エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS シンポ【HIV/エイズと企業の社会的責任】

<<   作成日時 : 2009/11/12 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) アフリカ日本協議会を通じて、以下のシンポジウムの連絡をいただきました。主催のNGO-労働組合国際協働フォーラムは継続的にHIV/エイズ対策に取り組んでいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
シンポジウム
 【HIV/エイズと企業の社会的責任】
  2009年12月7日(月) 13:30〜16:40@総評会館3階会議室
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本は先進諸国の中で、新規感染者数が伸び続けている数少ない
国となっています。その背景には、社会全体がこの問題に対して
関心が薄いという、日本の現状があります。
また全ての企業にとって、従業員の人権と生活を守り、安全衛生の
状況を向上させるために、HIV予防のための意識啓発や教育活動、
HIV陽性者へのケアを行うことが求められています。
本シンポジウムでは、こうした先進的な活動を行う企業、NGO、
労働組合の事例を学び、CSR視点でHIV/エイズ問題にどのよう
に取り組むべきか、考えるきっかけとなれば幸いです。

1.開催日時:2009年12月7日(月) 13:30〜16:40
2.開催場所:総評会館3階会議室
3.プログラム
 13:30   開会
 13:35-13:55 ILO駐日事務所報告
講師:ILO駐日代表 長谷川真一氏
 13:55-14:10 HIV/エイズ等感染症グループの活動の経緯
IUF-JCC事務局長 見里朝士
 14:10-14:50 基調講演「地球規模感染症と企業の社会的責任」
講師:(財)日本国際交流センター 伊藤聡子氏
 14:50-15:00 休憩
 15:00-16:30 パネルディスカッション「HIV/エイズ、CSR、国際協力」
モデレーター:アフリカ日本協議会 稲場雅紀
パネリスト:@サンスター株式会社広報室 吉田智子氏
ASHAREタイ担当 西山美希
BJILAF現地支援Gグループリーダー 井上友孝
 16:30-16:40 閉会

4.申し込み
組織名、お名前をお書きの上、FAX(03−5250−0374)するか、
e-mail(iuf-jcc@iuf.org)にて、12月4日(金)までにご
連絡下さい。尚、参加費は無料です。

※NGO-労働組合国際協働フォーラムは、国際協力を行うNGOと労働組合が
協働するための枠組として2004年9月1日に設立されました。同フォーラムの
「HIV/エイズ等感染症グループ」には、(特活)アフリカ日本協議会、
(特活)シェア=国際保健協力市民の会、(財)国際労働財団、日本化学エネル
ギー鉱山労協(ICEM-JAF)、国際食品労連日本加盟労組連絡協議会(IUF-JCC)
が参加しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンポ【HIV/エイズと企業の社会的責任】 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる