Violence against Women campaign through the AIDS response.
3.. Ensuring that violence against women is integrated into HIV prevention, treatment, care and support programmes.
4.. Analyzing the impact of socio-cultural and economic factors that prevent women and girls from protecting themselves against HIV.
5.. Supporting women’s groups and networks of women living with HIV to map commitments made by governments on women and HIV.
6.. Scaling up engagement of men’s and boys’ organizations to support the rights of women and girls.

The launch of the Agenda for Action involved many prominent leaders from the United Nations system, governments and civil society. Speakers included Asha Rose Migiro, United Nations Deputy Secretary-General; Melanne Verveer, US Ambassador at Large for Women’s Global Issues; Helen Clark, UNDP Administrator; and Vabah Gayflor, Liberia’s Minister of Gender and Development.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News 第19号
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第19号(2010年3月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2010/04/01 00:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HIV感染と女性の地位向上 UNAIDSプレスレリース エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる