エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS  アジアにおける親密なパートナーからのHIV感染

<<   作成日時 : 2009/08/13 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

(解説) インドネシアのバリで開かれている第9回アジア太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP2009)の会場で8月11日、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表した報告書のプレスレリースです。アジアにおけるHIVの主要感染経路は、異性間の売春、男性の同性間の性行為、薬物注射など国によって様々です。それはアジアの多様性を反映する物ものでもありますが、同時にこうしたHIV感染のリスクの高い行為を続ける男性から、その妻や恋人など長く付き合っている女性へのHIV感染を予防する対策の必要性がこの報告書では強調されています。プレスレリースの見出しにもあるように、こうした感染リスクにさらされている女性は約5000万人と推定されているそうです。これは現在、世界全体で推定されているHIV陽性者を大きく上回る人数です。人口の多いアジアで感染が拡大していくと、いかに大きな影響があるのかをうかがわせる数字といってもいいでしょう。アジアの多くの国で、女性が夫や恋人からの暴力を拒否したり、性行為を行うかどうかを交渉する力が弱い状態に置かれていることが、女性の感染リスクを高めていることも指摘されています。その意味では、女性の地位や発言力を高めることがHIV予防対策としても重要です。同時に、そのパートナーである男性に対する予防介入策の規模拡大の必要性も強調されています。どちらか一方にのみ偏るのではなく、男女両方を支え、HIV感染の予防に取り組めるような状態を目指すことが必要ということでしょう。報告書は http://data.unaids.org/pub/Report/2009/intimate_partners_report_en.pdf でダウンロードすることができますが、ちょっと長いので、ここではプレスレリースのみ日本語に訳しました。




アジアの女性5000万人が親密なパートナーからのHIV感染のリスクにさらされている
 HIV予防介入は男性とセックスをする男性、薬物注射使用者、女性セックスワーカーの客、そしてそれらの人たちと長く付き合いのある女性パートナーを対象にする必要がある。第9回アジア太平洋地域エイズ国際会議で新たな報告書を発表

原文は http://data.unaids.org/pub/PressRelease/2009/20090811_pr_intimatepartners_en.pdf


 【バリ 2009年8月11日】 アジアの女性推定5000万人が、彼女たちの親密なパートナーからのHIV感染のリスクにさらされている。多数のアジアの国からの信頼性の高い報告によると、これらの女性の多くは、感染リスクの高い性行為を行う男性と結婚していたり、長く関係を持っている女性である。インドネシアのバリで開かれている第9回アジア太平洋地域エイズ国際会議で11日、国連合同エイズ計画(UNAIDS)とその共同スポンサー機関、市民社会関連団体がまとめた新たな報告書「アジアにおけるHIV感染と親密なパートナー関係」が発表され、その中でこうした「発見」が明らかにされた。

 アジアのHIV感染の流行は国によってさまざまだが、感染防止策をとらない売買春、薬物注射の注射器具の共用、感染防止策をとらない男性間の性行為によって感染拡大に拍車がかかっている。HIV感染者人口の中で最も多数を占めるのは売春客の男性であり、そのほとんどは既婚者かいずれ結婚する男性である。このことは、性行為の相手が夫や長く付き合っている男性に限られているため、HIV感染のリスクは低いと考えられていた女性のかなり多くが、実際にはHIV感染のリスクにさらされているということでもある。

 アジアで生活している女性のHIV陽性者170万人の約90%は夫もしくは長く付き合っていた男性からHIVに感染したと推定されている。アジアのHIV陽性者の中に占める女性の割合は、1990年には17%だったが、2008年には35%を占めるまでに増えている。

 「感染リスクの高い性行為をする男性のパートナーである女性に焦点を当てたHIV感染予防プログラムはいまなお、アジア各国のHIV計画の中にきちんと位置づけられておらず、政策の優先順位も低い」とUNAIDSのアジア太平洋地域サポートチームのプラサダ・ラオ代表は報告書の発表会見で語った。「リプロダクティブヘルス対策とエイズ対策のプログラムを統合し、地方や都市近郊に住む女性に対し両方を結びつけたサービスを提供していくことが、親密なパートナーの間でのHIV感染を減らす鍵となるだろう」

  カンボジア、インド、タイでHIV新規感染の最も多数を占めるのは結婚した女性である。当初は薬物使用者にHIV感染が集中していたインドネシアでは、HIVは現在、長くつきあいのあるパートナーやセックスワーカーを含むセックスワークのネットワークを通じて急速に拡大している。アジア数カ国の調査によると、15%から65%の女性が、親密なパートナーからの身体的、性的暴力を受けており、その分、HIV感染のリスクが高まっている。バングラデシュ、インド、ネパールの調査では、多数の相手との感染防止策をとらない性行為でHIVに感染している夫からの暴力を受けている女性は、夫が多数の相手との性行為をしておらず、暴力も振るわないという女性に比べると、7倍もHIVに感染している率が高い。

報告書によると、家父長制の強いアジア諸国の文化では、女性が性行為について親密なパートナーと交渉する力は厳しく制限されている。男性が婚外交渉をしたり、多数の相手とセックスをすることにタイしては寛容なのに、女性には一般的に結婚するまでセックスはせず、結婚後も性交渉の相手は夫のみに限定することが期待されている。

 「われわれの社会に見られる女性、女児に対する差別と暴力はエイズの流行を広げる原因になっている」とUNIFEM(国連女性基金)南アジア事務所のJean D’Cunha所長は語る。

 報告書はまた、HIV陽性率の高い国で働いていた移住労働者が帰国すると、その女性パートナーのHIV感染のリスクが増大することも指摘している。ベトナムでの調査によると、既婚の移住労働者は売春客になり、コンドームはあまり使わない傾向があるという。

親密なパートナーからのHIV感染を予防するために、UNAIDSは4点の主な勧告を行っている。

1 男性と性行為をする男性、薬物注射使用者、売春客に対するHIV予防介入の規模を拡大し、妻や恋人を守ることの大切さを強調する。

2 弱い立場の女性、およびその男性パートナーのニーズに対応した構造的な介入を行う。男性に対するセクシャルヘルス・サービスも含めたリプロダクティブヘルス・プログラムの拡大もその中に含まれる。

3 移住人口層に対するHIV予防介入策を拡大し、その中に親密なパートナーを守ることを含める。

4 親密なパートナーの間でのHIV感染の力学を理解するためのオペレーショナルリサーチを行う。

「親密なパートナーの間でのHIV感染を予防するための対策はスタートしたばかりだが、対策の新たな進め方を模索するものでもあり、非常に重要である」とセブンシスターズ(HIV/エイズに関するアジア太平洋地域のネットワークの連合体)のVince Crisostomo地域コーディネーターは話す。「究極のゴール女性を力づけることであり、責任が男女両方にあることをはっきり示す必要がある」

 UNAIDS、およびUNDP、UNFPAを含む共同スポンサー、その他のパートナーは本日、親密なパートナーの間での感染を取り上げ、シンポジウムを開催する。シンポの目的は、女性が親密なパートナーからHIVに感染しやすくなっていることを示すエビデンスを集約し、対応策を検討していくことだ。

用語説明
  報告書における「親密なパートナーの間でのHIV感染」という用語は、薬物注射使用者、男性とセックスをする男性、売春客などの男性から長く付き合っている女性へのHIV感染を指している。女性から親密な男性パートナーへの感染も確認されているが、男性から女性パートナーへのHIV感染の方が圧倒的に多いことから、この報告書では男性から女性への感染に焦点をあてている。





50 million women in Asia at risk of HIV from their intimate partners
 HIV prevention interventions must reach men who have sex with men, injecting drug users, clients of female sex workers as well as their long-term female partners, according to a new report released at the 9th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific

Bali, 11 August 2009 – An estimated 50 million women in Asia are at risk of becoming infected with HIV from their intimate partners. Evidence from many Asian countries indicates that these women are either married or in long-term relationships with men who engage in high-risk sexual behaviours. These findings are published in a new report by UNAIDS, its Cosponsors and civil society partners entitled HIV Transmission in Intimate Partner Relationships in Asia, being released today at the 9th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific in Bali.

The HIV epidemics in Asia vary between countries in the region, but are fuelled by unprotected paid sex, the sharing of contaminated injecting equipment by injecting drug users, and unprotected sex among men who have sex with men. Men who buy sex constitute the largest infected population group – and most of them are either married or will get married. This puts a significant number of women, often perceived as ‘low-risk’ because they only have sex with their husbands or long-term partners, at risk of HIV infection.

It is estimated that more than 90% of the 1.7 million women living with HIV in Asia became infected from their husbands or partners while in long-term relationships. By 2008, women constituted 35% of all adult HIV infections in Asia, up from 17% in 1990.

“HIV prevention programmes focused on the female partners of men with high-risk behaviours still have not found a place in national HIV plans and priorities in Asian countries” said Dr Prasada Rao, Director, UNAIDS Regional Support Team Asia and the Pacific, speaking at the launch of the report. “Integration of reproductive health programmes with AIDS programmes and the delivery of joint services to rural and semi-urban women are the key to reducing HIV transmission among intimate partners.”

In Cambodia, India and Thailand, the largest number of new HIV infections occur among married women. In Indonesia, where HIV was initially concentrated among drug users, the virus is now spreading quickly into sex work networks, including long-term partners and sex workers.

Research from several Asian countries indicates that between 15% and 65% of women experience physical and/or sexual violence in intimate partner relationships, placing them at increased risk of HIV infection. According to studies in Bangladesh, India and Nepal, women exposed to intimate partner violence from husbands infected with HIV through unprotected sex with multiple partners were seven times more likely to acquire HIV compared to women not exposed to violence and whose husband did not have sex with multiple partners.

The strong patriarchal culture in Asian countries severely limits a woman’s ability to negotiate sex in intimate partner relationships, according to the report. While there is a societal toleration of extramarital sex and multiple partners for men, women are generally expected to refrain sex until marriage and remain monogamous thereafter.

“Discrimination and violence against women and girls, endemic to our social fabric, are both the cause and consequence of AIDS,” said Dr Jean D’Cunha, Regional Director, UNIFEM South Asia.

The report also indicates that the female partners of migrant workers have been shown to be at increased risk of HIV infection when the latter return from working in countries with high HIV prevalence. A study in Viet Nam showed that married migrant workers reported having commercial sex partners and low condom use.

To prevent HIV transmission among intimate partner relationships, the UNAIDS report outlines four key recommendations:

1. HIV prevention interventions must be scaled-up for men who have sex with men, injecting drug users, and clients of female sex workers and should emphasize the importance of protecting their regular female partners.

2. Structural interventions should be initiated to address the needs of vulnerable women and their male sexual partners. This includes expanding reproductive health programmes to include services for male sexual health.

3. HIV prevention interventions among mobile populations and migrants must be scaled-up and include components to protect intimate partners

4. Operational research must be conducted to obtain a better understanding of the dynamics of HIV transmission among intimate partners.

“The work that has been started around prevention of HIV transmission in intimate partner relationships is incredibly important because it means a new way of doing our work,” said Vince Crisostomo, Regional Coordinator, Seven Sisters (Coalition of Asia Pacific Regional Networks on HIV/AIDS). “The ultimate goal is the empowerment of women and it shows that the responsibility is on both sides.”

UNAIDS, its Cosponsors, including UNDP and UNFPA, and partners are organizing a symposium today at the conference to address HIV and intimate partner transmission. The aim is to take stock of evidence showing the increasing vulnerability of women to HIV transmission from their intimate partners and address critical policy and programme challenges.

Terminology

The term “HIV transmission in intimate partner relationships” in this report is used to describe transmission of HIV to women from their long-term male partners who inject drugs, have sex with other men or are clients of sex workers. Although there is evidence of HIV transmission from women to their intimate male partners, the main focus of this report is on HIV transmission from men to their female partners, as this route of infection is much more common.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第16号
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第16号(2009年9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2009/09/29 07:45
TOP HAT News第43号(2012年3月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第43号(2012年3月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2012/04/04 01:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
 アジアにおける親密なパートナーからのHIV感染 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる