エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS HIV/エイズ最新推計 この8年で年間の新規HIV感染は17%減少 

<<   作成日時 : 2009/11/28 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界保健機関(WHO)による世界のHIV/エイズの流行状況に関する報告書が11月24日、発表されました。世界エイズデーの前に毎年、発表されていましたが、昨年11月には推計値を明らかにしていなかったので、2年ぶりとなります。推計としてはメキシコの国際エイズ会議の前に発表されたものがあるので、それと比べるとほぼ1年半ぶりの新しい推計ですね。プレスレリースの日本語訳です。

 今年は初めて2巻発行となったということが書かれています。これは、通常の報告書に加え、雑誌スタイルのUNAIDS Out Look 2010という報告書があわせて刊行されているからです。英文ですがUNAIDSのサイトで2巻ともダウンロードできます。 http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2009/20091124_pr_EpiUpdate.asp


 英文プレスレリースは http://data.unaids.org/pub/PressRelease/2009/20091124_PR_EpiUpdate_en.pdf



◎この8年で年間の新規HIV感染は17%減少。その多くはサハラ以南のアフリカの成果
 HIV予防、治療、ケア、支援の普遍的アクセスに向けた努力により、エイズ対策は孤立を脱する

【ジュネーブ・上海 2009年11月24日】 2009年版エイズ最新情報によると、年間の新規HIV感染はこの8年間で17%減少している。

 国連エイズ特別総会でコミットメント宣言が採択された2001年に比べると、2008年の新規感染は、サハラ以南のアフリカで15%、人数にして約40万人も少ない。東アジアの新規HIV感染は25%近く減り、南アジア・東南アジアでは約10%減っている。東欧では、薬物注射使用者の間で劇的に新規感染が増加した後、横這い状態になった。しかし、HIVの新規感染が再び増加している国もいくつかある。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界保健機関(WHO)が本日発表した報告書は、HIV予防プログラムが成果をあげ、流行がピークを超えつつあることを強調している。

「われわれが見ているHIV感染の減少は、少なくとも部分的にはHIV予防対策によるものであるというエビデンス(根拠)が認められる。これは朗報だ」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語った。「しかし、新たに得られた事実は、予防の努力がしばしば的はずれになっていることも示しており、われわれがもっと効果的に資金を獲得して最も大きな影響をもたらすプログラムを実施することができれば、成果はもっと速くあがり、それだけたくさんの人の生命を救えることになるだろう」

初めて2巻構成で発行された今回の報告書の中で、UNAIDSの展望報告は「感染様式」の調査がいかにHIV予防対策のアプローチを変えたか検証している。雑誌スタイルの新しい報告書は一緒に発表された疫学的な報告書に収録されたデータを活用するための新たな考え方と手法を紹介している。

◇HIV予防、治療、ケア、支援の普遍的アクセス

 エイズ最新流行情報によると、2008年末の世界のHIV陽性者数は推計3340万人(3110万人〜3580万人)で過去最高となっている。これは主に抗レトロウイルス治療の延命効果と人口増加によるものだ。一方で、より多くの人が治療へのアクセスを得られるようになったことから、エイズ関連の年間の死者数は過去5年で10%減少している。UNAIDSとWHOは、1996年に効果的な治療法が見つかって以来、約290万人の生命が救われたと推定している。

 「HIV治療のための国際的な投資と国内の投資の拡大が、具体的で測定可能な成果を生み出した」とWHOのマーガレット・チャン事務局長は述べた。「この勢いを衰えさせてはならない。いまこそ対策の規模を倍増させ、より多くの人を救うべき時だ」

 HIV陽性の母親が母子感染防止のための治療へのアクセスを得られるようになったことから、抗レトロウイルス治療は子供の新規感染予防にも大きな影響を与えた。2001年以降、子供の感染は約20万件、予防されている。

治療のカバー率が80%に達しているボツワナでは、エイズ関連の死者はこの5年で50%減っている。両親が長く生きられるようになり、親を失う子供の数も減っている。

◇エイズ対策は孤立したものではない

 報告書に示された重要な発見の一つは、HIVの予防と治療のプログラムが他の保健、社会福祉サービスとうまく組み合わされているところでは、エイズ対策の成果が大きいということだ。初期の調査結果では、HIV感染は母親の死亡の大きな要因になっている。南アフリカのデータを使用して行われた研究モデルは、2008年の母親の死亡の5万件はHIV感染に伴うものだったと推計している。

 「エイズの孤立に終止符を打たなければならない」とシデベ事務局長はいう。「すでに、HIV感染が母親の死亡に大きな影響があることは研究モデルに示されている。ボツワナと南アフリカでは、母親の死亡の半数はHIV感染によるものである。このことは、母子保健とHIVプログラム、結核プログラムなどが、共通の目標に向けて機能するよう統合された保健アプローチを採用する必要があることを示している」

◇エイズの流行は進化しており、HIV予防プログラムはその変化に急には適応できない

 2巻からなる報告書は、流行の顔が変化しており、変化のペースにあわせた予防対策のシフトができていないことも示している。例えば、東欧・中央アジア(旧ソ連東欧)の流行は薬物注射による感染が特徴的だったが、現在は薬物注射使用者の性パートナーに広がっている。同じようにアジアの一部では、セックスワーク(売春)と薬物注射による感染が特徴的だったが、現在は異性間のカップルの感染が増えてきている。

25歳以上の人、結婚したカップル、安定した関係のカップル、未亡人、離婚した人などを対象にしたHIV予防プログラムが少ないこともデータは示している。こうした人たちは、サハラ以南のアフリカでHIV陽性率が高いとされている層と同じ集団である。たとえば、スワジランドでは、成人の感染の3分の2は25歳以上なのに、年長者にあわせたHIV予防プログラムはわずかしかない。

多くの国で、予防対策資金はHIV予算の中で最も小さな割合しか占めてこなかった。たとえば、スワジランドでは、HIV陽性率が26%にも達しているのに、予防対策費は国のエイズ予算の17%しかない。ガーナでは、2007年の予防対策予算は2005年比で43%もカットされている。


◇ 能力を高める:地球規模のエイズ・コミュニティのためのソーシャル・ネットワーク・サイト

最大限の成果を引き出し、HIVとともに生きる3340万人とエイズ対策を担う何千万人との連携を強めるという必要に基づき、UNAIDSはAIDSspace.org を発足させた。このソーシャル・ネットワーク・サイトはコミュニティに開かれており、無料である。

AIDSspace.orgの狙いは、非公式の、あるいは既成のネットワークを拡げ、HIVに関心をもつより多くの人の参加を促し、きるだけ多くの人材でさらに強固なエイズ対策を進めることにある。AIDSspaceの前提は難しいことではない。もしも数億の人が、かなり人気があるソーシャル・ネットワーク・サイト(たとえばFacebook、LimkedIn、MySpace、Twitter、YouTube)でつながり、連携、アイデアの交換、発信や共有ができるならば、同じことがHIV関連コンテンツについてもできるということだ。基本政策、事例研究、マルチメディア・マテリアル、会議ポスターなどなど、基本的な資源がコンテンツに含まれる。ユーザーは仕事や人を探すことや、AIDSspace.orgプロバイダーのサービスに意見を寄せることもできる



Eight-year trend shows new HIV infections down by 17%—most progress seen in sub-Saharan Africa
Efforts towards universal access to HIV prevention, treatment, care and support are bringing AIDS out of isolation

Geneva / Shanghai, 24 November 2009 – According to new data in the 2009 AIDS Epidemic Update, new HIV infections have been reduced by 17% over the past eight years.

Since 2001, when the United Nations Declaration of Commitment on HIV/AIDS was signed, the number of new infections in sub-Saharan Africa is approximately 15% lower, which is around 400,000 fewer infections in 2008. In East Asia, new HIV infections declined by nearly 25% and in South and South-East Asia by 10% in the same time period. In Eastern Europe, after a dramatic increase in new infections among injecting drug users, the epidemic has leveled off considerably. However, in some countries there are signs that new HIV infections are rising again.

The report, released today by the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) and the World Health Organization (WHO), highlights that beyond the peak and natural course of the epidemic, HIV prevention programmes are making a difference.

“The good news is that we have evidence that the declines we are seeing are due, at least in part, to HIV prevention,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “However, the findings also show that prevention programming is often off the mark and that if we do a better job of getting resources and programmes to where they will make most impact, quicker progress can be made and more lives saved”.

In this first double issue, the UNAIDS Outlook report further explores how “modes of
transmission” studies are changing the approach of HIV prevention efforts. The new magazine-style report looks at new ideas and ways to use the data collected in the
companion epidemiological report.

Universal access to HIV prevention, treatment, care and support Data from the AIDS Epidemic Update also show that at 33.4 million, [31.1 million–35.8 million] there are more people living with HIV than ever before as people are living longer due to the beneficial effects of antiretroviral therapy and population growth. However the number of AIDS-related deaths has declined by over 10% over the past five years as more people gained access to the life saving treatment. UNAIDS and WHO estimate that since the availability of effective treatment in 1996, some 2.9 million lives have been saved.

"International and national investment in HIV treatment scale-up have yielded concrete and measurable results,” said Dr Margaret Chan, Director General of WHO. “We cannot let this momentum wane. Now is the time to redouble our efforts, and save many more lives".

Antiretroviral therapy has also made a significant impact in preventing new infections in children as more HIV- positive mothers gain access to treatment preventing them from transmitting the virus to their children. Around 200 000 new infections among children have been prevented since 2001.

In Botswana, where treatment coverage is 80%, AIDS-related deaths have fallen by over 50% over the past five years and the number of children newly orphaned is also coming down as parents are living longer.


AIDS out of isolation
One of the significant findings of the report is that the impact of the AIDS response is high where HIV prevention and treatment programmes have been integrated with other health and social welfare services. Early evidence shows that HIV may be a significant factor in maternal mortality. Research models using South African data estimate that about 50,000 maternal deaths were associated with HIV in 2008.

“AIDS isolation must end,” said Mr Sidibé. “Already research models are showing that HIV may have a significant impact on maternal mortality. Half of all maternal deaths in Botswana and South Africa are due to HIV. This tells us that we must work for a unified health approach bringing maternal and child health and HIV programmes as well as tuberculosis programmes together to work to achieve their common goal”.


The AIDS epidemic is evolving and HIV prevention programmes are not rapidly adjusting to the changes
The double report also shows that the face of the epidemic is changing and that prevention efforts are not keeping pace with this shift. For example, the epidemic in Eastern Europe and Central Asia once characterized by injecting drug use is now spreading to the sexual partners of people who inject drugs. Similarly, in parts of Asia, an epidemic once characterized by transmission through sex work and injecting drug use is now increasingly affecting heterosexual couples.

Data show that few HIV prevention programmes exist for people over 25, married couples or people in stable relationships, widowers and divorcees. These are the same groups in which HIV prevalence has been found to be high in many sub-Saharan countries. For example in Swaziland, people over the age of 25 accounted for more than two thirds of adult infections yet very few HIV prevention programmes are designed for older people.

Funding for HIV prevention has become the smallest percentage of the HIV budgets of many countries. For example in Swaziland, just 17% of the country’s total budget for AIDS was spent on prevention despite a national HIV prevalence rate of 26%. In Ghana, the prevention budget was cut in 2007 by 43% from 2005 levels.


Building capacity: new social networking site for global AIDS community

Building on the need to maximize results and to better connect the 33.4 million people living with HIV and the millions of people who are part of the AIDS response, UNAIDS has launched AIDSspace.org. This social networking site is open to the community and is free.
AIDSspace.org aims to expand informal and established networks to include more people interested in HIV to maximize resources for a stronger AIDS response. The premise behind AIDSspace is simple: if hundreds of millions of people can connect on some of the most popular social networking sites (e.g. Facebook, LinkedIn, MySpace, Twitter, YouTube) to connect, exchange ideas, post and share content, they can do the same for HIV-related content—including key policies, case studies, multimedia materials, conference posters, reports and other essential resources. Users can also find and post jobs and reviews on service providers on AIDSspace.org.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第18号
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第18号(2010年1月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2010/01/28 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HIV/エイズ最新推計 この8年で年間の新規HIV感染は17%減少  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる