エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エイズと安全保障:新たな、そして異なる脅威」(ASCI報告書)

<<   作成日時 : 2009/09/24 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) エイズと安全保障に関する新たな報告書が国連合同エイズ計画(UNAIDS)のサイトに掲載されていました。UNAIDSやオランダ、カナダ、スウェーデン、オーストラリアなどの政府機関と米国の民間財団からの資金を受け、米国のニューヨークにある社会科学研究評議会(SSRC)とオランダのハーグにあるClingendael国際関係研究所という2つの研究機関が合同で進めていた調査研究プロジェクトのまとめという位置づけのようです。当ブログでは、報告書発表に関するSSRCのプレスレリースを日本語に訳しました。参考にしていただければ幸いです。
戦争や地域紛争、および紛争後の復興、開発過程における混乱はHIV感染の大きな拡大要因になることはこれまでにも、しばしば指摘されてきました。今回の報告書では、それを裏付ける調査を通し、感染拡大を抑える政策に何が必要かを提言しているということです。SSRCのプレスレリースではその中から、(1)女性に対する暴力や強いられた性行為の防止策とHIV感染予防策を連動させた対策 (2)難民の帰還、兵士の復員、援助活動の縮小など、紛争から平和への移行期におけるHIV感染リスクの増大に対する対応 (3)HIV感染の流行に配慮した法律や政策を各国に促す新たな国際的努力 (4)軍隊内におけるHIV感染予防策の再検証・・・の4点を紹介しています。

SSRCのプレスレリースの原文は
 http://data.unaids.org/pub/PressRelease/2009/20090922_pr_asci_security_en.pdf
報告書のエグゼクティブ・サマリー(英文)は
 http://dl.getdropbox.com/u/1494596/HIV-AIDS%2C%20Security%20and%20Conflict%20Executive%20Summary.pdf

 でご覧下さい。


エイズと安全保障:新たな、そして異なる脅威
 ASCI報告書が、安全保障、紛争、平和構築とHIVとの関係について新たな認識を提供し、必要な対策を提言

【ハーグ 2009年9月22日】 「HIV/エイズと安全保障、紛争:新たな現実、新たな対応」と題された報告書が本日、発表され、HIV感染の流行が国際的な平和と安全、および各国国内の安定を脅かす様々な脅威を生み出していることを指摘した。10年前に国連安全保障理事会がHIVと安全保障との極めて深刻な関係について注意を喚起して以来、この問題に関しては人騒がせな警告から拒絶に至るまでさまざまな反応があった。エイズと安全保障、紛争に関するイニシアティブ(ASCI)は、本日発表した報告書の中で、政策策定のためのエビデンスを提供している。3年間の調査研究プログラムはHIV感染の流行が安全保障に対する大きな打撃となり、一方で安全保障の危機および安全保障の確立がHIVの感染拡大に影響をおよぼしていること、適切な政策とプログラムの実施によりそうした危険は克服できることも示している。

ASCIは、平和維持、平和構築、人道支援によってHIV感染のもたらすリスクをうまく調和させることができると思われる10の方法を示している。そこには以下のような項目が含まれている。

・ASCIは、女性に対する暴力や強いられた性行為とHIV感染のリスクの拡大との関係により大きな関心を払うことを含め、現在のこの世界的危機に対する新たなアプローチを求めている。報告書はまた、HIVの感染率に影響をおよぼす「コア・グループ」として、セックスワーカーや人身売買を支配する男性の集団を挙げている。
・報告書は戦争から平和への移行過程が、難民の帰還や兵士の復員、援助活動の縮小などにより、HIVの感染リスクを増大させうることを示唆している。ASCIは、国際的資金提供者に対し、援助と開発との間のHIVサービスのギャップを埋めるための資金の提供、および武装解除、復員対策にHIV予防、治療、ケア、支援を組み込むことを求めている。
・多くの国で、薬物使用やセックスワークや同性愛を犯罪とする法律および法執行により、注射針の交換やコンドーム使用の推奨など効果が証明されているHIV予防策が排除され、エイズの流行が潜在化する結果を招いている。ASCIは、立法機関や法執行機関の担当者を巻き込むことにより、HIVの流行に配慮した法律や政策を遂行するための新たな国際的努力を呼びかけている。
・ASCIは、軍隊におけるHIV感染予防に関し、「コマンド中心のアプローチ」という枠組みの中で、検査をめぐる議論の再検討を進めている。報告書は、軍隊において最も高い予防効果を達成し、同時にHIV予防、治療、ケアのベストプラクティスを取り入れることを可能にするためには、エイズ政策における責任を最高位の指揮官のもとに置くことが有効かどうか調べている。

 元軍医でHIV2を発見したウイルス学者でもあるASCIのSouleymane M’boup共同代表は「HIV予防はこれまで、当然であるとはいえ、医科学研究の成果を中心に考えられてきた。この報告書は、HIV感染の世界的大流行に関する社会科学分野の研究成果、および流行の拡大を促す政治、経済、社会的な要因について補足することを意図している。かりに、いますぐエイズワクチンが発見されたとしても、家庭、社会、平和と安全に対するHIV/エイズの影響は何世代もの間、続くだろう」と語っている。

UNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は「これらの知見は、性的な暴力の防止とHIV予防の両方に取り組むことの重要性を強調するものだ。両者の関係はまだ、地球規模のHIV予防、治療、ケア、支援の文脈の中で十分に認識されているとは言えない」と述べている。

オランダのBert Koenders開発協力大臣は「エイズと安全保障、紛争に関するイニシアティブ(ASCI)の報告書は重要だ。エイズは社会、経済基盤の弱い国で大きな課題となっている。この報告書は、潜在的なリスクにうまく対応するための政策やプログラムを遂行していくうえで大きな助けになる」という。

 3年間の調査研究の成果である「HIV/エイズと安全保障、紛争:新たな現実、新たな対応」は、HIV/エイズの流行と社会、経済基盤の弱い国、周知されていないサービス、人道危機と紛争後の移行過程などに関する29の調査研究(17カ国の研究パートナーが参加)で明らかにされたことを要約したものだ。

 社会科学研究評議会(ニューヨーク)とClingendael国際関係研究所(ハーグ)の合同プロジェクトであるASCI報告書は、エビデンスに基づき、知識の大きなギャップを解消することによって、HIV/エイズと安全保障の分野における政策とプログラムの周知を目指す地球規模調査研究イニシアティブの一環である。ASCIの研究は、オランダ外務省、オーストラリア国際開発機関、カナダ国際関係貿易局、ロックフェラー兄弟財団、スウェーデン外務省、UNAIDSから財政支援を受けている。


AIDS AND SECURITY: NEW AND DIFFERENT THREATS
ASCI Report Provides New Evidence, Proposes New Actions on Links between Security, Conflict, Peacebuilding and HIV

The Hague / 22 September 2009 - A new report, released today titled “HIV/AIDS, Security and Conflict: New Realities, New Responses,” provides evidence of the diverse threats HIV poses to international and national peace and security. In the ten years since, the UN Security Council drew attention to the deadly nexus linking HIV and security, there has been both alarmism and denial over these purported links. In its report, published today, the AIDS, Security and Conflict Initiative (ASCI) provides evidence for policy-making. Its three-year research programme demonstrates that HIV has important impacts on security, just as security crises and security institutions can influence HIV incidence, but that with good policy and appropriate programmes these dangers can be successfully overcome.

ASCI addresses ten specific ways in which peacekeeping, peacebuilding and humanitarian response efforts may be better attuned to the risks of HIV. Among them are the following:

• ASCI urges new approaches to this global crisis, including greater attention to the links between violence against women, forced sex, and the increased risk of HIV. The report also identifies the groups of men who control sex workers and sex trafficking as a “core group” for influencing rates of HIV transmission.
• The new report suggests that the transition from war to peace can increase risks of HIV transmission as refugees go home, soldiers leave the army, and relief agencies wind down. ASCI urges that international donors provide funds to cover the gap in HIV services between relief and development, and that HIV prevention, treatment, care and support be integrated into disarmament and demobilization efforts.
• In many countries, laws and law enforcement drive the AIDS epidemic underground by criminalizing injecting drug use, sex work or homosexuality—thereby ruling out proven HIV prevention methods such as needle exchange and the promotion of condom use. ASCI calls for a new international effort, involving lawmakers and law enforcement agencies, for HIV-sensitive laws and policing.
• ASCI revisits the testing debate within the framework of a “Command Centered Approach” to HIV prevention within the military. The report looks into the possible advantages of placing responsibility for AIDS policy at the highest level of command to allow for armies to achieve both the highest level of effectiveness and best practices in HIV prevention, treatment and care.

Souleymane M’boup, ASCI co-Chair, a former military doctor and virologist who discovered HIV 2 says, “the focus on HIV prevention has, understandably, been preoccupied with the biomedical science of HIV. This report intends to complement a growing body of social science research about the pandemic and our understanding of the political, economic and social factors driving it. Even if a vaccine were discovered today, the impacts of HIV/AIDS on families, societies, peace and security would continue to unfold for generations.”

Michel Sidibe, Executive Director of UNAIDS, says, “These findings underscore the importance of aligning efforts to prevent sexual violence and HIV prevention—these connections have yet to be well established within the global context of HIV prevention, treatment, care and support.”

Bert Koenders, Minister for Development Cooperation of the Netherlands, says: "The report of the AIDS, Security and Conflict Initiative is crucial. AIDS poses very specific challenges to fragile countries. This report helps us to implement programmes and policies that can successfully address the potential risks.”

The result of three years of research, “HIV/AIDS, Security and Conflict: New Realities, New Responses” summarizes the findings of twenty-nine research studies (involving research partners in seventeen different countries) on HIV/AIDS and fragile states, uniformed services, humanitarian crises and post-conflict transitions.

A joint project of the Social Science Research Council (New York) and Clingendael Institute for International Relations (The Hague), ASCI’s report is part of a global research initiative aimed at informing policy and programming by strengthening the evidence base and addressing critical gaps in knowledge in the fields of HIV/AIDS and security. Financial support for ASCI’s work was provided by the Netherlands Ministry of Foreign Affairs, the Australian Agency for International Development, the Canadian Department of Foreign Affairs and International Trade, the Rockefeller Brothers Fund, the Swedish Ministry of Foreign Affairs and UNAIDS.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「エイズと安全保障:新たな、そして異なる脅威」(ASCI報告書) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる