エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS HIV治療の予防効果 IAS2009レリース2

<<   作成日時 : 2009/07/22 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) ケープタウンで開かれている第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議のプレスレリースです。HIV治療の予防応用に関する議論、母子感染防止と母乳保育の両立など、重要な課題が取り上げられているようです。 レリースの原文は http://www.ias2009.org/admin/images/upload/768.pdf


 HIV治療の予防効果により、治療崩壊の回避と普遍的目標達成に向けたアクセス拡大が一段と重要になる
   母子感染を減らすための戦略、およびHIV治療の2つの潜在的な可能性が会議の全体会合で強調される

(2009年7月20日 南アフリカ・ケープタウン) 第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2009)の第一プレナリー(全体会合)で講演した研究者たちは、現在及び将来のHIV予防研究の見通しを述べ、新たな治療の道を開く遺伝子とHIV関連の炎症について検討した。19日から22日までケープタウンで開催されている今回の会議には、研究者、臨床医、コミュニティ指導者など5000人を超える専門家が参加しており、予防目的の多剤併用療法(HAART)のデータやHIVの母子感染を減らす新たな戦略なども含む発表内容は、その専門性の多様さを反映するものだった。

 「抗レトロウイルス療法に加えられた予防面での効果は、HIV治療の普及の必要性に新たな理論的根拠を与え、生死にかかわる医療のアクセスの崩壊を避けることがいかに重要であるかを示すものだ」とIAS2009の議長であり、カナダ・バンクーバーのBC Centre for Excellence in HIV/AIDSの所長でもあ るIASのフリオ・モンタネール代表は語った。「発症や死亡ととともにHIVの感染自体も減らせることから、治療の規模拡大は人道的、公衆衛生的観点から正しいというだけでなく、コストを削減する介入策であることが明らかになった。現在のような困難な時期には財政的にも説得力を持つ対策である」

 「抗レトロウイルス治療のアクセスを今後も拡大していくには、ウイルスと人の体との間の相互作用とその影響を知るための研究課題をしっかりと維持していかなければならない」とディラ・センウェの代表で、ダーバンにあるクワズル大学ドリス・ディユーク医科学研究所のScientific Director でもあるIAS2009のフーセン(ジェリー)コーバディア共同議長はいう。「私たちはHIV治療の新たな道を切り開き、明確で費用対効果の高い母子感染予防策を世界中の女性のために実現させるよう倦むことなく努力を続けなければならない」

 予防としてのHAART

 プレナリーの講演で、世界保健機関(WHO)HIV/エイズ部門のHIV結核担当官、ルーベン・グラニッチ博士は、行動科学、社会構造、医学医療に関わるHIV予防介入策の一環として、HAARTを活用することについて検証した。グラニッチ博士は、これまでの経緯を報告し、臨床および予防の両方の利益を最大化するにはARTをいつ開始したらいいのかなど、この新たな戦略の基本的な前提について説明した。彼はまた、HAARTを予防に活用するには人権を尊重し、人の尊厳を守り、コミュニティの関与を進めることが不可欠であると強調し、生物学上で未解決な問題や実現可能性、研究の費用の問題などの課題を検討した。

HIVと宿主の遺伝子的特性

 アマリオ・テレンティ博士は比較的、新しい分野であるHIVと宿主の遺伝子的特性について報告し、宿主の遺伝子的特性とHIV1感染症の感受性、血液中の薬のレベルと毒性などを検討した。スイスのローザンヌ大学のウイルス学教授で同大学医療センターのマイクロバイオロジー研究所長であるテレンティ博士は、スタート時点では誤りはあったものの、HIV感染症の進行と薬物毒性に関してよく見られる個人の遺伝特性の違いが果たす役割に対する理解など、この分野のデータは現在ではしっかりしていると語った。テレンティ博士は最後に、 希少な遺伝子的特性の研究をさらに進め、その特性が感染の感受性や発症に果たす役割についてより詳しく理解し、宿主の遺伝子的特性に関する知識を臨床に活かす必要があると指摘した。

母子感染予防

 ルイーズ・キューン博士は、母乳保育期間中の母子感染予防(PMTCT)戦略の画期的なデータを強調し、授乳支援やカウンセリング、出産後の母親に対するHAART、ネビラピンによる赤ちゃんへの予防的投薬をなど、PMTCTの最新の知識を実践に活かすために政治指導者が動くことを呼びかけた。キューン博士によると、母乳保育を回避したり、期間を短くしたりすることのマイナスの影響を考えると、こうした介入策は緊急に実施する必要があるという。キューン博士はまた、サハラ以南のアフリカでは母子感染予防のために短期の抗レトロウイルス薬を処方するプログラムの実施がかなりの成果をあげてはいるものの、より広範に実施していくには、カバーの範囲や治療と予防のプログラムの調整などを大きく改善していく必要があると指摘した。キューン博士はコロンビア大学の医学部のthe Gertrude H. Sergievsky CenterとMailman 同大学のMailman School of Public Healthの疫学の准教授である。

炎症とHIV:新たなパラダイム
 ワファー・エルサドル博士は、炎症が陽性者の疾患と死亡の重大な原因になっているという、炎症のいまわしい役割を強調した。炎症が陽性者の臓器を傷害することは指摘されており、いくつかのマーカー、とくに炎症を示すマーカーと感染症の進行、心疾患、死との関連が言われている。エルサドル博士は優れた検証によって、非エイズ合併症、つまりエイズではないがん、心、腎、肝合併症などが、罹患と死亡の原因になっていることを示した。効果的なARTがHIV関連の罹患と死亡を大きく減少させたからである。博士はまた、HIVに関連する炎症を抑える新たな介入が必要であると語った。エルサドル博士はコロンビア大学Mailman School of Public Healthのエイズ治療計画国際センターの所長で、ニューヨーク市のハーレム病院センターの感染症部長もつとめている。




BENEFIT OF HIV TREATMENT AS PREVENTION UNDERSCORES
NEED TO AVERT TREATMENT DISRUPTIONS
AND EXPAND ACCESS TO REACH UNIVERSAL TARGETS
Strategies for Reducing Maternal Transmission, and Two Potential New Avenues of HIV Treatment Also Highlighted in Conference Plenary

(20 July 2009 – Cape Town, South Africa) Researchers speaking in the first plenary session of the 5th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2009) offered insights into current and future HIV prevention research and examined genetics and HIV-related inflammation as avenues for new treatments. The presentations, which also included data on the use of highly active antiretroviral therapy (HAART) for prevention and an update on strategies to reduce maternal transmission of HIV, reflect the breadth of expertise among the more than 5,000 researchers, clinicians and community leaders attending the conference, which runs from 19-22 July in Cape Town.

“The added preventive benefit of antiretroviral therapy represents a compelling new rationale for the re-invigoration of HIV treatment roll-out and gives further urgency to the need to avert disruptions in access to life-saving medicines,” said IAS President Dr. Julio Montaner, who is IAS 2009 Chair and Director of the BC Centre for Excellence in HIV/AIDS in Vancouver, Canada. “By reducing HIV transmission, as well as morbidity and mortality, treatment scale up is not only the right the thing to do for humanitarian and public health reasons; it is also a cost averting intervention, which makes fiscal sense in these difficult times.”

“As we continue to expand access to antiretroviral therapy, it is crucial that we maintain a robust basic research agenda to learn more about how the virus interacts with and impacts the human body,” said IAS 2009 Local Co-Chair Dr. Hoosen (Jerry) Coovadia who is Chairman of Dira Sengwe and Scientific Director of the Doris Duke Medical Research Institute at the University of KwaZulu-Natal in Durban. “We must remain relentless in our efforts to find avenues to treat HIV and ensure that proven and cost-effective strategies available to prevent maternal transmission are implemented broadly and available to women worldwide.”

HAART as Prevention
In his plenary remarks, Dr. Reuben Granich, Medical Officer for HIV/TB in the HIV/AIDS Department of the World Health Organization (WHO), examined the significant promise of the use of HAART as part of a combined approach to HIV prevention that includes behavioral, structural and biomedical prevention interventions. Dr. Granich outlined the context and basic assumptions regarding this emerging strategy, including when to start ART for maximal clinical and prevention benefit. He also highlighted the essential roles of human rights, dignity and community engagement in the use of HAART for prevention and discussed the outstanding biological, feasibility, impact and cost issues related to research in this arena.

HIV and Host Genetics
Dr. Amalio Telenti discussed the relatively new field of HIV and host genetics, examining the
role of host genetics in susceptibility to HIV-1 disease, plasma drug levels and treatment
toxicity. Dr. Telenti, Professor of Medical Virology and Director of the Institute of
Microbiology at the University Hospital Center of the University of Lausanne, Switzerland
noted that despite some false starts, there is now solid data in this arena, including a
thorough understanding of the role of common human genetic variation in HIV disease
progression and drug toxicity. Dr. Telenti concluded by outlining the need for greater
knowledge about the role of rare human genetic variation on susceptibility to infection and
disease, and the translation of knowledge about host genetics into clinical tools

Prevention of Mother-to-Child Transmission
Dr. Louise Kuhn called for a mobilization of political will to implement the latest knowledge
on prevention of mother-to-child transmission (PMTCT), highlighting data on breakthroughs
in PMTCT strategies during breastfeeding, including lactation support and counseling,
continuation of maternal HAART after delivery, and extended infant prophylaxis with
nevirapine. According to Dr. Kuhn, the urgency of implementing these interventions is
underscored by accumulating data on negative impacts of avoiding or shortening the
duration of breastfeeding. Dr. Kuhn also noted that despite the substantial progress
implementing programmes using short antiretroviral regimens for PMTCT in sub-Saharan
Africa, significant improvements in coverage and coordination between treatment and
prevention programmes are needed for broader implementation. Dr. Kuhn is Associate
Professor of Epidemiology in the Gertrude H. Sergievsky Center, College of Physicians and
Surgeons at Columbia University and the Mailman School of Public Health.

Inflammation and HIV: A New Paradigm
Dr. Wafaa El-Sadr highlighted the unappreciated role of inflammation as an important cause
of morbidity and mortality in people living with HIV. Inflammation has been noted to cause
organ damage in people living with HIV, and biomarkers, particularly inflammatory markers,
are associated with HIV disease progression, cardiac disease and mortality. Dr. El-Sadr
reviewed the prominence that non-AIDS complications, including non-AIDS cancers and
cardiac, renal, liver complications, have gained as a cause of morbidity and mortality as
effective ART has dramatically decreased HIV-related morbidity and mortality. She also
discussed the need for innovative interventions to control the HIV-associated inflammatory
response. Dr. El Sadr is Director of the International Center for AIDS Care and Treatment
Programs at the Columbia University Mailman School of Public Health, as well as Chief of
the Division of Infectious Diseases at Harlem Hospital Center in New York City.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HIV治療の予防効果 IAS2009レリース2 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる