エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連総会がエイズ対策の進捗状況を検証

<<   作成日時 : 2009/06/26 14:28   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) ニューヨークの国連本部で6月16日、世界のエイズ対策の進捗状況を検証する国連総会の会合が開かれました。潘基文(パン・ギムン)事務総長からは、2001年の国連コミットメント宣言、2006年の政治宣言の中で各国が行った約束がどこまで実現したかをまとめた報告書が提出されました。そのプレスレリースの日本語訳です。原文は http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2009/20090612_UN_SG_AIDS_progress.asp



国連総会がエイズ対策の進捗状況を検証

 エイズ対策への地球規模の投資は最も効果のある投資のひとつであり、経済危機の中でもHIV対策への関与を維持、強化することが大切である − 第63回国連総会への事務総長報告


 ニューヨークの国連本部で2009年6月16日に開かれた第63回国連総会の会合で、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は、HIV/エイズに関するコミットメント宣言、および政治宣言の実施状況に関する報告書を提出した。国連加盟国で最初に演説を行ったのは南アフリカの保健相に就任したばかりのアーロン・モツアレディ博士だった。南アフリカ開発コミュニティ(SADC)を代表して演説を行ったモツアレディ博士は、南アフリカおよびSADC地域における最近のエイズ対策の成果を報告した。

 今年の事務総長報告書は、エイズ対策分野における最新情報を報告し、すでに合意されている2010年の目標をにらみつつ、対策の前進をはかるための提言を行い、HIV予防、治療、ケア、支援への普遍的アクセスというゴールに向けて新たな約束を求めている。

 国連総会は2008年6月、HIV/エイズ高級レベル会合を開き、地球規模のHIV感染の流行に対する対策の進捗状況を検証した。147カ国から寄せられた報告書は、抗レトロウイルス治療のアクセス拡大や母子感染予防などで、大きな進展があったことを示している。

 しかし、こうした進展があったにもかかわらず、HIV関連サービスのアクセに大きなギャップがあることをはじめ、重大な課題がいまなお残っていることも事務総長報告書は明らかにしている。HIVの新規感染のペースは、以前として治療プログラムの拡大を凌駕しているし、HIV予防のための取り組みは不十分なままだ。低・中所得国がHIV対策に使える資金は、2007年に113億ドルだったのが2008年には137億ドルに増えているとはいえ、2008年の高級レベル会合以降、世界経済は低迷している。

エイズ対策への地球規模の投資は最も効果のある投資のひとつであり、経済危機の中でもHIV対策への関与を維持、強化することが大切であると事務総長報告書は指摘している。

 報告書はまた、HIV陽性者およびHIV感染の流行の影響を受けやすい人を守るために加盟国の約束が数多くなされている一方で、多くの国がそうした約束と矛盾する法律や政策を擁し、それによって必要不可欠なHIV関連サービスや製品へのアクセスが狭められる結果を招いていることも強調している。

 2007年には、世界の国の3分の1がHIVに関連した差別を禁ずる法律がないと報告しているし、差別反対の法規制を持つ国の多くもそれを適正に執行する力を欠いている。社会的に弱い立場の集団に対する効果的なHIV予防、治療、ケア、支援の提供に障害となる法規制があると報告している国は84カ国である。さらに、約60カ国で、HIV陽性者の入国、滞在、居住をHIVに感染していることを理由に制限する法律が存在している。最後に、法を拡大解釈して、HIV感染の可能性のある行為、およびHIV感染を開示しないことを犯罪行為として扱う国が増えている。そうした手段をとっていたのでは、人々はHIV検査を避け、普遍的アクセス達成への努力が妨げられることになる。したがって、報告は、法および法執行の改善が必要であり、HIV陽性者に対する差別を防ぐための法的手段をとるべきことを提言している。HIV関連の渡航規制は撤廃しなければならない;HIV感染を犯罪として扱うのは意図的に感染させたケースに限定すべきである;セックスワーカーや男性とセックスをする男性、薬物使用者に対するサービスのアクセスを妨げる法律は破棄すべきである。

 分析方法の改善により、各国は流行の大きさと勢いをより正確に把握し、それぞれの国の事情にあった適切な介入方法と根拠を踏まえた戦略を選択することができる。各国が戦略的に対策を打ち出していくことで、非効率なHIVプログラムが減り、対策の効果を高めていくことになる。モニタリングと評価のシステムの改善は、各国が流行の変化に合わせて国の戦略を見直していく助けになる。国家戦略を各国の現実に合わせて調整するために、各国はジェンダーの不平等や社会的な排除、偏見、差別など、HIV感染のリスクや脆弱性を規定する社会的、構造的な要因を突き止め、理解していかなければならない。

 HIVの流行は長期的な地球規模の課題であり、長期にわたる効果的な対策の持続が必要である。HIVプログラムのカバー範囲の拡大と質の向上とともに、報告は保健、教育、社会福祉など関連分野の基盤強化に向けた努力、およびHIV対策と結核、セクシャル・リプロダクティブ・ヘルス、その他の保健サービスを結びつける努力も求めている。

 長期にわたるエイズ対策は、新規HIV感染を大きく抑え、同時にHIV陽性者には適切なサービスが提供されなければが持続可能にはならない。報告はこう強調している。行動科学と医学、および構造的HIV予防戦略をバランスよく導入することにより、現在から2015年までの新規HIV感染は半分以下に抑えることができるだろう。しかし、事務総長報告によると、そうした予防戦略へのアクセスはほとんどの国で極めて限られたものにとどまっている。

最後に、報告書は2010年までに各国が普遍的アクセスを達成するには、今後2年間に毎年推定250億ドルが必要であり、HIV関連の資金拠出者すべて拠出約束額を増やさなければならないことを強調している。効果的なエイズ対策を持続させるには、政府、市民社会、影響を受けているコミュニティなど、すべてのレベルの指導者がこれまで以上のリーダーシップを発揮することが求められている。



As the HIV response represents one of the soundest of all possible global investments, it is critical that commitment to HIV efforts be maintained and strengthened in the midst of these economic challenges - Report of the Secretary-General to the 63rd General Assembly.
At the 63rd session of the General Assembly held in New York on 16 June 2009, the United Nations Secretary-General Ban Ki-moon presented a report on the progress made in the implementation of the Declaration of Commitment on HIV/AIDS and the Political Declaration on HIV/AIDS. The first address by UN member states was delivered by Dr Aaron Motsoaledi, the new Minister of Health of South Africa. Speaking on behalf of the Southern African Development Community (SADC), Motsoaledi noted recent progress made in South Africa and in the SADC region in confronting AIDS.
This year’s report provides an update on developments in the AIDS response, looks forward to the agreed 2010 milestones, recommends key actions to accelerate progress and urges renewed commitment to the goal of universal access to HIV prevention, treatment, care and support.
In June 2008, the General Assembly held a High-level Meeting on HIV/AIDS that assessed progress in the response to the global HIV epidemic. Reports from 147 countries showed that important progress had been made, including in the areas of access to antiretroviral therapy and the prevention of mother-to-child transmission.
However, the report shows that, despite such encouraging developments, considerable challenges remain, including significant access gaps for key HIV-related services. The pace of new infections continues to outstrip the expansion of treatment programmes, and commitment to HIV prevention remains inadequate. While funds available for HIV in low- and middle-income countries increased from $11.3 billion in 2007 to $13.7 billion in 2008, there has been a global economic downturn since the 2008 High-level Meeting.
As the HIV response represents one of the soundest of all possible global investments, it is critical that commitment to HIV efforts be maintained and strengthened in the midst of these economic challenges, report of the Secretary-General.
The Secretary-General’s report also highlights that despite the many commitments made by Member States to protect the rights of people living with HIV and people vulnerable to HIV infection, many countries have laws and policies that are inconsistent with the commitments and result in reduced access to essential HIV services and commodities.
In 2007, one third of countries reported that they still lacked laws to prohibit HIV-related discrimination, and many countries with anti-discrimination legislation have problems with adequate enforcement. A total of 84 countries reported that they have laws and regulations that present obstacles to effective HIV prevention, treatment, care and support for vulnerable subpopulations. Furthermore, some 60 countries have laws that restrict the entry, stay and residence of people living with HIV based on HIV-positive status only. Finally, an increasing number of countries have enacted overly broad laws that criminalize transmission or exposure to HIV, as well as non-disclosure of HIV status. Such measures are likely to lead people to avoid HIV testing, thereby undermining efforts to achieve universal access. Therefore, the report recommends that laws and law enforcement should be improved and programmes to support access to justice should be taken to scale to prevent discrimination against people living with HIV. HIV-related travel restrictions should be eliminated; the criminalization of HIV transmission should be limited to intentional transmission; and laws that burden or impede service access among sex workers, men who have sex with men and injecting drug users should be repealed.
Improved analytic methods have enabled countries to better characterize the magnitude and dynamics of their epidemics, to select appropriate interventions and tailor evidence-informed strategies to address their specific national context. The strategic tailoring of national responses magnifies the results of HIV programmes and reduces waste and inefficiency. Improved monitoring and evaluation systems also permit countries to revise national strategies as their epidemics evolve over time. In their efforts to closely align national strategies with actual national circumstances, countries should work to understand and address the social and structural determinants of HIV risk and vulnerability, such as gender inequalities, social marginalization and stigma and discrimination.
The HIV epidemic presents a long-term global challenge and requires a sustained commitment for an effective long-term response. As the coverage and quality of HIV programmes increase, the report calls to intensify efforts to strengthen the health, education, social welfare and other key sectors, and to integrate HIV with tuberculosis, sexual and reproductive health and other health services.
The long-term AIDS response will be sustainable only if substantially greater success is achieved in slowing the rate of new HIV infections, while providing optimal services for people living with HIV, the report underlines. Bringing to scale the appropriate mix of behavioural, biomedical and structural HIV-prevention strategies would more than halve the number of all new HIV infections between now and 2015. Access to such a combination of prevention strategies, however, remains sharply limited in most countries according to the Secretary-General’s report.
Finally, the report emphasizes that achieving national universal access targets by 2010 will require an estimated annual outlay of $25 billion within two years, necessitating renewed commitment from all providers of HIV-related funding. Sustaining an effective AIDS response will require unprecedented leadership at all levels, including from Governments, civil society and affected communities.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連総会がエイズ対策の進捗状況を検証 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる