エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS ICAAP2009開幕

<<   作成日時 : 2009/08/11 15:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 第9回アジア太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP2009)は8月9日、インドネシアのバリで開幕しました。13日まで5日間の会議にはアジア太平洋地域を中心に世界中から3000人を超えるエイズ研究者、アクティビスト、行政官などが参加し、全体会議やシンポジウムによる学術発表やエイズ対策の現場からの成果発表、さまざまな技術や知識を伝えるためのワークショップ、参加者の交流をはかり、経験を共有する関連行事などが開催されています。経済危機の影響もあり、これまで何とか成果を上げてきたエイズ対策が、成果が上がっているのだからといった理不尽な理由で「もういいだろう、エイズは」などと切り捨てられかねない現状がいま世界にはあります。言うまでもないことですが、アジアは多様であり、日本国内でも、アジア太平洋地域の各国でも、それぞれの多様な事情を抱えながら、何とかエイズ対策に取り組み、その多様な困難をやっとの思いで克服しつつ、何とか一定の成果も上げてきました。そうした背景をせせら笑うかのように、多様なアジアの国々が世界経済危機といわれなき「エイズはもういいだろう気分」に直面し、苦境に陥っていく事情は実は、情けなくなってくるほど共通しているようにも見えます。初日の9日、UNAIDSとICAAP2009のそれぞれの公式サイトに掲載された簡単な報告記事各1本を大急ぎで訳しました。


 原文は "Empowering People, Strengthening Networks" — 9th ICAAP opens  (UNAIDS)   http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2009/20090809_ICAASA_opening_notes.asp

  A Call for Stronger Commitment to Universal Access(ICAAP2009)
    http://www.icaap9.org/news.php?id_news=27

 


第9回ICAAP開幕 "Empowering People, Strengthening Networks"  (UNAIDSのサイトから)

 第9回アジア太平洋地域エイズ国際会議は9日、インドネシアのバリでスシロ・バンバン・ユドヨノ同国大統領が開会を宣言し、 “Empowering people, strengthening networks”のテーマのもとに13日まで5日間の会議の幕を開けた。

 開会式ではUNAIDSアジア太平洋地域サポートチームのJVRプラサダ・ラオ代表がミシェル・シデベ事務局長のスピーチを読み上げ、将来の世代のHIV感染がなくなるようにするために必要な社会の雰囲気とエイズと闘う人たちを支援するような社会規範の確立を呼びかけた。

 会議では何千人もの参加者が5日間にわたり、アジア太平洋地域におけるエイズ対策をめぐって話し合う。また、参加者はエイズの流行について、移住人口、薬物注射、人権、ジェンダーなど幅広い観点からも議論していく。

  ラオ氏は「アジア太平洋地域の多くの国で、2010年までに普遍的アクセスが達成できるかどうかについて、エビデンスに基づく議論が交わされるだろう。会議の幅広いセッションと関連行事では、エイズの流行のさまざまな側面と域内における対策が取り上げられることになる」と語っている。

 「会議は、アジア太平洋地域の多数の国で、エイズ対策を引っ張ってきたコミュニティグループが互いに力を合わせ、あるいは政府など他のパートナーとの協力によって達成してきた数多くの成果のショーケースである。この点は非常に印象的だ」とラオ氏は続けた。



会議プログラム

 隔年開催のICAAPは今回、24のシンポジウム、32のスキルズビルディング・ワークショップ、75のサテライトミーティングが予定されている。プログラム委員会は口頭発表演題のためのアブストラクト349点とポスター展示のためのアブストラクト1932点を受理している。

 会議のもうひとつの大きな目的は、エイズ対策の効果を高めるため、個人を力づけ、ネットワークを強化することである。

 
若者と女性
 アジア太平洋地域のすべての国の若者のネットワーク、組織の連合体であるバリ・ユースフォース(BYF)は、第9回ICAAPにおける若者の参加を大きく促進してきた。

 UNAIDS事務局と共同スポンサーは、数多くのイベントに参加し、長くつきあっているパートナーから女性がHIVに感染するリスクが高まっていることを指摘する新たな報告書「アジアにおけるHIV感染と親密なパートナーとの関係」の発表など一部は主導もしている。


 アジア太平洋地域のHIV感染の流行

 アジアにおけるエイズ独立委員会(2008)の報告書によると、アジアではエイズは15歳〜44歳の年齢層の最も大きな死亡原因であり、労働力喪失の原因となっている。

 2008年の世界のエイズの流行に関する報告書では、2007年のアジアのHIV陽性者は500万人と推定されている。セックスワーク、薬物注射、男性同士の感染防止策をとらない性行為など、アジア地域にはいくつかの経路を通してHIVの感染が広がっており、アジアは世界で最も多様な流行が重複する地域となっている。太平洋地域の流行は比較的、規模が小さく、2007年の段階でオセアニアのHIV陽性者は7万4000人と推定されている。




普遍的アクセスへの関与の強化を求める(ICAAP2009のサイトから)

【バリ 2009年8月9日】 第9回アジア太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP2009)が日曜日に開幕した。会議は普遍的アクセスを実現するための関与を強化し、予防、治療、ケア、支援を最も必要としている人たちに提供していくことを呼びかけた。

 インドネシアのファーストレディでエイズ大使でもあるバンバン・ユドヨノ大統領夫人が他のエイズ大使とともに、2001年の国連エイズ特別総会のコミットメント宣言、および2006年の国連エイズレビュー総会の政治宣言で行った約束の実現に向け、世界的な経済危機の強い圧力の中でも、努力を続けるよう各国に呼びかけた。

 インドネシアのバリ・コンベンションセンターで開幕したICAAPには3000人を超える参加者が集まった。今年の会議のテーマは「Empowering People, Strengthening Networks」である。

  国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は会議へのメッセージの中で、アジア太平洋地域のいくつかの国はHIV感染の拡大を抑えることに成功しつつあるように見えるが、流行の軌道を変えるには十分ではないと述べた。

 「われわれは、アジアのエイズ対策が人々、とりわけ社会から排除され発言力を奪われている人々に有効に機能するよう変えていかなければならない」と彼は語った。

 「それはセックスワーカーや男性とセックスをする男性、トランスジェンダー、薬物注射使用者とそのパートナーといった人たちを守るということである」

  エイズ大使の会合は、長く継続する流行に対応して活動をより大きくしていく方法や責任をより明確にしていく方法について話し合った。

 ICAAPは地球規模のエイズ対策について、科学面や対策の実施面、政策面などから最新の成果を発表し、議論するためにアジア太平洋エイズ学会(ASAP)が隔年で開催している。

 地元組織委員会のズバイリ・ドジョーバン委員長は「第9回ICAAPはこの地域が、世界の多く地域と同じように、安定を脅かされ、新型インフルエンザが流行する中で開かれている。まさにそれだからこそ、大きな勇気を示し、アジア太平洋地域のエイズの流行の軌道を変えるためにここに集まったかたたちに感謝したい」と語った。

 
 開会式は会議サイトのウエブキャストで中継放送され、会議期間中および会議後も  http://www.icaap9.org で見ることができる。







 
"Empowering People, Strengthening Networks" — 9th ICAAP opens  (UNAIDS)

The President of the Republic of Indonesia, H.E. Hj. Dr Susilo Bambang Yudhoyono has officially opened the 9th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific (ICAAP), which this year takes place in Bali, Indonesia from 9-13 August under the theme “Empowering people, strengthening networks”.

At the opening ceremony, Mr JVR Prasada Rao, Director, UNAIDS Regional Support Team, Asia and the Pacific, has delivered a speech on behalf of UNAIDS Executive Director, Mr Michel Sidibé calling for the establishment of enabling environments and supportive social norms necessary to deliver a future generation free of HIV.

The Congress has drawn thousands of people together for five days of discussion around the AIDS response in the Pacific and across Asia. Together they will discuss a wide range of issues and contexts for the AIDS epidemic in these regions including mobility and migration, injecting drug use, human rights as well as gender.

According to Mr Rao “There will be evidence-based discussion on whether Universal Access can be an achievable goal by 2010 for many countries in Asia and the Pacific. Every facet of the epidemic and the region’s responses are featured in the wide array of session and activities.”

Mr Rao continued, “What is really impressive is that the conference will showcase the immense progress made by community groups, working together and in partnership with government and other partners, in spearheading the response in many countries in the Asia Pacific region.”

Congress Programme
The event, which takes place every two years, is broad in scope as it includes 24 symposia, 32 skills-building workshops, and 75 satellite meetings. Some 349 abstracts have been accepted by the programme committee for 64 sessions of oral presentations, and 1932 abstracts accepted for poster presentations.

The other main goals of the event are to empower individuals and strengthen networks in the regions to effectively respond to AIDS.

Young people and women
The Bali Youth Force (BYF), a coalition of youth networks and organizations that has collective representation in all Asia & Pacific countries, encouraged significant youth participation in the 9th ICAAP.

UNAIDS Secretariat and its Cosponsors will participate and lead a wide number of events including the launch of a new report, HIV Transmission in Intimate Partner Relationships in Asia, that highlights the increased risk of HIV infection by women engaged in long-term relationships.

HIV epidemic in Asia and Pacific
According to the Independent Commission on AIDS in Asia (2008), AIDS remains the most likely cause of death and loss of work days among people aged 15 to 44.

An estimated 5 million people in Asia were living with HIV in 2007 according to 2008 report on the global AIDS epidemic. The several modes of HIV transmission present in the region, via sex work, injecting drug use, and unprotected sex between men; make Asia’s epidemic one of the most diverse in the world. The Pacific region’s epidemics are relatively small with an estimated 74 000 people living with HIV across Oceania in 2007.











A Call for Stronger Commitment to Universal Access(ICAAP2009)


Bali, 9 August 2009 — The 9th International Congress on AIDS in Asia and the
Pacific (ICAAP) opened Sunday with calls for a strengthened commitment to
achieving Universal Access and providing prevention, care, support and
treatment for those who need it most.

Indonesian First Lady and AIDS Ambassador, Her Excellency Hj. Ani Bambang
Yudhoyono, and other AIDS Ambassadors also urged nations to work towards
implementing the Declaration of Commitment adopted at the UN General
Assembly Special Session on AIDS in 2001 and the Political Declaration of
2006, despite the pressures of the global economic crisis.

More than 3,000 delegates are taking part in ICAAP at the Bali Convention
Centre in Indonesia. This year's theme is "Empowering People, Strengthening
Networks."

In a message to the Congress, UNAIDS Executive Director Michel Sidibé said
some countries in the Asia Pacific were beginning to see success in their
efforts to reverse the spread of HIV, but not enough to break the trajectory
of the epidemic.

“We must transform the AIDS response in Asia so that it works for people —
especially for people who have been marginalized and without a voice," he
said.

 "This means protecting sex workers, men who have sex with men, transgender,
injecting drug users and their intimate partners.”

A meeting of AIDS Ambassadors discussed ways of mobilizing greater action
and putting in place stronger accountability measures in responses to the
continuing epidemic.

ICAAP is a biennial gathering for the release and discussion of scientific,
programmatic and policy developments in the global response to HIV/AIDS and
is convened by AIDS Society of Asia and the Pacific (ASAP).

Local Organizing Committee Chair Prof. Dr. Zubairi Djoerban said,
“The 9th ICAAP takes place when this region, like much of the world, is
challenged by stability threats and of a new variant of influenza which have
claimed lives while leaving many others severely ill the world over.

“For this very reason, let me express my gratitude to all of you who have
unaffectedly shown your greatest courage to be here and enhance our
commitment to reverse the course of the AIDS epidemic in the region,”

The full Opening Session of ICAAP will be webcast live on the congress
website’s virtual media center and is available for viewing during and
after the event at http://www.icaap9.org
The 9th ICAAP acknowledges the support of Abbot Laboratories, Bogbog,
Chevron, DKT Indonesia, Indosat M2, The Jakarta Post, Kelompok Media Bali
Post, and Metro TV for media activities during the Congress.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エイズと大統領夫妻と薬物使用 ICAAP2009報告
(解説) 8月9日から13日までインドネシアのバリで開かれた第9回アジア太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)は最終的に参加者が約5000人という大会議だったようです。会議に参加したエイズ&ソサエティ研究会議の樽井正義副代表の報告です。 ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2009/08/21 17:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ICAAP2009開幕 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる